コロナで不安な想いをしている病気の子どもたちに lucaemma(ルカエマ)バルーンを送って笑顔と元

病気の子どもたちにlucaemma(ルカエマ)バルーンを送って笑顔と元気を届けたい

lucaemmaの作家である神宮エミがコロナ禍で、もやもや病という難病を患った経験から、
コロナ禍で不安な想いで、病気と闘っている子どもたちや医療従事者の皆さんに笑顔と元気を届けたいと、「lucaemma小児病棟プロジェクト」を2020年の秋に実施。
クラウドファンディングでの支援のもと、全国63ヶ所の小児病棟にlucaemmaバルーンを寄贈した。
その後もプロジェクトの継続を決め、lucaemma製作の売上の一部を医療支援プロジェクトにあてていくことを表明。皆様の寄付のお願いも継続して、進めていくことになりました。
ご支援よろしくお願いします!

継続寄付とは

継続寄付とは毎月定額の継続的な寄付(マンスリーサポート)していただく方法です。
ご自由に決めていただいた寄付金額を毎月自動決済させていただき、本プロジェクトの資金にさせていただきます。
 

プロジェクトドキュメンタリー動画

はじめに・自己紹介

【バルーンの全米チャンピオンで国内外にバルーンの可能性を発信しています!】

はじめましてバルーンデザイナーの神宮エミです。普段はバルーンの可能性を追求し、新しい価値を創造することで、世界中に驚きと感動を届けるためにバルーンで空間装飾をしたり、お洋服を作ったり活動しています。
2018年バルーンの全米大会ファッション部門優勝。
国内ではKDDI「inspired by INFOBAR」やアメリカ大使館公邸大統領選でのバルーン装飾など広告・イベントなど幅広く活動してます。
また日本だけでなく海外に向けてもプロジェクトを立ち上げ、最近は2019年バンクーバーファッションウィークでバルーンブランドとして初めてコレクションを発表しました。

公式HP : https://www.emijingu.com/
Instagram : https://www.instagram.com/emijingu/

プロジェクトで実現したいこと

1 : コロナで不安な想いをしている病気の子どもたちにlucaemma(ルカエマ)バルーンを送って笑顔と元気を届けたい!

コロナ禍で面会ができないor面会が制限されてる病院の子どもたちはたくさんいると思います。
ただでさえ病気の不安とそれに加えて、家族に会えないことでの不安。
そんな不安な想いを抱えてる子どもたちと保護者の皆様に【lucaemma】のバルーンを送って、笑顔と元気を届けたいです。

2 : 医療従事者の皆様にもエールを!

【lucaemma】では過去にも医療従事者にエールをということで、作品を製作してきました。
医療従事者の方もまた様々な不安を抱えながら、このコロナ禍で必死に患者さんをサポートし続けていると思います。
今回のこのプロジェクトは、医療従事者の方にも感謝とエールを込めて行いたいです。

------------------------------------------

【上記2つの想いを叶える方法】

入院している子どもたちへということでlucaemmaを送ってほしい病院の募集をWEBページ( https://www.lucaemma-balloon.com/lucaemmaballoon-in-pediatrics )で行い、プロジェクトを実施します。
【lucaemma】のバルーンは、小児科の受付に飾ったり、入院中の子どもたちにメッセージを伝えたり、病院側で自由に使っていただけます。出来るだけ多くの病院にいる子どもたちに笑顔が届くよう、ご支援よろしくお願いします。

プロジェクトをやろうと思った理由

【コロナ禍の中、まさかの脳梗塞になり入院。人生初めての大病を経験して。】

私は2020年4月29日(水) 脳梗塞で入院をしました。
頭の状況を見るために、3週間入院し様々な検査などを受けました。
その間、世の中はコロナで緊急事態宣言中。
病院は、面会禁止で家族とは直接は会えず、本当に不安でした。
看護師さんが心も身体も親身になってサポートしてくださり、
どうにか3週間乗り切り、退院して薬の治療をしていくことが決まりました。
退院する際、お礼の気持ちを込めて病棟へバルーンをプレゼントさせていただきました。
スタッフステーションの前で製作してた時、多くの患者さんや病院スタッフの皆様が、バルーンを見て声をかけてくだり、笑顔になってくださいました。
その後、2021年8月17日もやも病のための右脳のバイパス手術をしました。
無事に10日間の入院で、無事に退院できましたが、この時もまた、少しでも病棟が明るくなるように、そして、医療従事者の皆さん患者さんの気持ちが少しでも明るくなるように、感謝の気持ちを込めて、バルーンを作らせていただきました。
今回の入院も緊急事態宣言中で面会制限されており、患者さん皆さん、病気の不安と人と接触できない孤独な状況の中、病気と闘っている現状を感じました。

