公益社団法人チャンス・フォー・チルドレン

【夏の教育募金】希望者の半数以下にしか支援が届けられていません。物価高から子どもたちの未来を守るため、力を貸してください。

CFCでは「夏の教育募金」を開始します。特に今年に入ってからは電気代の上昇率が昨年よりも大きく、光熱費が増える夏休みは、経済的に厳しい子育て家庭にとっては我慢の時期となっています。一人でも多くの子どもたちが未来を見据えてのびのびと学んでいけるよう、「夏の教育募金」にご協力をお願いいたします。

夏の教育募金について

CFCでは今年度660名の子どもたちにスタディクーポンの提供を行い、一人ひとりの多様な学びをサポートしています。その一方で、定員を大きく上回るご家庭からの応募があり、新規利用者募集では、資金不足で半数以下にしか支援を届けられていません。

この背景には、近年の物価高があります。応募家庭へのアンケート調査では、ほぼ全家庭が「物価高で生活が苦しくなった」と回答し、約8割が「子どもの学習への支出をあきらめた」と回答しています。

大企業では賃上げが進んでいるとも言いますが、同アンケート調査では、約8割の経済困窮家庭で賃上げがされていないことが分かっており、すでに生活を切り詰めている家庭では長期化する物価高に対して、打つ手がない状況です。

この状況を受け、CFCでは「夏の教育募金」を開始します。特に今年に入ってからは電気代の上昇率が昨年よりも大きく、光熱費が増える夏休みは、経済的に厳しい子育て家庭にとっては我慢の時期となっています。

一人でも多くの子どもたちが未来を見据えてのびのびと学んでいけるよう、「夏の教育募金」にご協力をお願いいたします。

ご家庭から、切実な声が寄せられています

・食費だけでなく電気、ガス等光熱費も高くなり生活費だけで毎月ギリギリで余裕が全く無いです。そのため子供の進学費用が一番の心配です。

・今年も猛暑でしたら電気代がものすごくかかるので夏場を心配しています。

・今まで通りの節約生活なのに物価高騰により支出は増えていき、お給料は増える訳でもなく。子どもも中高生になり、教育費がかかるようになってきて、今後の生活や進学への不安しかないです。

■「夏の募金」概要

・募金期間:2024年7月8日~2024年9月15日
・目標金額:1,000万円
・寄付金使途:経済困窮世帯の子どもたちを対象としたスタディクーポン事業・ハロカル事業に使用
※希望の事業がある場合は申込フォーム上で選択していただけます。

企業・団体での支援について

会社や団体での社会貢献活動の一環としての寄付や、社内での募金箱を設置等にご協力ください。ご寄付のお礼とご報告をさせていただくため、寄付申込フォーム(企業・団体用)にご連絡の上、お振込みをお願いいたします(銀行振込・郵便振替のみ)。

CFCでは、13年間で延べ6000人以上の子どもたちに学びの機会を届けてきました。
子どもたちの声をご紹介します(一部抜粋)。

団体情報
公益社団法人チャンス・フォー・チルドレン
このページは寄付・ 会費決済サービス
コングラント」で作成されています。
このページは寄付・ 会費決済サービス「コングラント」で作成されています。