3ヶ月に1度届く子どもたちからのメッセージ〜石巻日日こども新聞〜
PROJECT NAME

公益社団法人こどもみらい研究所

「石巻日日こども新聞」は、2011年に発生した東日本大震災後の社会の混乱のなか「自分たちもなにかの役に立ちたい!」と考えた子どもたちが、震災のこと、復興のこと、頑張っていること、世界中から寄せられた支援に感謝していることなどを伝えるために2012年3月11日に発行した子どもたちの取材活動による新聞です。

  ★寄付者(個人)は、確定申告を行うことで、寄付金控除等の税制優遇が受けられます。
  ★法人からの寄付は、一般寄付金の損金算入限度額とは別に、特別損金算入限度額の範囲内で損金算入が認められます。

不要な本等による寄付「ありがと本」をご利用の場合はこちらへ。

【事業内容】

[1]生きる力とは?  
つくる・つたえる・つながる

突然日常が崩壊したら、日本の子どもたちは果たして生きていけるでしょうか。東日本大震災で日常を奪われた私たちは、その経験から、子どもたちが積極的に生きる力を身につけるために、つくる力(表現力)、つたえる力(コミュニケーション力)、つながる力(行動力)を磨くことが大切と考えるようになりました。取材し、表現し、発信する。この積み重ねが行動になり、変化の早い時代を生き抜くための大きな力になることでしょう。

[2]地域の歴史・文化・魅力を知り
  発信する

1.コミュニケーション力を身につける

少子化・核家族化など社会の構造変化により、コミュニケーションの経験が少なく苦手な子どもたちが増えています。取材は、挨拶、自己紹介、質問をしてよいかどうか尋ねるところから始まります。基本的なコミュニケーションの始まりでありながら、日常生活においては意外に実践する機会が少ないもの。場数をこなして慣れることが大切です。

2.取材する・表現する・発信する|石巻日日こども新聞

コミュニケーションになれたら次は「取材」。目的があると子どもたちのモチベーションが高まります。情報を収集し、記事制作。紙面に掲載されて、読者からのフィードバックがあると、子どもたちのモチベーションはさらにアップ。この繰り返しにより子どもたちが自ら積極的に未来を拓く力を身につけるのです。

3.伝える|石巻日日こどもラジオ、こどもラッパーズ、若宮丸探検隊

発信すること、伝えることが未来を拓くと気がつけば、表現が楽しくなります。新聞ではできない音声や音楽をつかった表現活動「石巻日日こどもラジオ」「こどもラッパーズ」、郷土史「若宮丸」の物語を紙芝居で伝える活動も。伝える活動は地域から国内外へ飛び出します。

4.問題を解決する|石巻日日こども商店

取材活動により問題発見力が高まります。変化の早い現代では、子どもたちの柔軟な発想が問題解決に役立つことも多いはずですが、アイディアは発信しなければ埋もれてしまいます。取材活動から子どもたちの何気ない発送を社会につなぎ地域の魅力を発信し問題解決に取り組む「こども商店」プロジェクトが誕生しました。

5. 地域のよりよい未来を描く力に

アイディアや意見を表現し、発信し、問題解決に取り組むことのできる社会参加意欲の高い子どもたちが増えれば、よりよい未来を描き実現する力になります。子どもたちの取材活動はまさに社会に参加する小さな成功体験の積み重ねです。子どもたちが情報発信活動を行うことは地域のよりよい未来を大人と一緒に描く力になります。

[3] 地域内外の横軸に、
異世代の縦軸に

1.地域を知る

取材で地域の魅力を発見する、地域の成り立ちを知る、歴史を知る、テーマは多岐に渡ります。知ることにより関心が深まり郷土愛が高まり、誇りとなります。

2 .発信する

地域の良いところ、先人たちの偉業、自分たちの故郷の魅力に気がつけば発信したくなるはずです。あたりまえだと思っていたことも、地域の外からみたらすごいことなのかもしれません。発信することで気がつくことはたくさんあります。

3. 繋がる

発信すれば受け取ってくれる人がいます。内容に応じて反応があります。情報のキャッチボールが始まれば人と人は繋がります。繋がりが生まれると協力し、助け合う関係を築くことができるのです。災害支援にはこうした日常の人間関係が非常に大切だということを、私たちは東日本大震災の経験から学びました。

[4] 子どもたちの情報発信活動を支え、
 子どもたちの声を届けるために

1.子どもたちの取材活動の諸経費として

取材やリサーチのための交通費、文具などの消耗品、手帳や腕章などの取材グッズ購入費用として使わせていただきます。

2.新聞の制作費として

新聞の編集費、印刷費として使用させていただきます。

3.活動普及のための広報費、サポートスタッフや事務局の経費として

活動普及のための広報費、子どもたちの取材活動を支えるサポートスタッフへの謝金、事務局の運営費として使わせていただきます。

詳しくはこちらへ
  石巻日日こども新聞のサイト
  Twitter
  Facebook
  instagram
  youtube 
  

法人・団体名 公益社団法人こどもみらい研究所
代表者    太田倫子 
住 所    宮城県仙台市青葉区中央4丁目10番3号 仙台キャピタルタワー4階
電 話    022-721-3143
連絡先    info@kodomokisha.net
URL       http://www.kodomokisha.net

 

この団体に寄付をする
寄付募集元
公益財団法人 信頼資本財団