財団運営のための継続寄付

「えひめ西条つながり基金」は地域の課題解決や活性化に取り組むNPOや市民活動団体を資金を中心に様々な面で支援していく助成財団です。
財団として専門員を育成し、雇用しながら継続的な活動を行うためにご寄付を募集しています。
毎月1000円からご支援いただけます。

えひめ西条つながり基金とは?コミュニティ財団とは?

愛媛県西条市に令和4年4月8日に設立された四国初のコミュニティ財団です。

http://escf.jp/ (ホームページ)

 設立時寄付人数:401 

 設立時寄付金額:4,285,252 

皆様に応援していただきながらの設立でした。

コミュニティ財団は全国に30団体が存在します。(令和4年4月現在)

コミュニティ財団はある特定の地域において、集まった寄付を課題解決のために活動している団体(NPO)へ助成します。

寄付はいくつかの種類があり、その運用方法は目的や課題によって使い分けながらまちづくりを推進します。

また、コミュニティ財団の活動で寄付者が社会参加をするきっかけの場となったり、課題の可視化や共有といった課題を広く伝えていく役割を担っています。

財団が目指す姿 ~あらゆる方々と連携し、つながっていく~

財団の名称は設立寄付者のアンケートによって「えひめ西条つながり基金」となりました。

多くの方がまちづくりに「つながり」を期待していると思います。

しかし、個人的には何かしたいと思っていても、協力したり連携したりする機会は多くないのが現状です。

そこで、私たちは

だれ一人 取り残さない

助け合うことから みんながつながっていく

このように考えます。

「だれか」が、「だれか」を助ける。助けられた「だれか」がまた違う「だれか」を助けていく。

この繰り返しでまちは良くなり、西条市が 「 持続可能なまち 」になるよう活動します。

主な活動内容

・まちの課題調査

・助成プログラムの企画・運営

・寄付集め

を基本業務として、助成先の経営支援やネットワーク支援などを伴走型で行います。

他にもNPO等とコラボしてクラウドファンディングを行ったり、学生や企業と連携してインターンシップ事業を行ったりします。

 

 

寄付の使い道

集まった寄付は当財団の運営活動費(人件費・光熱費・家賃・広告費など)として大切に使わせていただきます。

 

寄付募集元

えひめ西条つながり基金