【私にとってバルーンとは。新しいブランドの設立とプロジェクトの立ち上げ】

今回コロナ禍で病気をした時に、バルーンを病院で作った時にたくさんの人が、笑顔になってくれ笑顔になってくれました。バルーンの力を改めて感じました。
私の人生においてバルーンは大事な表現方法の1つで、切っても切れないものだなと切実に思いました。
2020年、私の作品によく登場していた男の子と女の子にluca (光をもたらす)とemma(世界中に)という名前をつけ、【lucaemma(ルカエマ)】という新しいブランドを立ち上げました。
楽しいこと・嬉しいこと・悲しいこと・つらいこと・不安なこと、毎日の生活には様々なことがあるけれど、【lucaemma】はいつでも世界中の人たちに寄り添って、いつでも明るい光を灯し続けれる存在でありたい。
公式HP : https://www.lucaemma-balloon.com/
Insutagram : https://www.instagram.com/lucaemma_balloon/

このプロジェクトは同じようにコロナ禍で、病気で入院している、不安な思いをしている子どもたちに、少しでも【lucaemma】で元気づけることができたらと思い、立ち上げました。

2020年秋実施

クラウドファンディングや募金箱などで、
総額 1,140,635円集まり、全国63カ所の病院に
lucaemmaバルーンを送らせていただきました!

【北海道・東北エリア(13箇所)】
・北海道立子ども総合医療・療育センター様・留萌市立病院様
・市立函館病院様・東北大学病院小児科様・秋田赤十字病院様
・岩手病院(あすなろ療育園)様・弘前大学医学部附属病院様
・岩手県立大船渡病院様・山形県酒田市病院機構 日本海総合病院様
・山形大学医学部附属病院様・国立病院機構仙台医療センター様・宮城県立こども病院

【関東エリア(14箇所)】
・昭和大学病院様・昭和大学江東豊洲病院様・国際医療福祉大学成田病院様・新百合ヶ丘総合病院様
・埼玉医科大学 国際医療センター 小児心臓科様・神奈川県立こども医療センター様・湘南藤沢徳洲会病院様
・東京小児療育病院様・自治医科大学とちぎ子ども医療センター様・茨城県立こども病院様・埼玉県済生会川口総合病院様
・栃木県済生会宇都宮病院様・一般財団法人筑波麓仁会 筑波学園病院様

【中部エリア(10箇所)】
・新潟大学医歯学総合病院様・名古屋大学医学部附属病院様
・岐阜県総合医療センター小児医療センター様
・山梨大学医学部附属病院様・一宮市立市民病院様・静岡県立こども病院様・公益財団法人山梨厚生会 山梨厚生病院様
・長野赤十字病院様・豊橋市民病院・独立行政法人地域医療機能推進機構 中京病院

【関西エリア(6箇所)】
・社会医療法人愛仁会高槻病院様・兵庫県立こども病院様・大阪市立総合医療センター小児医療センター様
・大阪母子医療センター様・京都大学医学部附属病院様・近江八幡市立総合医療センター様

【中国エリア(7箇所)】
・広島市立広島市民病院様・島根大学医学部附属病院様・公益財団法人 大原記念倉敷中央医療機構 倉敷中央病院様
・広島市立舟入市民病院様・島根県立中央病院様・松江赤十字病院様・ 尾道総合病院様

【四国エリア(2箇所)】
・四国こどもとおとなの医療センター様・愛媛大学医学部附属病院様(地域小児周産期学)

【九州エリア(10箇所)】
・熊本赤十字病院様・福岡大学筑紫病院様・大分こども病院様・鹿児島大学病院様・福岡赤十字病院様
・国立病院機構福岡病院様・長崎大学病院様・国立病院機構西別府病院様・九州労災病院様
・社会医療法人 人天会 鹿児島こども病院

