自然の中ではぐくみ合う子どもたちの活動運営費の寄付を募集します!
PROJECT NAME

里山はぐくみ園サポーター募集:NPO法人はぐくみ

NPO法人はぐくみは、自然をフィールドにした園舎を持たない、保育園でも幼稚園でもない、子どもの自主性をはぐくむ場、「里山はぐくみ園」を運営しています。
子どもたちの「自己肯定感」「自己効力感」「相互承認力」を育みます。
里山はぐくみ園の子どもたちのサポーターを募集しています。

里山はぐくみ園とは

里山はぐくみ園とは、いわゆる「森のようちえん」のことです。

(森のようちえん全国ネットワーク団体会員登録しています。)​

森のようちえんとは、

 発祥はヨーロッパで、自然環境を活用した幼児教育として国の主導で始まりました。

日本では国主導ではなく、国民主導で広がっています。

 そのため、運営形態は幼稚園・保育園・託児所・学童保育・NPO・自主保育など様々です。

 〖森〗とありますが、活動場所は森に限らず、自然環境全体です。

(森林・里山・河川・田畑・自然公園・緑地公園など様々です。)

目指す子ども像

当園では、3歳から就学前までの子どもたちを保育しています。心身ともに成長発達の著しい時期の子どもたちが、安心してのびのびと生活できるように配慮し、人と人とのふれあいを大切にしながら、次のような子どもに育つことを目指しています。
1    主体的に生活できる子ども
2    自分も友達も大切にする子ども
3    豊かな感性を持ち表現できる子ども

 集団生活の様々な経験を通して、発達が未熟な時期から、言葉を獲得し、協働作業ができるようになるまで、社会性を身につけ、豊かな人間関係を築けるように成長します。日々の保育に当たっては、個々の要求を十分満たせるように、一人ひとりの子どもの状態や個人差などに配慮し取り組みます。また、子どもの成長にプラスとなるように当園と家庭が連携し合っていくことが大切だと考えています。

園名の由来(里山はぐくみ園)

森ではなく里山にこだわったのは、森は自然に木々が生えて盛り上がっているもので、林は人工的に木々を植えている場所です。それらを集合して起伏している形状を「山」と言います。「里」は人が住み、営みがある場です。その両方の空気が通い交ざっているのが「里山」です。

​ 「はぐくみ」は「育み」の漢字を敢えて使わず「羽(ハ)含(ククム)」の意味があるように、上から育てるというよりは、自ら羽を広げ、周りの人たちと組み交わしながら、飛び立っていく意味を込めています。

運営団体:特定非営利活動法人 はぐくみ 

​     理事長 服部裕樹

ご支援の使い道

里山はぐくみ園は、皆さまからのご支援で成り立っています。森や川や畑などの自然をフィールドとして、子ども達を自由に活動させ、様々な命と触れ合うことで、人が本来持っている優しさや強さを自主的にはぐくみ合う活動で、これには少人数の子どもにスタッフが3~4名対応します。親御さんからの保育料は頂いておりますが、それだけでは子どもたちを安全に見守り、はぐくむことが難しく、皆さまからのご寄付は、主にボランティアの交通費や畑での自然栽培に必要な経費として使用させて頂きます。

一人でも多くの方からのご支援をお待ちしております。

寄付をする
寄付募集元
NPO法人はぐくみ