TSURUMIこどもホスピスへの緊急支援よろしくお願いします。
PROJECT NAME

2020緊急支援サポーター

COVID-19感染拡大の影響によりTCHの財政面が厳しい状況になっています。その苦境を支えていただく緊急支援サポーターを急遽募集いたします。皆さまの温かいご支援をお待ちしております。

どんな状況であっても、今年も、これからも、この笑顔を見たいから。

COVID-19感染拡大という事態は、私たちの生活に様々な影響を与え、動揺のようなものが走りました。そういった混乱の中ではありましたが、私たち子どもホスピスは、自粛期間中も緊急度の高い子どもたちを優先し、スタッフを2チーム制に分けリスクを最小限化しながら個別のケア活動を続けてきました。特に、厳しい外出制限がある子どもたちには、リモートでできる遊びや学びの時間をオンライン活動など、ホスピスとしてできることを進めてきました。

緊急事態宣言が解除され、新たな日常という生活様式の日々が始まりました。しかし、メンバーの子どもたちは、かけがえない「今を生きる」ことが損なわれがちな闘病の日々がいまだに続いています。学校に行けない、友人と会えない、感染症を心配するあまり外出もままならならず、見通しを立てにくい社会状況だからこそ、変わらぬ支援が必要となっています。

今回の事態により大阪マラソンを始め各種チャリティイベントが中止となり、当年度、各所のチャリティ活動は減少を余儀なくされるため大変厳しい財政状況です。そこで、一人でも多くの方からのご支援を得ることで、子どもホスピスとしてあり続けられるよう「2020緊急支援サポーター」を100名募集します。あなたのお気持ち(メッセージ)を乗せて、TSURUMIこどもホスピスの運営を支えて下さい!

■ご協力いただきたいこと

・一口3万円(一口以上、何口でも歓迎)
・子どもたちへの100文字メッセージ(メモ欄にご記入ください。後日、団体ウェブブログに匿名形式で掲載させていただきます。)

ご寄付のお気持ちと子どもたちへのメッセージを、この時期に感じたことを分かち合えると嬉しいです。

※お寄せいただいたご寄付は、対象児と家族のためのホスピスケア事業に使わせていただきます。

■募集期間と目標額(第1期)

期 間:2020年7月1日(木)~ 8月31日(月)

目標額:300万円

※9月以降、第2期募集を検討しています。

団体概要

【公益社団法人 こどものホスピスプロジェクト】住所:〒538-0035 大阪市鶴見区浜1丁目1-77 あそび創造広場内TSURUMIこどもホスピス / TEL:06-6991-9135 / FAX:06-6991-9136 / Email:info@childrenshospice.jp /構成員:役員8名、正会員14名、スタッフ数常勤6名、非常勤5名、ボランティア36名 / 開館時間月、木、金、土、日曜日の10~17時 / 休 館 日:火、水曜(夏期休館8/11-15、冬期休館12/28-1/4)

【沿革】2009年、英国子どもホスピスの創始者シスターフランシスさん来日、講演。2010年、7月プロジェクト宣言を行い「こどものホスピスプロジェクト」を発起し、12月、一般社団法人こどものホスピスプロジェクトを設立。病気を抱える子どものためのプログラムや教育・外出支援やご遺族の相談活動を開始。2012年、ユニクロのクローズ・フォア・スマイルズに応募し、選出される。2014年、大阪市鶴見緑地駅前エリア整備・管理運営事業者に応募し選出される。2016年、コミュニティ型子どもホスピス「TSURUMIこどもホスピス」を開業、活動開始。KIDS DESIGN AWARD 2016少子化大臣賞受賞、グッドデザイン賞2016 受賞。2019年、大阪府より公益社団法人の認定を受ける。

寄付をする
寄付募集元
こどものホスピスプロジェクト