病院からの声

《埼玉県済生会川口総合病院》

お送りいただきました、バルーンについて11月12日に受領いたしました。 ご報告が遅くなってしまい、申し訳ありません。 とても可愛らしいバルーンをいただき、小児病棟に入院しているお子さんや、院内の看護師をはじめとする職員のキラキラとした笑顔を見ることができました。 現在、小児病棟で入院しているお子さんが少ないこと、お部屋から出られないこと、素敵な作品を小児科を始めたくさんの患者さんに見ていただきたいと考え、小児病棟の各お部屋をまわった後、病院の外来に飾らせていただいております。

《東京小児療育病院》

昨日、バルーンが届きました。 とてもかわいいバルーンで自身の手元に置きたいご利用者が続出しております。  この度は当院へのご支援をいただき、ありがとうございました。 貴プロジェクトが多くの賛同を得て、より一層ご活躍されることを祈念しております。

《熊本赤十字病院》

この度は、バルーンをお届けいただき、誠にありがとうございます。 小児病棟の子供たちも大変喜んでおりました。 病棟内で写真を撮りましたので、お送り致します。 当院のFacebookにも記事を掲載させていただきました。

《市立函館病院》

このたびは、とても素敵なバルーンを送ってくださり、ありがとうございまし た。 さっそく病棟前の廊下に飾らせていただきました。 「かわいい!」、「心癒される」と好評です。 無事届きましたことを、添付写真とともにご報告いたします。 ありがとうございました。

《広島市立広島市民病院》

この度は素晴らしいバルーンアートをお贈りいただき,ありがとうございました。 小児病棟の保健師さんたちとも相談し,添付写真のように廊下の窓側でいちばん目立つところ(!)に展示させていただきました。 Luca君は,入院中の子どもたち,ご家族はもちろん,私たち医療者や職員みんなをhappyな気分にしてくれています。 心から感謝申し上げます。 新型コロナウイルスのパンデミックにより,世界中で「いのち」と向き合わざるをえない機会,人々が増えました。 人と人とのつながりの大切さも,今まで以上に多くの方たちに認識されております。 なにかと暗いニュースが多く,誰かとふれあうこともままならない世の中になってしまいましたが,lucaemma projectのご活動は,私たちの心に暖かな光をともしてくださいます。 皆さまのご活動にエネルギーをいただき,私たちも日々の診療に臨んでまいります。 どうぞご体調に留意され,無理のないように,光をともし続けてください。 ありがとうございました。

《山梨大学医学部附属病院》

バルーンアーティストの神宮エミ様より、小児科病棟へバルーンアートを届けていただきました。
コロナ禍で、私たちの小児科病棟でも面会制限を余儀なくされています。 不安な想いをしている子供たちに笑顔と元気を届けたい!、との気持ちで送っていただきました。 病棟に飾られてからすぐにみんな集まってきて、一緒に記念撮影している子供たちもいました。 この度は、笑顔と元気を届けていただき、ありがとうございました。

《島根大学医学部附属病院》

emmaちゃん到着しています!さっそく受付の1番目立つところに鎮座してもらっています。子どもにも家族にも、スタッフにも大好評です。ありがとうございました。

《名古屋大学医学部附属病院》

お世話になっております。 名古屋大学病院の佐々木と申します。 昨日、無事にバルーンを受け取りましたので、ご連絡させて頂きます。 さっそく小児科病棟の入り口に飾らせて頂いています。 「かわいい~」と足を止めてくれるお子さんがたくさんいます。 一緒に写真を撮ったり、バルーンをぽんぽんしたりと、子ども達の楽しそうな顔をたくさん見ることができました。 我々スタッフとしても、明るく楽しい空気を病棟に届けて頂き、感謝の気持ちでいっぱいです。 素敵な企画をありがとうございました。 またコロナの感染拡大が心配される今日この頃ですが、 この優しく楽しい活動、是非続けて頑張ってください。 本当にありがとうございました。

資金の使い道

本プロジェクトは2万円で1件の病院に送ることができます!
集まった資金をバルーン製作費・梱包代・送料などに使わせていただき全国の小児病棟に送らせていただきます。

寄付募集元

lucaemma小児病棟支援プロジェクト

寄付をする