新型コロナウイルスにとりくむための寄附を募集します
PROJECT NAME

新型コロナウイルス対策プロジェクト

(公財)世界宗教者平和会議(WCRP)日本委員会は、1970年に発足した国際NGOで、世界90か国以上にわたるWCRP/RfPネットワークの一員として、国内外のさまざまな宗教者が連携し、世界の諸課題解決のために取り組んでいます。
WCRPは、新型コロナウイルスによってもたらされた各国の危機的状況を宗教者の連帯によって支える活動、リスクを伴いながら医療や介護の分野で献身される医療・介護従事者の心のケアの提供、社会的に最も脆弱な人々への支援活動など5つのプロジェクトを行っています。これらの事業の継続的実施に向けて、温かい支援をお願いいたします。

①WCRP国際委員会「諸宗教人道支援基金」を応援します

WCRP/RfP国際委員会(ニューヨーク本部事務所)は、「諸宗教人道支援基金」を設け、WCRPネットワークに加盟する各国委員会を中心に、諸宗教による新型コロナウイルス対応を行う活動を支援しています。感染予防の意識啓発、脆弱なコミュニティや家族への支援、差別的な言論や行為の抑制などに活用されています。

WCRP日本委員会は、この「諸宗教人道支援基金」を通して、今後、感染拡大が懸念される途上国における感染対策への支援を行っています。この新型コロナウイルスによって政治の閉塞化、経済の低迷化を招いており、排他主義、利己主義が台頭する危険があります。この状況で求められるのが国際協調です。この支援を通して、今一度、国際協調の重要性を示していきたいと考えてます。

詳細は、https://rfp.org/rfp-launches-the-multi-religious-humanitarian-fund-in-response-to-covid-19/

 

②感染症と闘う医療・介護従事者の心のケアを応援します

WCRP日本委員会は医者、臨床宗教師、専門家らとともに「感染症と闘う医療従事者の話を聴く会」の立ち上げに関わり、インターネットのテレビ電話システム(ZOOM)を利用した医療従事者・介護職の方々の悩みや不安を聴くサービス提供に対し、後援を行っています。

新型コロナウイルス診療には感染リスクが伴い、医療従事者や介護職の方々はさまざまな精神的な苦痛や困難を抱えております。この医療・介護従事者に寄り添うための精神的なケアとして、本事業は傾聴活動を実施するものです、心理専門職(公認心理師、臨床心理士)、認定臨床宗教師、スピリチュアルケア師が傾聴に取り組みます。

日本委員会は、東日本大震災以降、臨床宗教師育成に努めてきました。臨床宗教師は、布教や伝道ではなく、相手の価値観を尊重しながら、宗教者としての経験をいかして人々の苦悩や悲嘆に寄り添うケアをめざし、さまざまな宗教者が連携・協力して活動しています。この取り組みに日本委員会も積極的に参画し、医療従事者の不安や苦しみを和らげる事業を宗教協力の精神をもとに展開していきます。

詳細は、https://careforcovidfighte.wixsite.com/caremedical

 

③マスク配布プロジェクト

WCRP日本委員会はこれまで、3万枚のマスクを購入すると共に、中国宗教者和平委員会(CCRP)から寄付された1万枚のマスクと、事務局スタッフが手作りした360枚以上のマスクを、医療従事者、路上生活者、障がい者、単身高齢者、人身取引・DV等の被害に遭われた女性、在日外国人、介護施設、保育所等に配布を行ってきました。今後も引き続き、人々のニーズに合わせた物的支援を展開してまいります。

④祈りをつなぐ水曜日 WCRP Interfaith Prayer

毎週水曜日の13時から20分程度、インターネットのテレビ会議システム「Zoom(ズーム)」を活用して、宗教者が参加する祈りの集い『祈りをつなぐ水曜日 WCRP Interfaith Prayer』を実施しています。毎回2、3名のさまざまな宗教を持つ宗教者が出演し、それぞれ5分程度、祈りやメッセージを発信した後、参加者全員で新型コロナウイルスの早期終息と一人ひとりの幸福を願い、黙とうを捧げます。この祈りを通して、人々の不安感への宗教的、精神的な寄り添いをめざしています。

⑤写真メッセージ「励笑(はげみ)プロジェクト~励ましと微笑みを共に~」募集します

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、誰もが閉塞感や先々への不安などを抱えて生活しています。そういった状況において、互いに励まし合い、一人ひとりが前向きに、明るく生きていけるよう、祈りを込めた写真メッセージを募集して発信する『励笑(はげみ)プロジェクト~励ましと微笑みを共に~』を実施しております。寄せられた写真メッセージは、随時動画としてまとめられ、ホームページやSNS等を通して、広く社会に発信しています。

ご寄付の使い道

皆さまからのご寄附は、①~⑤のプロジェクト運営のために使わせて頂きます。皆様からの温かいご支援をよろしくお願いいたします。①~⑤のいずれかのプロジェクトを指定してご寄附を希望される場合は、寄附決済の備考欄にご記載ください。

なお、個人の方がご寄附された場合、税制上の優遇措置(寄附金控除)が受けられます。寄附金控除を受けられる方は、領収書と「税額控除に係る証明書」を発行致しますので、WCRP日本委員会事務局まで ご連絡ください。寄附金控除についての詳細はホームページ(https://www.wcrp.or.jp)をご覧ください。

寄付をする
寄付募集元
世界宗教者平和会議日本委員会