すべての子どもたちが夢や希望を持てる社会の実現のために活動しています
PROJECT NAME

特定非営利活動法人 キッズドア

ひとりでも多くの子どもに支援が届くように、貧困のために夢をあきらめる子がいないように、キッズドアでは、学習支援や体験活動、キャリア教育を通して、貧困の連鎖を断ち切り、すべての子どもたちが将来に夢や希望を持てる社会の実現を目指しています。子どもに寄り添った教育支援で子どもたちの将来を生き抜く力を育みます。

  ★寄付者(個人)は、確定申告を行うことで、寄付金控除等の税制優遇が受けられます。
  ★法人からの寄付は、一般寄付金の損金算入限度額とは別に、特別損金算入限度額の範囲内で損金算入が認められます。

このページは「都度の寄付」の受付ページです。 「マンスリー寄付」をご希望の場合はこちらへ。
不要な本等による寄付「ありがと本」をご利用の場合はこちらへ。

【事業内容】

[1] 日本の子どもの7人に1人が貧困という現実をご存知ですか?

生まれてきた環境や災害によって、子どもたちの将来の夢や希望に不平等が生じる社会はおかしい、貧困などの困難な環境にある子どもたちにも、フェアなチャンスのある社会システムを作りたいと思い、キッズドアは設立されました。今の日本では、子どもの7人に1人が貧困の状態にあります。様々な困難を抱えた子どもたちに前向きに生きる術と意欲を身に付けてほしいという想いから、ひとりひとりに寄り添った学習支援を行います。

[2] 子どもに寄り添った教育支援を行っています

1.学習支援

家庭の経済的な理由から、学習塾に通うことができない中学生、教育格差により、学力が低く学習習慣も身についていない小学生から高校生に対して、無料の学習会や居場所の運営をしています。2016年度の実績では、東京と東北の50拠点で無料の学習会を運営しており、登録生徒数は1,518名になります。

2.イベント・体験活動

家庭環境から社会経験、文化的な体験が少ない子どもたちのために季節ごとのイベントや自然体験ツアー、職業体験など様々な体験活動の機会を設けています。クラシックコンサートや芋掘り体験などの経験を通して、知識が身に付くほか、音楽や哲学や芸術などについても教養として身に付けることができます。

3.地方創生

地方では、少子高齢化が進み、学校の統廃合が進み、学習面や教育機会で都市部との格差が生じています。若年層の流出は大きな課題であり、いかに教育を充実させ、地域からの流出を防ぐかが重要です。キッズドアでは、地方を支える人材を育てるために地方自治体と連携し、公営塾やリーダー育成に取り組んでいます。

4.啓蒙活動および人材育成・教育開発

全国で学習支援に取り組む団体や行政、地域の方々のための各種講演会や、学習支援ボランティアやコーディネーター養成講座を開催しています。また、オリジナルテキストや有効な指導法を開発しています。キッズドアがこれまでに蓄積してきたノウハウ等を提供し、より多くの方々と問題の解決に向けて協力してまいりたいと思います。

 

[3] 学習支援と共に自立できる人材の育成へ

1.IT体験を増やすためにプログラミング教室などを開催

多くの業種では、基本的なITスキルが必須であり、IT体験の格差が子どもたちの将来の選択肢に直結します。さらに高度なITスキルがあれば自立の道が大きく拡がります。キッズドアは、ITプログラミング講座等を通して、IT体験の格差をなくし、子どもたちの創造性を養い、ロジカルシンキングの定着を目指します。

2.実践的な英語プログラムのEnglish Driveの拡大

近年のグローバル化により、英語の重要性は増々高くなっています。社会で活躍するためには、高い英語力を身に付けていることが条件となってきています。キッズドアでは、独自プログラムを提供するEnglish Driveを通して実践的な英語を習得し、さらにはソーシャルスキルを身に付け、挑戦する意欲を高めることを目指します。

3.キャリア教育の拡充と人材の育成

子どもたちが自立するためには、正しい情報に触れ、自ら将来の展望を描き、必要なスキルを身に付ける必要があります。キッズドアでは、企業と連携し、キャリア講座を開講し、情報格差をなくし、子どもたちが将来の道を切り開く支援をしています。今後は、優秀な人材を育て、優秀な人材を必要とする企業につないでいきたいと考えています。

[4] 無料学習会の運営等に係る費用として使わせていただきます

1.無料の受験対策講座【タダゼミ】、【ガチゼミ】

【タダゼミ】は、中学3年生を対象にした学習会です。入試対策の他、進学意欲を高めるための取り組みなど、学生ボランティア講師ならではのサポートが好評です。
【ガチゼミ】は、高校生を対象にした学習会です。大学受験対策、高校中退予防や進路相談、キャリア支援に取り組んでいます。学習支援に加え、生活面の相談も受けてサポートします。

2.英語に特化した無料の学習会【English Drive】

English Driveでは、小学生から高校生までを対象とした英語に特化した学習会です。スピーチや英会話など楽しく実践的に英語を使う独自のプログラムにより「読む・聞く・話す・書く」の4技能や表現力などこれからの子ども達が身に付けるべき力を養います。また、ボランティアとの交流を通して社会性や積極性を育みます。

3.<東北>無料の学習会

東北では、無料の学習会として東京と同様に【タダゼミ】、【ガチゼミ】、【English Drive】を仙台において開催しています。また、中学1年生~中学2年生を対象とした【タダゼミJr.】も実施しています。キッズドアでは、東日本大震災発生直後より、東北の復興支援を学習支援を通して実施しています。

【事業報告】

「多くのご支援をいただき、多くの無料学習会を開催できました」

 

1.実施内容

2017年度は、東京、東北で63の無料学習会を運営し、登録生徒数は約1900名、活動に参加したボランティアは、約1100名、学習会の実施回数は約3000回となりました。行政からの受託事業を除く、ご寄付等で運営される自主事業はそのうち、登録生徒数は約500名、登録ボランティア数は約400名、実施回数は約800回となっています。

2.事業成果

近年は、自主事業として東京や東北で【English Drive】や【タダゼミJr.】など新たな学習会を立ち上げることが出来ました。これにより新規で多くの子どもたちに学習する機会を提供することが出来るようになりました。また学習会に参加した中学3年生は無事に全員が高校進学を果たし、2018年も進学率100%を達成しました。

3.今後の課題

2017年6月に厚生労働省より最新の「子どもの貧困率」が発表され、6人に1人(16.3%)から7人に1人(13.9%)に改善されました。数値は改善されているものの、まだまだ現状は厳しい状況です。引き続き困難な環境の中で将来をあきらめてしまう子どもたちや、将来の不安を抱えながら日々懸命に頑張る保護者の方々を力強く支えられるよう頑張って活動をしていきます。

 

法人・団体名 特定非営利活動法人 キッズドア
代表者    渡辺 由美子
住 所    〒104-0033 東京都中央区新川2-1-11 八重洲第1パークビル7階
電 話    03-5244-9990
連絡先    info@kidsdoor.net
URL     http://www.kidsdoor.net

 

この団体に寄付をする
寄付募集元
公益財団法人 信頼資本財団