子どもたちに笑顔を送る「おてらおやつ劇場」
集まった支援総額
0
支援者数
0
目標金額0

設定期間 2020年07月01日~2020年08月24日

現在0% / 達成まで0
PROJECT NAME

困難な状況にあるひとり親家庭の子どもたちが笑顔になるため、おてらおやつクラブによる新たなチャレンジ「ぶんぷく勧進」

「おてらおやつ劇場」は、新型コロナウイルスの影響により上演キャンセルが続いています。さらには今後の上演予定も見通せない状況です。とても苦しい局面ですが、今まで取り組むことができなかった新しい人形芝居の制作に取り掛かることにしました。皆さんの目の前で上演できる日を楽しみに制作を進めていきます。応援よろしくお願いいたします。

更なる応援をお願いいたします!

おてらおやつ劇場の新しいチャレンジ、ぶんぷく勧進。
皆さまのお力添えによりまして、現時点(7/30)で、支援者数88人、支援総額3,341,000円のご寄付をお預かりし、心より感謝申し上げます。今回の勧進では、大変ありがたいことに未来の上演ご予約をたくさんいただくことができました。しかしながら、人形芝居の制作への勧進が実は足りていません。未来の上演を実現するためにも、人形や舞台装置の制作のための応援を引き続き募集したいと思います。

目標金額300万円でスタートした「ぶんぷく勧進」ですが、あらたに目標を150万円追加し、450万円(目標とするご寄付内訳:上演費250万円・制作費200万円)として勧進を続けてまいります。
なお、おかえし一覧の「おひねり(500円)」〜「ちゃがま(50,000円)」、そして「ののさま(100,000円:大切な亡き方のための勧進)」が制作費に充てられます。「ぶんぷく」は未来の上演ご予約となっております。締切は8月24日。それまで引き続き皆さまの勧進を受け付けております。どうぞよろしくお願い申し上げます。

ぶんぷく勧進とは

古くから親しまれている昔話「ぶんぶくちゃがま」が、おてらおやつ劇場メインアクターの山添真寛と演出家・くすのき燕氏と人形作家・阪東亜矢子氏のアレンジにより、福と笑顔を分ける「ぶんぶくちゃがま」へと生まれ変わります。キュートで愛らしい人形たち、ユーモアたっぷり溢れる演出に欠かせない小道具、ストーリーに没入するための大道具、フットワーク軽く全国を回るための巧妙な舞台装置、ダイナミックな演出や監修など大きな費用がかかりますが、新しいお芝居の制作にワクワクしています。

その制作費を皆さんにお力添えいただくチャレンジが「ぶんぷく勧進」です。勧進(かんじん)とは「寺社・仏像の建立・修繕などのために寄付を募ること」。皆さんの勧進によって人形たちにいのちが吹き込まれ、困難な状況にあるひとり親家庭の子どもたちに笑顔を届けます。

「ぷ(PU)」?「ぶ(BU)」?

新作演目は「ぶんぶく(BUNBUKU)ちゃがま」。みんなに福や笑顔をおすそわけする「分福」という意味をこめて、今回のチャレンジは「ぶんぷく(BUNPUKU)勧進」と名づけました。ドーナツみたいな「ぷ(PU)」の丸をはんぶんこに分けることで、子どもたちへおすそわけされていくストーリーが想像できないでしょうか。

また、「ぷ(PU)なんて聞いたことない、普通はぶ(BU)だろう」と思われる方がほとんどかもしれません。でもちょっと「ぷ(PU)」を子どもの貧困問題に置き換えてみてください。当たり前な「ぶ(BU)」だけじゃない「ぷ(PU)」に目を向けることで、「だれひとりもらすことのない」おてらおやつクラブの活動そのものを思い浮かべていただければ幸いです。

 ▲制作風景:左から人形作家・阪東亜矢子氏、演出家・くすのき燕氏、メインアクター・山添真寛

新しい人形たちにいのちを吹き込んでください!

新しい人形たちにいのちを吹き込み、活躍の舞台を用意するには、皆さんのお力添えが必要です。「さんまいのおふだ」で大暴れしている人形たちのように、きっと今回のたぬきたちも大活躍の人気者になってくれるはず。「ぶんぶくちゃがま」にぜひご期待ください。

 ▲「さんまいのおふだ」「きつねとたぬきのばけくらべ」の人形たち

ぶんぷく勧進の〆切は8月24日!!

既に制作が始まっている人形や舞台装置などの完成は今年12月までかかる予定ですが、稽古は今年10月からスタートして来年5月までじっくり練り上げていきます。

新しい人形芝居は来春上演予定

お披露目となる上演はズバリ、令和3年5月24日 場所は奈良・東大寺を予定しています。(社会状況により変更するかもしれません)

【お披露目上演】令和3年5月24日(月) 奈良・東大寺(時間未定)

勧進いただいたご寄付の使いみち

今回の目標額は300万円です。〆切までに集まったご寄付は、人形や大小の道具や舞台装置の制作、脚本・演出の監修料、各地での上演料に充てさせていただきます。

集まった支援総額
0
支援者数
0
目標金額0
設定期間 2020年07月01日~2020年08月24日
現在0% / 達成まで0

おかえし一覧

ぶんぷく勧進のおかえしとして、大きくわけて2つご用意しました。皆さんそれぞれにご無理のない範囲で、「ぶんぶくちゃがま」の仲間になってみませんか?

