ペットの殺処分問題へのご支援をお願いいたします

社会問題となった動物の殺処分問題。減少傾向にありますが、まだ罪のない多くの動物の命が失われ続けているという現状があります。罪なき命が失われることのない社会の実現のため、まだまだ支援を必要としています。

社会的に注目を集めた殺処分問題

ペットの殺処分問題は世界的に注目され、保護される犬や猫の数、殺処分される動物の数は減少傾向にあります。それでもなお、保護される動物は7万頭を超え、殺処分され失われる命の数は約2万5000にも及びます。

多くの団体がペットの殺処分を止めるために活動しています。しかし、数多くのペットが保護・殺処分される現状があります。なぜ殺処分されるペットが後をたたないのでしょうか?

 

なぜ殺処分が起こるのか

多くのペットは、飼い主さんと過ごして幸せな一生を送ります。しかし一方で、保護され殺処分されるペットがいることも事実です。その原因の一つとして、飼い主がペットを飼い続けることができなくなったために、手放すしかなくなってしまうことがあります。散歩が面倒、しつけが難しいといった、飼い主が責任を投げ出した結果、施設が引き取るしかなくなってしまうケースや、急な転勤、子どもの動物アレルギーなど、飼い主以外の要因で飼い続けることができなくなるケースもあります。どちらにせよ、引き取り手を見つけてから手放すことが飼い主の責任として求められるでしょう。

また、ペットショップや動物カフェの閉店なども要因となります。お店に居る動物たちは、お店の収益でエサ代や住む家を賄われているので、お店が無くなってしまうと、大量に行き場のない動物たちが出てしまいます。良い業者では引き取り手を探してからお店を閉めることもありますが、そうでもない所があるのも事実です。

支援先団体の例

ピースウィンズ・ジャパン

Webサイト

ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)は、「ピースワンコ・ジャパン」という動物の殺処分をなくすことを目的とした活動を行っています。

ピースウィンズ・ジャパンは2016年に本拠地である広島県での殺処分をゼロにすることに成功しています。持続可能な殺処分ゼロのモデルの確立のために活動しています。

罪のない動物の殺処分を止めるために

数は減少傾向にはあるものの、罪のない命が失われてしまう現状は依然として存在しています。私たちにできることは小規模の寄付から始める、動物との関わり方に責任を持つ、など手軽に始められることもあります。

日本寄付財団では、動物の殺処分問題を解決するべく活動している団体を支援しています。

みなさまの温かいご支援をお待ちしております。

寄付募集元

一般財団法人日本寄付財団