子どもの明日をまもる 「養育費の取決め・債務名義の取得支援」
PROJECT NAME

特定非営利活動法人コニアス

離婚後、養育費を請求したいひとり親が、【法的な取決め=債務名義の取得】を行う支援をします。養育費の不払いは約75%と深刻な状況。どうせ払ってもらえない…と取決めすら諦めているケースも多くありますが、今年4月の法改正で取立てがしやすくなります。法改正の認知拡大とともに1日も早い債務名義の取得を応援します。

*このページは、「今月のみのご寄付」のページです。不要になった古本やCDが寄付金となる「ありがと本」でのご寄付の場合は、下のボタンをクリックして下さい。

★寄付者(個人)は、確定申告を行うことで、寄付金控除等の税制優遇が受けられます。
★法人からの寄付は、一般寄付金の損金算入限度額とは別に、特別損金算入限度額の範囲内で損金算入が認められます。

 

【事業内容】

[1] 養育費は子どもの権利、
諦めずに行動を

ひとり親家庭の相対的貧困率は5割を超え、先進国で最低水準と深刻な状況です。その理由の1つに、養育費の不払い問題があります。これまでひとり親と弁護士を繋ぐネットワーク活動を行ってきましたが、取決めの段階からの介入は弁護士の負担が大きく、供給に限界があります。法改正で債務名義の重要性が増すため、自身で債務名義を取得する仕組み作りに挑戦します。

[2] 50名が調停を申立て
30名の債務名義取得を目指します

1.法改正を活用しよう!正しい理解と綿密な計画作りを支援

2020年4月に民事執行法が改正され、養育費不払いの取立てがしやすくなります。具体的には、勤務先等の情報を照会してもらえるため、強制執行がしやすくなります。対象は、公正証書や調停調書等の法的な取決めのある場合のみなので、恩恵を受けるために、1日も早く法的な手続きを開始することが重要です。

2.先着50名!調停申立てたらキャッシュバック。5人組なら2倍!

次に、自身のケースでは、養育費を請求・受取りまでにどんな道のりが想定されるのか、ケース別のパターンを紹介します。その後、それぞれの手続きにかかる所用期間や工数、費用を理解した上で、支援キャンペーンへのエントリーを募集します。エントリー後、期日以内に調停申立てを行った方には手続き費用相当の金額をキャッシュバックします。

3.支援の有効性を検証し、支援策の改善へ

債務名義取得において、情報提供とキャッシュバックによる支援の有効性を調査します。
また、キャッシュバックの際には、手続きする上で役に立ったことや困ったこと等の詳細もヒアリングし、今後の支援内容に反映していきます。ひとり親同士がSNSで繋がり、情報交換や励まし合いができるような働きかけの有効性も検証します。

[3] 子どもの権利を守るため、
国家による介入が強化?今すべきことは

1.政府による養育費立替払いが始まる?高まる債務名義の重要性

今回の法改正とは別に、政府では養育費の立替払い、代理徴収の新制度の検討が始まりました。子どもの権利を守るため、諸外国では国家による介入を強めており、日本にもその流れが来ています。また、兵庫県明石市では、2021年春を目指して立替払い制度を独自に開始予定。立替払いの恩恵を受ける為にも、債務名義は必要です。

2.当事者がスムーズに手続きするために、細やかで地道な提言を!

債務名義の重要性が増す中で、債務名義取得支援の成功パターンを見出すことは、とても重要です。また、家庭裁判所の相談窓口や養育費相談支援センターの相談窓口等、既に多くの社会的資源も存在します。それらを当事者目線で提供し、当事者がつまづきやすいポイントを各機関に提言し、細かい運用面の改善にも繋げていきます。

[4] 子どもの権利を守る=債務名義取得、
の後押しを

1.キャッシュバックの資源

調停申立てを行ったひとり親に対し、申立てにかかる手続き費用相当額(5千円)のキャッシュバックします。また、当事者間で助け合う繋がりを促進するため、5人でLINEグループを作成したら2倍の1万円とします。申立てを行っても、相手の都合で調停不成立となる可能性があり、今回は60%程度の債務名義取得率を想定しています。

2.事務局運営費

債務名義取得を促進する情報提供、キャッシュバックキャンペーンの告知やエントリー対応、専用サイトの立ち上げを行います。サイト自体は無償のものを活用し、法的な情報提供はこれまでの弁護士ネットワークにて得られたものを生かします。スマートフォンで見やすく、また、文字ばかりでなく動画や画像を活用したサイト作りを目指します。

3.広告費

養育費を請求したいけれど債務名義がないひとり親の名簿が一定数あるため、それらを活用した後で、まだキャッシュバックの資源に猶予がある場合に、追加で告知を行う予定です。キャッシュバックの上限は50人とし、キャッシュバックがなくても自身で手続きを開始してもらえるように、法改正の広報にも注力します。

法人・団体名 特定非営利活動法人コニアス
代表者    生田 秀
住 所    神奈川県横浜市西区高島2-10-13 横浜東口ビル906号
メール    support@conias.jp
URL     https://www.facebook.com/conias.jp/

この団体に寄付をする
寄付募集元
公益財団法人 信頼資本財団