7 SEAS PROJECT 一日でも早く、難病の患者さんに、 治療を届ける

一般社団法人こいのぼりが運営する「7 SEAS PROJECT」は、治療法の存在しない難病「ミトコンドリア病」の治療法を開発するプロジェクトです。これまで世界中にも有効な治療法が存在せず、多くの幼い命が失われてきました。2017年にスタートしたこのプロジェクトでは、全国の大学の研究者が集まり、一日でも早く患者さんに治療を届けるため、研究開発の支援を進めています。

私たちの思い

患者家族も、医師も、研究者も、みんな命を救いたい!

―治らない難病を、治したい―このプロジェクトは、ある家族の思いから始まりました。子どもの病気を治したいと願う気持ちは、医師も、研究者も、家族も、みんな同じ。やがて思いはつながって、多くの研究者・スタッフが集まり、日本で初めての、患者家族発・難病創薬プロジェクト「7 SEAS PROJECT」がスタートしました。

一般社団法人こいのぼりは、民間の非営利組織で、医師・バイオベンチャー投資家・製薬・研究者など、長年医療・製薬の現場に携わってきたメンバーに、患者家族らを加えた、プロボノ(ボランティア)集団です。一日でも早く患者さんの元へ治療を届けるために、日々活動を行っています。

ミトコンドリア病について

ミトコンドリア病を、治す。ミトコンドリアから、未来へ。

1. ミトコンドリア病とは?

ミトコンドリアは、全身のすべての細胞の中にある「エンジン」です。エンジンが故障すると、細胞は機能しなくなってしまいます。遺伝子の異常などによって、生まれつきこのミトコンドリアに異常がある病気のことを、「ミトコンドリア病」と言います。これまで、有効な治療法がなく、多くの幼い命が失われてきました。

2. 患者数は、どのくらいいるの?

患者数は5千人~1万人に1人、日本には約1万5千人、世界では約80万人の患者さんがいると推計されますが、ミトコンドリア糖尿病も含めると、さらにその数は膨れ上がります。

3. ミトコンドリア関連疾患とは?

生まれつきだけでなく、高齢になって、老化とともにミトコンドリアに異常が発生すると、アルツハイマー病(認知症)やパーキンソン病、糖尿病の原因となり、これらもミトコンドリア病の関連疾患です。その他にも、心筋梗塞、がん、難聴、自閉症など、多くの病気との関係が示唆されています。

活動の内容と資金使途

一般社団法人こいのぼりは、7 SEAS PROJECTにおいて、以下のような活動を行っています。皆様からお寄せ頂いた寄付は、その資金として活用させて頂きます。

・新たな研究機関とのネットワーク形成支援
・研究開発状況のモニタリング、研究推進支援
・寄付をお寄せくださった方々への活動報告、広報活動、等

日本初の非営利による患者発の難病治療薬創薬プロジェクトとして、大学や企業等と連携した研究開発を進めるとともに、近年医療・製薬業界で急速に広がりつつある「患者中心:Patient Centric」という理念における、医薬品開発に患者や家族が参画する一つのモデルケースとして、道を切り拓いていくことができればと考えています。

寄付募集元

一般社団法人こいのぼり 7 SEAS PROJECT