夏休み緊急食料支援!食べ物が足りません!

集まった支援総額

0
目標金額
達成 0
NEXTゴール
0%

達成まで

0

支援者数
0

残り
0

2022年8月31日 00:00から

【9月1日追記】
<クラウドファンディング終了にあたってのご報告と御礼>

キッズドア理事長の渡辺由美子です。

6月20日から開始した、夏休み緊急食料支援の資金調達のためのクラウドファンディングは、
当初目標1,000万円・NEXTゴール1,462.9万円という目標を達成し、
総支援者数829人/総支援額15,014,000円をもって8/31に終了いたしました。

皆様の多大なご支援・ご協力に、改めて御礼を申し上げます。
本当にありがとうございました。

おかげ様で、ご希望があった困窮子育て家庭2,377世帯全てに、
無事食料を送り届けることができました。

支援者の皆様に向けた多くの感謝のメッセージが、ハガキやSNSを通じて届いています。
――――――――――――――
『子どもから「ママ、嬉しそうだね、当たったの?良かったね!」と言われ…。
相当嬉しそうな顔をしていたらしいです。私の笑顔を見て、子どもも喜んでいました。
ありがとうございました』

『皆様のご支援があり、生活が助けられています。“心も”です。ひとり親は孤独です。
私には親もいないので、親戚がプレゼントを贈ってくれたような喜びがあり、心から嬉しく思います』

『夏休みに行くところもないし、お金もないし…でしたが救われました。
気持ちが明るくなりました。社会に恩返しできるような子供に育てたいと思います』

https://congrant.com/project/kidsdoor/4905/report/389#tab_header
――――――――――――――

皆様のご支援に支えられた今回の食料支援が、一人でも多くの子どもたちの笑顔につながり、
子どもたちの力となり、子どもたちの未来へのドアを開くことになることを、私たちは期待しています。
またNEXTゴールを超えて頂戴した寄付金額については、今後の支援活動に充当させて頂きます。

今回のクラウドファンディングは終了いたしますが、
マンスリーサポーター( https://supporter.kidsdoor.net/ )をはじめ、
引き続きキッズドアへのご支援をよろしくお願い申し上げます。


――――――――――――――

長引くコロナの影響や食料の値上げが続き、毎日の食事が十分に取れない子どもたちが増えています。
困窮する子育て家庭からは、「冷蔵庫が空っぽ」「お米が買えない」「肉や魚、野菜が買えない」という声がたくさん届いています。

これを受けて、このたび子どもと保護者の命をつなぐために食料支援を行いたく、ぜひご寄付のご協力をよろしくお願いいたします。

2022/07/12

7月18日(月)より支援食料を配送開始予定

当事業では7月18日(月)より支援食料の配送準備を開始いたします。
翌週に向けて、現在急ピッチで配送の手配を進めております。

お送りする食品の多くは、この事業にご賛同いただいた企業様からの協賛品として、利益優先ではない価格でご手配をいただいているものです。トップページに掲載したような金額で、多くのご家庭に食料品を届けることができるのは、このようなご支援をいただいているためです。

こうした協賛品のご手配に加え、食料品を届ける配送においてご協力いただいているのが、株式会社食文化様です。他に先駆けて独自のインターネット販売網を築き、全国の生鮮・加工品を一般消費者でも気軽に買い求められるサービスを提供しておられます。

 

当事業をご担当いただいている、執行役員の東浦恭介様にお話しをお伺いしました。

Q.当事業でご協力いただいている内容は? 
主に協賛品の手配と、実際にご家庭に食料品をお届けする配送全体です。
実は当初、協賛品を募ることは想定していませんでした。ですが、弊社がこうした事業に関わることを取引先の企業様などにお伝えしていたところ、「ぜひ協力したい」との声をたくさんいただき、現在の形が実現しました。

配送部分は弊社の強みでもあります。物流を持っている企業様はたくさんありますが、果物や冷凍食品といった冷蔵・冷凍品を、これだけの個配発送で対応できるところは多くありません。
 

Q.今回のご協力をお引き受けいただいた経緯は?
コロナ禍が始まった2020年、キッズドア様が食料支援事業に取り組み始めた頃からご一緒しています。先ほどの協賛品の話と同様に、最初は人のつながりをきっかけにお声がけをいただき、携わり始めました。

あらゆるジャンルの食材をそのままの鮮度でご家庭に届けられるという弊社の強みを、特にこの食料支援事業で生かすことができると考え、継続して関わらせていただいています。

Q.当事業やその背景にある社会課題に対する思いは? 
色々なことが原因で、ご飯を毎日食べられない環境のご家庭があることを知りました。
子どもたちに責任はないことがほとんどで、食に携わっている私は少しでも力になりたいと考えております。

日本の将来は今、子どもたちの世代が作っていってもらわないといけません。
そのために勉強を支援し、ときには栄養、エネルギー補給を支援するキッズドアさんの事業をサポートして参りたいと思います。
また、このような環境とそれを支援する活動をもっと多くの人に認識してもらい、根本原因から変えていけるようになれば良いと願っております。

■株式会社 食文化 https://www.shokubunka.co.jp/
 (運営サイト)
  ・うまいもんドットコム:https://www.umai-mon.com/
  ・豊洲市場ドットコム:https://www.tsukijiichiba.com/


当ページでは定期的に支援準備の進捗をご報告してまいります
皆様に活動を知っていただけることも、大変心強いご支援となります。
引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

終了しました。
一覧に戻る

寄付募集元

認定特定非営利活動法人キッズドア

終了しました。