”パクパクこども食堂” 継続のために寄付を募集します
PROJECT NAME

”パクパクこども食堂”(西条市) を続けるために寄付をお願いします! NPO法人Kodomo Saijo

 NPO法人Kodomo Saijoは月に2回、愛媛県西条市で子ども食堂を開催しています。西条市で初となる子ども食堂を2018年3月に開催して以来、訪れる子どもたちは少しずつ増えて、現在では多い時で40人程の子どもたちが参加してくれています。子どもたちの地域の居場所をこれからも残し続けるために、皆さまからの温かいご支援をお待ちしております。

”パクパクこども食堂” とは

 NPO法人Kodomo Saijoは、西条市で子ども食堂を運営するNPO法人です。共働きやひとり親家庭など、家に帰っても家族で食事をとる習慣のない子どもたちのために西条市で子ども食堂を初めて開催したのは、2013年4月。3〜5名の子どもたちが集まり、小さくスタートした活動でしたが、子ども食堂の存在はその子たちの友達、またその友達と次第に広まっていき、参加する子どもたちはどんどん増えていきました。

現在は、神拝校区で開催しておりますが、近々西条校区でも開催の予定です。

なぜ子どもたちに、子ども食堂が必要なのか

 日本で子ども食堂がはじまったのは2012年。その活動は短期間で全国に広まり、現在では全国に約3700箇所の子ども食堂が存在していると言われています。一体何故、こんなにも子ども食堂が必要とされているのでしょうか?

 孤食の問題解決、貧困問題、食品ロスの問題解消など、子ども食堂の開催目的は個々の子ども食堂で様々です。私たち、NPO法人Kodomo Saijoが目的としている一つは、孤食問題の解消です。ひとり親家庭のみならず、夫婦共働きの家庭の多い中、”帰っても誰もいない” 、"帰ってもカップラーメンしかない"、 ” 帰っても何も食べるものがない ” と言って、友達の家から帰らない子どもの話をよく耳にします。そういった子どもたちが、安心して、楽しい食事を摂れるように、私たちは、子ども食堂を開催しております。もちろん、子ども食堂を継続していくうちに、貧困家庭のの子どもたちも、自然な形で参加してもらえるよう願っておりますし、食品ロスの問題解消に役立つ為にも、開催場所を増やしていこうと考えています。

すべての子どもたちに、温かくて優しい空間を

 このページに辿り着いてくれて、ありがとうございます。NPO法人Kodomo Saijoの理事で、パクパクこども食堂代表の大道 世紀江と申します。
 私は自分の子どもがサポートが必要な状態になった時、十分なサポートをしてあげられませんでした。学校や行政に頼っていた自分を反省し、自らがサポート出来る人となるべく、心理学やカラーセラピーなどを学び、同じ志を持った友達と、2015年NPO法人Kodomo Saijoを立ち上げました。以降、読書会や工作教室、ボードゲーム普及活動などの子どもの健全育成活動を仲間と共に行なってきました。そして、えひめフードバンク笑顔さんの後押しを頂き、念願であった、子ども食堂を開催することが出来ました。支えて下さった皆さんに、深く感謝しております。
 子どもたちが、安心して過ごせる、学校や家では話せない事も気軽に話せる、みんなと楽しく食事が出来る場所となる様に、今まで以上に努めて参ります。居場所の継続、居場所の増加の為に、皆さまからの温かいご支援をお待ちしています。

NPO法人Kodomo Saijo 理事 / パクパクこども食堂 代表  大道 世紀江
NPO法人Kodomo Saijoホームページ  http://kodomosaijo.com/ 
パクパクこども食堂Facebook  https://www.facebook.com/saijokodomosyokudou

 

ご支援の使い道

 ”パクパクこども食堂”の運営は、皆さまからのご支援で成り立っています。これまで食材はすべてスタッフや地域の方々からの持ち寄りで賄っていましたが、開催場所や子どもたちの人数の増加により、すべてを賄うことが難しくなってきました。又、こども食堂を開催している新しい事業所の家賃や光熱費も必要となってきました。さらに、開催場所を増やしていく為には、キッチン用品や食器類の購入も必要となってきますので、多くの資金が必要となってきています。

 皆さまからのご寄付は、主に食材の購入費とこども食堂の家賃や光熱費、キッチン用品などに使用させて頂きます。
 3,000円のご寄付を5名の方からいただければ、1回のこども食堂を運営する事ができ、50人の子どもたちが愛で溢れた空間で、みんなと楽しい時間を過ごすことができます。

寄付をする
寄付募集元
NPO法人Kodomo Saijo