シェアで私たちのふるさとを応援しよう

私たちにとって大切な「ふるさと」の
明日をより良くするために、情報の拡散をお願いします。

ogp画像が入ります。
47都道府県「新型コロナウイルス対策」地元基⾦ 〜応援したい都道府県を選んで寄付できる〜 47都道府県「新型コロナウイルス対策」地元基⾦ 〜応援したい都道府県を選んで寄付できる〜

47コロナ基⾦は寄附⾦控除対象です

詳細はこちら

最新情報NEWS

記事はありません。

47コロナ基⾦とはABOUT

このたびの新型コロナウイルスの影響で、全国47都道府県のどの地域でも様々な影響が出ています。
その影響は、医療、経済、そして⼀般市⺠の暮らしにも様々な形で現れています。
47コロナ基⾦ではお預かりした寄付を基に、全国各地のコミュニティ財団やNPO⽀援センター、地域づくりセンターなどと連携して、この危機的な状況を⽀えようと現場で踏ん張るNPO、企業、医療者等の⽀援を地域のニーズに応じて設計した取り組みで⽀援します。
感染拡⼤対策を重視しながらも、各地のまちが少しでも元気を取り戻し、私たちのまち、地元、ふるさとのコミュニティが維持をされていくために、ご⽀援をどうぞよろしくお願いいたします。

コロナ基金についての説明 コロナ基金についての説明

寄付のステップSTEP

1:寄付先エリアを選ぶ 2:都道府県基金のホームページへ 3:寄付の決済 4:領収書受領 1:寄付先エリアを選ぶ 2:都道府県基金のホームページへ 3:寄付の決済 4:領収書受領
 

※1 寄付⾦控除は、法⼈の場合は顧問税理⼠にご確認ください。個⼈の場合は年末調整・確定申告の際に申告書類と合わせてご提出お願いします。

寄付⾦控除メリットがありますMERIT

法⼈としての寄付

通常、寄付は⼀定の限度額内で損⾦の額に算⼊できます。当財団への寄付は、上記に加えて損⾦参⼊枠が拡⼤し、損⾦に算⼊できます。⾦額の算定に関しては、以下のリンク、顧問税理⼠、所轄の税務署、もしくは事務局までお問い合わせください。

国税庁:特定公益増進法⼈に対する寄附⾦

個⼈としての寄付

確定申告により、所定の計算に基づいて所得税の40%を限度として、所得税が還付されます。「税額控除⽅式」または「所得控除⽅式」があり、詳細は税理⼠、所轄の税務署、もしくは事務局までお問い合わせください。

30万円の寄付で12万円のメリットの場合も
100年に⼀度、戦後最⼤の困難。
あなたにとって⼤切な地域に
寄付を届けませんか?

現在、新型コロナウイルス感染症の影響で、全国47都道府県のどの地域でも、また、医療、経済などをはじめ、一般市民の生活にも様々な面で影響が出ています。この「47コロナ基金」ではお預かりした皆さんの支援の想いと寄付を基に、全国各地のコミュニティ財団やNPO支援センター、地域づくりセンターなどと連携して、その地域のニーズにあわせて現場で踏ん張るNPO、企業、医療者等の支援を行います。
感染拡大対策を重視しながらも、各地のまちが少しでも元気と笑顔を取り戻し、私たちのまち、地元、ふるさとのコミュニティが“当たり前の大切な日常”に戻り、持続可能な地域になっていくために、ご支援をどうぞよろしくお願いいたします。

一般社団法人全国コミュニティ財団協会 会長  
山田 健一郎

全国の各地域に根ざして地域の様々な⽅の寄付等の善意の資⾦をお預かりし、地域課題の解決や価値創造に取り組む組織等に助成をする市⺠性と地域性をもったコミュニティ財団による全国組織です。コミュニティ財団は各地域の実情に応じ、奨学⾦の創設や地域円卓会議の実施等、様々な⽀援に資源仲介の中間⽀援組織として取り組んでいます

新型コロナウィルスが、地域社会の生活、経済に様々な影響を及ぼし、医療に大変な負担がかかっています。この影響は、 短期的に終息することを誰もが願っていますが、歴史や専門家の指摘を踏まえると中長期的な対処も視野に入れた準備が必要であると考えています。
新型コロナウィルスは、いわゆる災害とは違うのかもしれませんが、我々の地域では、2011年の災害によって多くの失業者が生まれ、学校の休業、経済的困窮や精神的な負担、自殺という問題にも向き合ってきた9年でした。国内外の多くの方々のご支援によって、多様な蓄積を行ってきており、そのご恩を返すとともに、何とかしてこの状況を乗り越えていくために我々コミュニティ財団であるからこそできることを実施していきたいと考え、準備をしてきました。全国コミュニティ財団協会との協働、並びに各地域の市民活動や暮らしを支えようとする志を同じくする方々と力を合わせて行きたいと考えています。ぜひ、多くの方々のご関心とご協力をお願い申し上げます。

