当事者の声を集めて 『ひとり親けんこう白書』を作り シングルマザーの心身の健康を支援したい

集まった支援総額

0
目標金額
達成 0
NEXTゴール
0%

達成まで

0

支援者数
0

残り
0

2022年6月14日 00:00から

NPO法人シングルマザーズシスターフッドでは2020年4月より、オンラインの講座を通じて、シングルマザーの心と体の健康を支援してきました。全国のシングルマザーに日々、向き合う中で「ひとり親の健康」が、親子の生活に不可欠なものでありながら、その優先順位が下がる傾向にあることがわかってきました。このキャンペーンは、自身の心と体を大切にすること、それを互いにサポートしあえる社会を目指して実施いたします。

GIVING 100 by YOGIBO

このプロジェクトは、寄付金が全額届くクラウドファンディングです。

2022/05/09

Mother's Dayキャンペーン2022始まりました!

こんにちは!Mother's Day2022キャンペーンスタッフのいっちーです。

5月8日は母の日でしたね。NPO法人シングルマザーズシスターフッドでは、この日からシングルマザー当事者によるエッセイや応援してくださるかたのメッセージを毎日お届けしていきます。エッセイのテーマは「シングルマザーの健康に目を向けよう!セルフケア&セルフラブ」です。

エッセイ執筆者、校正者ともにシングルマザーです。校正しながら一緒に泣いたり笑ったりしながら仕上がった大切なエッセイたちがいよいよ公開されることに、キャンペーンスタッフ一同大きな喜びを感じています!

ひとりひとりが丁寧に過去に向き合い「自分にとって、セルフケアとは?」を振り返って執筆したエッセイは、画一化されがちなシングルマザーのイメージを払拭するかのように、多様性であふれ未来への希望に満ちています。自分自身が元気でいることで、周りも自然に元気になる、そんな前向きな気持ちになれるエッセイをぜひお読みください!

記念すべきトップバッターを飾るのは、

haruさんのストーリー 「私が思い描く、夢の10階建て」本キャンペーンのスタッフとしても活躍中のharuさんのエッセイです。オンラインミーティングでharuさんと一緒に画面越しに見える天真爛漫な息子さんに私たちスタッフも癒されています!

ひとり親になってしばらくは自分に起こった不幸な出来事に共感してもらうことが心の支えだったいうharuさん。そこから一歩も前に進めないはがゆさを感じていたけど、息子さんとの会話やセルフケア講座をきっかけに変化が起こります。夢の10階建てが将来どうなるのか楽しみになる、清々しくて元気をもらえるエッセイです。

https://note.com/singlemoms/n/n38446299d343

2本目のエッセイ執筆者は、こんにゃくさんの「未知を楽しめる私に。」ひとり親TECHエンパワメントプログラム2期を修了した後に、微力でも貢献したいという想いを持って、初のエッセイ執筆に挑戦してくれました。

涙腺崩壊するスタッフが続出した心温まるエッセイは、将来お子さんたちが読むことを頭に入れて書いたそう。「母親の気持ちや、なぜ父親と離れたかを知る機会にもなるのだろうなあと思ったら、子どもたちにとってお手紙になるように。そうすれば、内容がどんなに重くても、シングルマザーズシスターフッド的なポジティブなエッセイになるかなと思ったんです」と語るこんにゃくさんの真摯なお人柄が伝わってきます。

丁寧に過去に向き合い、前向きな未来を感じさせる素敵なエッセイをぜひお読みください。

https://note.com/singlemoms/n/nc9de5816b6de

終了しました。
一覧に戻る
終了しました。

寄付募集元

シングルマザーズシスターフッド