公正で持続可能な社会づくりをエンパワーする
PROJECT NAME

一般社団法人 アクト・ビヨンド・トラスト

一般社団法人アクト・ビヨンド・トラスト(以下、abt)は、自然環境と人間生活の調和を目的とした市民やNPO・NGOの活動を支援する、独立した民間基金です。調査・研究、社会課題の啓発・共有、政策提言・代案提示型の問題解決などの活動に、資金援助、コンサルティング、トレーニングなどを提供します。

*このページは、「今月のみのご寄付」のページです。不要になった古本やCDが寄付金となる「ありがと本」でのご寄付の場合は、下のボタンをクリックして下さい。

  ★寄付者(個人)は、確定申告を行うことで、寄付金控除等の税制優遇が受けられます。
  ★法人からの寄付は、一般寄付金の損金算入限度額とは別に、特別損金算入限度額の範囲内で損金算入が認められます。


※ありがと本についてはこちら

※ウェブ申込みの方法・注意事項はこちら

【事業内容】

[1] 環境と人間社会が調和した、
未来の世代に恥じない社会を創りたい

代表理事の星川淳は、作家・翻訳家としての活動の傍ら、国内外のさまざまな市民運動や住民運動に関わり、2010年末まで5年間、国際環境NGOグリーンピース・ジャパンの事務局長も務めました。それらの経験から、日本の市民社会がもっと力をつけるために、アクションとキャンペーンを支援するabtを設立しました。

[2] 環境問題に粘り強く取り組む
専門性の高いNGOや市民団体を支援

1.エネルギーシフト

いのち、環境と共存できるエネルギーで成り立つ社会をめざし、以下の4課題に取り組む市民活動を支援しています。

  1.  原子力発電の是非を含むエネルギー政策の議論喚起と代案提示
     
  2.  再生可能エネルギーへの転換促進
     
  3.  人間と生態系に対する放射線影響の測定・調査
     
  4.  福島原発事故後の保養、移住、医療的対応など

 

2.ネオニコチノイド系農薬問題

ミツバチ大量死の主因とされるネオニコチノイド系農薬は、生態系や生物多様性を脅かすだけでなく、神経発達障害との関連など人への悪影響も明らかになりつつあります。海外では規制強化の動きが見られますが、日本ではむしろ規制緩和へ向かう中、被害を防ぐ調査・研究、社会的アピール、政策提言などの活動を支援しています。

3.東アジア環境交流

空と海でつながり、国境を越えた環境課題と文化的共通性の多い東アジアで、市民同士が《環境》の切り口から、具体的な課題にもとづき草の根の協働を重ねる試み。これまで、日中韓台を結んだ「東アジア地球市民村」の開催や、中国・雲南省の世界自然遺産地域に適したエコツーリズムのガイドラインづくりなどの取り組みを応援してきました。

4.3部門以外の支援

上記3部門に限らない企画への少額スポット助成と、市民によるジャーナリズム支援の枠組みづくりにも取り組んでいます。

[3] 支援先の市民活動が
問題解決を進め、
持続可能な世界の実現に寄与

環境問題がますますグローバル化・複雑化する中、多くの人びとと課題を共有し、政策転換を促すには、問題解決をめざす活動主体が、より専門的な知識と戦略的な計画にもとづいて動くことが必要です。abtは資金援助と併せて、そうした個人や団体をつなぎ、人にも自然にも望ましい結果を出すことにコミットします。

上記の各部門で以下のような事業に活用

  • 環境分野の公募助成と企画助成、部門の枠にこだわらない少額スポット助成、およびジャーナリズム支援市民基金の活動支援
     
  • 助成案件ごとにアドバイスと実施支援(広報協力、スキルマッチングなど)
     
  • 当法人による自主企画の実施
     
  • 以上を支える間接費
     

【事業報告】

コロナ禍で模索する助成先を
柔軟に支援することができました。

 

1.実施内容

・設立10年の節目を迎え、公募助成はネオニコチノイド系農薬問題部門で4件、企画助成はネオニコチノイド系農薬問題・エネルギーシフト・東アジア環境交流の3部門で8件、試験運用中のスポット助成で4件の支援を行なった。
・当法人ウェブサイトの「助成先活動情報」と、週4本程度のFacebook発信(年間214本の独自投稿)を通じて、助成先の企画実施状況や告知情報をタイムリーに伝える努力を重ねた。

2.事業成果

・ネオニコチノイド系農薬問題部門では、内水面の汚染状況調査、人体影響の機序解明、生協ネットワークを通じた啓発活動に進展があった。
・エネルギーシフト部門では、エネルギー基本計画見直しへの働きかけ、老朽原発再稼働に対する牽制、ヒトとサルへの放射能蓄積調査などが進んだ。
・東アジア環境交流部門では、2案件がコロナ禍で実施を見送ったが、オンライン開催のスキルシェアを行ない、次年度以降の充実に備えた。

3.今後の課題

・コロナ禍への対応として、市民社会全体で様々な試行錯誤が進行中のところ、主に1)オンライン活用の進化、2)現下の課題に対処しつつコロナ後に備える中長期的視野、3)資金対策の3つに重点的に取り組む。
・助成事業では、オンラインの先進的活用や若い世代の後押しといった新しい力点を加味しながら、引き続き助成先の活動成果と、支援を受ける満足度とを目安に助成基金としての存在価値および信頼性の向上を図る。

 

 

法人・団体名 一般社団法人 アクト・ビヨンド・トラスト 
代表者    星川 淳 
住 所    〒150-0044 東京都渋谷区円山町5-5 Navi渋谷V 3F
電 話    03-6665-0816
連絡先            info@actbeyondtrust.org 
URL     https://www.actbeyondtrust.org/

 

この団体に寄付をする
寄付募集元
公益財団法人 信頼資本財団