高知県 新型コロナウイルス対策支援
PROJECT NAME

[高知県]アフターコロナの“豊かな高知づくり”のために|社会福祉法人高知県社会福祉協議会 高知県ボランティア・NPOセンター

新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、高知を、地域を、地元を元気づけようと奮闘してきた高知県内のNPOが活動縮小、活動資金の減少、職員の生活支援などの多くの困りごとを抱えています。
地域にある資源を活用し、仲間たちとともに高知の文化を盛り上げようと頑張る活動は、アフターコロナの社会でも形を変えながらも必ず必要なものになります。
高知で頑張る団体にぜひご支援をお願いします。

寄付の使い道

受領をした寄付金は、(連携団体名)が地域事情を踏まえた支援事業を、基金設置団体である公益財団法人地域創造基金さなぶりと企画し、公益財団法人地域創造基金さなぶりが実施する、支援事業に活用されます。※管理費は計20%をお願いしています。

「不要不急」かもしれない。でも、「高知らしさ」を支えている大切な活動の支援を

新型コロナウイルス感染拡大の影響が全国各地で広がるなか、高知県でも失われているものがたくさんあります。いつもそこにあるはずだった景色や街並み。どれも高知で暮らす方々にとって大切な思い入れのあるものです。

地域文化活動や、地域資源を活用したイベント等で賑わいを見せるまちづくり活動など、これまでの高知を支えてきた文化には多くのNPOの力がそそがれています。

誰もが経験したことのないコロナ時代のなか、高知らしさを形作る様々な活動の支援をしていきます。

「集まれない」今だからこそ。つながりを感じられる居場所を

地域で暮らすみんなのために。過ごしやすく、生きがいのある地域のために。そんな思いで頑張る団体がたくさんあります。

集いの場。憩いの場。学びの場。どれもが大切な地域の居場所です。

地域の活動は、人が集まり、つながる中で始まるものです。感染対策のため、人と人との接触を自粛せざるを得ない状況の中、その活動も大きな制限を受けています。活動縮小を余儀なくされた団体の再興、形を変えた居場所づくりの活動を支援し、コロナ時代の地域づくりをサポートします。

寄付をする
寄付募集元
地域創造基金さなぶり