将来の災害に備えて。 素早い災害救援のための活動基金
PROJECT NAME

一般社団法人ピースボート災害ボランティアセンター(マンスリー寄付)

ピースボートの災害救援は1995年の阪神・淡路大震災がきっかけ。以来、台湾、トルコでの大地震、ハリケーン・カトリーナ(米国)、スマトラ沖地震と津波被害に見舞われたスリランカなど、世界各国で活動してきました。PBVを設立して以降も、日本各地の風水害や豪雪災害の被災地へボランティアを派遣して緊急支援を行うほか、国際ネットワークを活かした海外での災害救援も展開しています。

*このページは、「毎月のご寄付」のページです。「今月のみのご寄付」や不要になった古本やCDが寄付金となる「ありがと本」でのご寄付の場合は、下のボタンをクリックして下さい。

  ★寄付者(個人)は、確定申告を行うことで、寄付金控除等の税制優遇が受けられます。
  ★法人からの寄付は、一般寄付金の損金算入限度額とは別に、特別損金算入限度額の範囲内で損金算入が認められます。

 

【事業内容】

国内外で起こる災害に対し、スタッフ・ボランティアを現場へ派遣し、素早くかつ大規模に被災者支援を行う。活動内容は、支援物資の配布、炊き出し、泥かきなどの清掃作業、避難所・仮設住宅居住者へのサポートなど、行政による公助では十分な対応が追いつかないものが中心。

国内では、東日本大震災の被災地である宮城県石巻市・女川町を中心に、のべ8万人以上のボランティアを派遣して活動したほか、人材育成事業を通じて培ってきた全国ボランティア・ネットワークを活かし、2011年の紀伊半島台風、2012年の九州北部豪雨、2013年の静岡、山口、岩手、滋賀、伊豆大島での水害でも緊急支援を実施。

海外でも、2012年の米国NYハリケーン・サンディ、2013年のフィリピン台風など、各国にいる現地パートナーと協力しながら、バイリンガルスタッフやボランティアを現場へ派遣して災害救援を実施。

助成金の使途

国内における緊急災害支援・全国の風水害、地震などの自然災害における素早いボランティアの派遣

・支援物資、炊き出し、清掃、コミュニティサポートなど、被害状況とニーズに合わせた支援
・スムーズなボランティア受け入れ体制構築のためのコーディネーションサポート
・現場での効果的な活動を支える本部機能の強化、資機材の調達・管理2) 国外における緊急災害支援・海外での風水害、地震などの大規模災害における現場での災害救援
・ボランティア派遣、支援物資、炊き出し、清掃など、被害状況とニーズに合わせた支援
・現地パートナー団体・住民による復旧・復興活動のサポート、キャパシティビルディング
・英語や必要言語による情報発信、国際人道支援を普及するためのトレーニング

【事業報告】

◆寄付者への事業報告

  • 進捗状況は、団体ホームページ(日英)、facebookなどのSNSを通じて、随時報告する。
  • コーディネーターや災害ボランティアによる報告会などの場を設け、直接体験談を伝える。
    またこの会が寄付者との交流の場になるよう企画する。
  • 希望者には、成果報告をまとめたニュースレターなどの定期刊行物を配布する。

◆社会への事業報告

  • 進捗状況は、団体ホームページ(日英)、facebookなどのSNSを通じて、随時報告する。
  • マスメディアを通じた積極的な社会へ発信を行う。
  • コーディネーターや災害ボランティアによる報告会などの場を設け、直接体験談を伝える。

法人・団体名 一般社団法人ピースボート災害ボランティアセンター
代表者    山本 隆
住 所    東京都新宿区高田馬場三丁目13番1号2F-A
電 話    03-3363-7967
URL     https://pbv.or.jp/

この団体に寄付をする
寄付募集元
公益財団法人 信頼資本財団