公益財団法人地域創造基金さなぶり 理事長  
大滝 精一

地域で多様な課題に取り組む現場が使える資源をつくることで、東北の復興と地域の活性化を支える東北発のコミュニティ財団です。東日本大震災後の2011年6月に一般財団法人として設立され、これまでに総額約17億円の資金調達および累計約16億円の支援を行ってきました。大規模災害を契機として設立された財団として、平時は東北地域内の支援が中心ですが、被災と長期の復興過程に関する知見が役立てる場合は、大規模災害時等は国内全域で支援事業を実施します。2016年の熊本地震が発生した際も、寄付集めや現地の団体支援事業などを実施し、平時と非常時に様々な主体と力を合わせることを通じて、地域に貢献する取り組みをしています。

応援メッセージMESSAGE

  • 鵜尾 雅隆 さん

    鵜尾 雅隆 さん

    NPO法人日本ファンドレイジング協会 代表理事
    株式会社ファンドレックス 代表取締役

    47コロナ基金の発足おめでとうございます&ありがとうございます。
    新型コロナ感染の影響は、社会の弱い部分に最も影響を与えてしまう側面があると思います。地域の、見えざる課題、聞こえざる声をひろい、本当に困っている人、頑張っている人を社会のみんなが支え、応援するつなぎ役として、全国47都道府県すべての地域組織と連携した日本初の取り組みとして、とても期待して、応援しています。Beyond新型コロナの新しい地域社会を創っていきましょう。

  • 川北 秀人 さん

    川北 秀人 さん

    IIHOE[人と組織と地球のための国際研究所 代表者
    ソシオ・マネジメント 編集発行人

    世界的・全国的な問題は、すべての地域に普遍的な問題。また、誰彼問わずふりかかる感染症だからこそ、もともとくらしに課題や困難を抱える人々への影響は、さらに深刻です。みなさんの住む地域、また、離れていても大切に思う地域にとって歴史的な危機に、小さくても大切な取り組みを続ける団体を、ぜひご支援ください。

  • 早瀬 昇 さん

    早瀬 昇 さん

    社会福祉法人大阪ボランティア協会 理事長

    大きな企業や資産家が作る財団と一味違い、地域ごとに市民と市民団体をつなぎ一人一人の思いをつないできた「コミュニティ財団」。そして地域ごとに市民団体を応援してきた「推進機関」が全国で連携しました。歴史的な事態を乗り越えるため、みんながこの困難な状況を乗り越える取り組みに参加できる“窓口”となるものと期待しています。

  • 渡辺 一馬 さん

    渡辺 一馬 さん

    一般社団法人ワカツク 代表理事
    特定非営利活動法人せんだい・みやぎNPOセンター 代表理事

    震災があった東北で育まれた、寄付で活動を支える仕組み。すべての人が当事者となってしまった今、一人一人が出来ることで支え合うことが必要です。困難に陥った人を支えることが、まわりまわって、私たちと社会を支えることになります。これまで支えていただいた東北からの恩送り。全国のみなさんも出来る範囲の寄付をお願いいたします。

  • 永井 美佳 さん

    永井 美佳 さん

    社会福法人大阪ボランティア協会常務理事・事務局長

    新型コロナウイルス感染拡大の影響は国内だけでなく世界中で起きていて、不自由や我慢をしたり、悔しい思いをしている人が、この同じ空の下にたくさんいます。一方で、「困っている人のためにじぶんも何かしたい」という人が、世界中に少なからずいます。そんな思いをカタチにする一つのツールが「47コロナ基金」だと思います。このキャンペーン、必ず成功させましょう!

  • 青山 織衣 さん

    青山 織衣 さん

    日本ボランティアコーディネーター協会 副代表理事
    コミュニティワーカー/ボランティアコーディネーター

    今、命や暮らしを明日につなぐことが困難な人が、私たちのすぐそばにいます。
    そして、私たちのまち、地元、心のふるさとでは、これまでも支えあいやつながりの糸をコツコツと紡いできた市民団体のみなさんが、今なお現場で踏ん張り続けています。
    47コロナ基金へのご支援を通じ、ぜひこの糸を共に紡ぎ、つなぐ仲間になってください。

  • 堀田 力 さん

    堀田 力 さん

    公益財団法人 さわやか福祉財団 会長

    コロナが助け合いの絆を壊そうとしています。しかし、そのコロナに勝つ力を持つのは、助け合いです。なぜなら、孤立と孤独から人の心を救い、生きる力を高めるのが助け合いだからです。
    なお、当財団も頑張っていますので、
    https://www.sawayakazaidan.or.jp/fund/data/pamphlet0526.pdf をご覧ください。

  • 筒井 のり子 さん

    筒井 のり子 さん

    龍谷大学社会学部教授/龍谷大学ボランティア・NPO活動センター長

    新型コロナウィルス感染拡大の中で、私たちは改めて「人と人が出会うことの意味」を考 えさせられました。コロナ禍が続く社会において「関係性」をどのように紡いでいけるの か、今、地域で様々な試行錯誤が行われています。小さな声に耳を傾け、見えにくい課題 もキャッチし、つながりを応援する団体の存在はますます重要です。「47コロナ基金」に 期待しています。