緊急災害支援活動を行う学生主体のボランティア団体
PROJECT NAME

特定非営利活動法人チームレスキュー

2011年3月11日、日本は未曾有の震災「東日本大震災」にみまわれました。

それは、あまりにもショッキングな出来事であり、全ての日本人の価値観を変えた程の大災害でもありました。
被災された方々におかれましては、心よりお見舞い申し上げます。
私たちは、その震災直後より学生を中心としてボランティア活動を継続しており、2012年8月に、NPO法人「非営利活動法人チームレスキュー」として災害を受けた皆さんへの手助けを少しでも早くしたいと、このボランティア活動をスタート致しました。
月日が経つごとに忘れられていく東日本大震災の記憶を、私たちチームレスキューは、多くの人々にこの経験を伝え、防災について語り、

災害地の方々の想いに寄り添いながら最後まで共に本当の復興に向けて歩かせていただく所存でおります。

  ★寄付者(個人)は、確定申告を行うことで、寄付金控除等の税制優遇が受けられます。
  ★法人からの寄付は、一般寄付金の損金算入限度額とは別に、特別損金算入限度額の範囲内で損金算入が認められます。

不要な本等による寄付「ありがと本」をご利用の場合はこちらへ。

現在、西日本豪雨災害の支援で、岡山県倉敷市災害本部運営サポートなどを実施しています。

【事業内容】

 チームレスキューは、東日本大震災直後から宮城県七ヶ浜町を拠点に、復興支援活動を行っている。七ヶ浜町では現在、災害復旧・復興活動・災害ボランティアリーダーの全てを任されており、ボランティアリーダーの育成も行っている。リーダーは、一般・企業ボランティアの方達への作業内容の説明や安全確認、活動後の報告等を行う。
 石巻市では、河北総合支所や大川小学校校長先生、遺族会会長からの依頼で、大川小学校周辺の環境整備・警備活動、大川小学校より1キロ先の長面地区(東京ドーム99個分の面積)での行方不明者捜索活動を警察と連携して行っている。

※チームレスキューは東日本大震災を始め、台風12号による三重県紀宝町水害・茨城県及び栃木県竜巻災害、九州北部豪雨、大雨による京都府宇治市炭山地区水害等、大きな自然災害が起きた全国の被災地全てに早急に駆けつけ、災害復旧・復興支援活動を行っています。

【事業報告】

◆寄付者への事業報告

  • 事業報告書の送付(年1回)
  • HPやパンフレットへお名前を記載(希望者のみ)

◆社会への事業報告

  • HPやブログでの活動報告
  • HPにて寄付活動を随時報告

【実施内容】

◆宮城県へのボランティア活動

・宮城県での主な活動は、石巻市大川小学校の環境整備や警備活動、石巻市在住の方からのご依頼による、私有地内のがれきの撤去を行った。
・上記2つに関して、立命館大学と連携し、立命館大学の学生を新たに迎え、活動を行った。
・ボランティアリーダーの育成に関しては、現リーダーである学生が毎回参加し、現場にて指導を行った。

◆広島県でのボランティア活動

・広島県で起きた豪雨災害地での、活動を行った。
・主に、一般ボランティアさんのリーダーとして、現場の指揮をとる活動を行った。

 

【事業成果】

・各陣の実施者は、主に現場責任者が行い、現リーダーや新しく参加する人員と共に活動を行った。
・広島で起きた豪雨災害では、一般ボランティアさん約50名~100名のリーダーとして活動を行った。
・現場を2班に分けた際、1班、2班の工区リーダーを決め、それをまとめる統括リーダーの元、活動を行い、迅速に作業を進めることができた。
・東北での活動はもちろん、広島県豪雨災害などの被災地にて、実際に現場で活動を行いながら、新しいボランティア人員のリーダー育成を行った。
・また、各大学と連携を取り、新たな人員の確保も行った。
・災害現場リーダーを新たに育成することにより、災害現場での、ボランティアの受け入れに迅速に対応することができた。

法人・団体名 特定非営利活動法人チームレスキュー
代表者    小野 聡美
住 所    愛知県瀬戸市市場町13番地
連絡先    teamrescue.center@gmail.com
URL     http://teamrescue.jimdo.com/

この団体に寄付をする
寄付募集元
公益財団法人 信頼資本財団