■勧進いただいた方のお名前を舞台装置などに記載します

おひねり〜ちゃがま 
 お名前を舞台装置などに記載します。

ののさま
 おてらおやつクラブが亡き大切な方のお名前を小布に記し、人形に納め読経します。この劇団に仲間入りして、各地を演者と回り、子どもたちに笑顔を広めます。

■ご希望の場所で上演します(日時相談、交通費別途、期限2030年まで)

             ぶんぷく 上演 1回
         ぶんぷくぶんぷく 上演 2回
     ぶんぷくぶんぷくぶんぷく 上演 3回
 ぶんぷくぶんぷくぶんぷくぶんぷく 上演10回

しんかんと人形たちから、みなさまへのおねがい

皆さん、元気ですか? 元気ですかーーっ!!(笑)
おてらおやつ劇場メインアクターの山添真寛です。今回私がもっとも信頼している演出家、人形作家で特別チームを組み、新しい人形芝居を制作します。

制作の一番の目的は、子どもたちの笑顔をもっともっと増やすこと。制作チームが楽しんで創ることで、その楽しい空気が沢山の笑顔に繋がり、明日への力になると信じています。

「ひとりだけど、ひとりぼっちではなかった」

人形のため、笑顔のため、懐かしくも新しいお芝居を作り上げますので、ぶんぷく勧進の応援よろしくお願いします!

集まった支援総額
0
支援者数
0
目標金額0
設定期間 2020年07月01日~2020年08月24日
現在0% / 達成まで0

おてらおやつ劇場とは

 ▲お芝居に没頭する子、笑顔になる子、よそ見する子、みんないておてらおやつ劇場

 ▲YouTubeチャンネル「おてらおやつ劇場」

おてらおやつ劇場とは、浄土宗の僧侶でプロ演者でもある山添真寛がメインアクターとして、全国で上演する紙芝居と人形芝居です。子どもたちに文化的な体験を通して将来に明るい希望を持ってほしい、何より笑顔を忘れないでほしい、という想いから活動を続けています。

現在、YouTube(https://www.youtube.com/oteraoyatsu/)で紙芝居やクイズ、絵本の読み聞かせを展開中。

 ▲ほとけさまが見守ってくれる中、お芝居で親子一緒に笑顔の時間に包まれる

体験者の声

初めは様子を伺っていた人も、だんだん真寛さんの表情や声にも引き込まれ、心から楽しんでいるようでした。大人も乳児もみんな声を出して笑っていました。
(こども会で開催)

見終わったあと、すぐに「また見たい」との声があがっていました。真寛さんの熱演に引き込まれていました。
(こども食堂で開催)

お芝居に集中し、びっくりしたり笑ったり、楽しんでいる様子でした。すばらしい公演をありがとうございました。またお目にかかりたいです。
(児童養護施設で開催)

「幼児の集中⼒はせいぜい10分程度」とよく⽿にするので、1時間も座って観るのは厳しいかと思っていましたが、リズミカルに繰り出される⾔葉と幾重にも変化する⼭添さんの表情、全速⼒で始まった⼭添ワールドに⼦供も⼤⼈も前のめりに引き込まれ、笑って、怖がって、時には勇気を奮い⽴たせ…会場内が⼀体となった空間はとても⼼地よかったです。
⼦供たちの集中⼒も途切れることなく、最後まで好奇⼼の宿った眼差しで劇を⾒守っている姿が印象的でした。観劇した保護者の⽅々からも、紙芝居と人形劇の両方とも⼤変楽しく、時間もちょうど良かったとの感想が多く寄せられました。
(幼稚園で開催、近所のお寺からのプレゼント上演)

最後に真寛さんがおてらおやつクラブの話をしたことで、初めてこのお寺で子どもの貧困問題の活動をしていることを知った人たちも多くいました。笑顔とともに活動の輪が広がったように思えます。
(お寺で開催)

これまでの上演実績

2017年に始まったおてらおやつ劇場は、既に各地30以上のお寺や施設で上演されています。幼稚園や保育園、こども食堂や児童養護施設、なかには葬儀会館の感謝祭で上演したこともあり、リピーターも増えています。

香川県興正寺・愛知県櫻誓願寺・三重県善昌寺・愛知県宝行寺・愛知県明願寺・奈良県安養院・愛知県長善寺・愛知県久遠寺・岐阜県善光寺・静岡県正蓮寺・奈良県安養寺・愛知県教西寺・静岡県浄円寺・佐賀県栄林寺・奈良県善福寺ほか、全国の保育園幼稚園こども園・子ども食堂・子ども会など事業開始前から上演実績700回超(順不同・敬称略)

令和2年3月から新型コロナウイルスの影響で上演キャンセルが続いています。

ロゴマークに登場するのは子どもたちを喜ばせる三つ目の真寛さん、魂吹き込まれリアルに動き始める人形たち、そして劇の世界に吸い込まれていく観客。楕円形は「仏さまからの眼差し」をイメージし、仏さまが「おてらおやつ劇場」の空間を温かく見守る様子を表現しています。

“Your smile makes me happy”「君の笑顔が、僕を笑顔にするよ」

という願いが込められています。

集まった支援総額
0
支援者数
0
目標金額0
設定期間 2020年07月01日~2020年08月24日
現在0% / 達成まで0

ぶんぷく勧進へのご協力を心よりお願い申し上げます

勧進する
寄付募集元
特定非営利活動法人おてらおやつクラブ