ネパールの貧困地区の子どもたちに給食を!
PROJECT NAME

ネパールの子どもたちに栄養と教育を ~パタン・サナチェタナ小学校の給食支援にご協力ください

NPO法人 国際交流の会とよなか(TIFA)は、30年前からネパールの人たちとの交流をベースに、現地での支援活動を行っています。特に2015年の大震災以降、ネパール出身のメンバーを中心に、ネパールと日本をつなぐ心の通った活動を続けてきました。
このたび、コロナ禍の影響を受けている貧困地域の小学校での給食のための支援金を皆さまから募集することになりました。ご協力をよろしくお願いいたします。

【1口1000円よりご自由な金額でご寄付ください。クレジット引落し又は銀行振込をお選びいただけます】

都市の中の貧困

2014年12月から、ネパールの首都カトマンズ近郊の古都パタンのはずれにある「サナチェタナ公立小学校」の教育支援を始めました。この地区は「ドビガド」という被差別カーストの洗濯を職業にする人たちが住んでいた地域です。最近は内戦時代に地方から避難してきた人々が多く移り住んでいます。

この学校には1年生から5年生の子どもたち140人が通っていますが、運動場もなく、狭い敷地に3階建ての校舎が立っているだけの学校です。生徒たちの親は裕福な家のお手伝いをしているとか、日雇いで肉体労働に従事している人が大半で、子どもたち自身も学校に行く前と学校から帰った後、お手伝いとして働き、家計を助けているケースも多くあります。

首都カトマンズに隣接するこの地域には私立学校が沢山ありますが、学費が高いため、貧しい家庭の子どもたちがこの公立小学校に集まってきています。貧富の格差が大きいネパールでは、都市部に住んでいても厳しい状況に置かれた子どもたちが多くいるのです。

文房具よりまず給食を

はじめは文房具の支援からスタートしましたが、校長先生のお話を聞くうちに、この学校では文房具より給食の支援のほうが必要なことに気づきました。ネパールの学校では給食はなく、生徒は食べ物を持って行かなければなりません。食べ物を持って来れない子どもたちは途中で帰ったり、空腹を癒すために学校の前にある共同水場の水を飲みますが、ネパールの都会の地下水は汚染されており、飲料には適さず、健康に良くありません。もし給食があれば、子どもたちの健康が守れるし、授業が終わるまで元気に勉強してくれると校長先生は言っていました。

農家の女性たちによる手作り給食

2015年4月25日に発生した大震災によってこの地域は大きな被害を受けました。それを機に、TIFAでは現地の農家の女性たちと協力して、サナチェタナ小学校での給食支援を始めました。資金面から週に1度のみでしたが、給食には、その女性グループのメンバーの手作りの食事(例えば野菜・豆カレー、チュウラ(乾燥した米)など)を提供していました。栄養バランスも考え、食材もなるべく自作の安全な米や野菜を使うようにしていて、週1回でも大変喜んでもらっていました。

しかし、2020年3月以降、新型コロナウイルスが大流行してからは断続的にロックダウン(外出禁止)となり、学校も休校になって給食の提供ができなくなりました。生徒たちの親も多くは仕事を失って収入が途絶え、日々食べていくことさえ難しくなっています。(公的な生活支援は行き届いていません)

一日も早い給食再開を!

現時点で(2021年7月現在)まだ公立学校は休校中ですが、授業が再開次第、給食支援を始めたいと思います。

コロナ禍が落ち着いても経済的な回復がすぐには見込めないため、子どもたちも働かされ、学校に来なくなる心配があります。給食を提供することで親も子どもたちを学校に行かせて、勉強できる環境になると考えています。今までは週1回の給食でしたが、家庭での栄養不足を補うためにも、今後1年間は週2回(できれば3回)提供する予定です。しかし、給食支援のための資金が足りません!皆様のお力添えをよろしくお願いいたします。

 

必要な金額とご支援金の使い方

皆さまからのご寄付は、コロナ禍の影響が続く期間を考慮し、今後1年間の給食費として使わせていただきます。

  •   必要な給食費 1年分 (2021年8月~2022年7月)
  •   1人 1食 40ルピー(約40円)× 生徒数140名 =5,600円
  •   年間 33週(登校)×週2回×5,600円=369,600円   週3回の場合 554,400円

★なお、ロックダウンで休校になり給食を提供できない期間が発生した場合は、貧困家庭へ食料(米、豆、野菜など)を配布するために寄付金を使わせていただきます。(対象地域:サナチェタナ小学校区を含むパタン地区)

ご支援いただいた皆さまには現地からの写真を交えた報告をお届けいたします

サナチェタナ小学校支援チーム

  • 左上:プロジェクトリーダー 海野バティと生徒たち 
  • 右上:現地女性グループのリーダー パンチャさん
  • 左下:TIFAのメンバー(一部)@カフェ・サパナにて
  • 右下:カフェ・サパナのネパールランチ。

サパナで美味しいネパール料理を味わいながら、現地での支援活動のお話を聞いてくださいね。ご協力よろしくお願いいたします!

      TIFAカフェ・サパナのfacebook

【問い合わせ先】NPO法人 国際交流の会とよなか(TIFA)事務局  TEL/FAX: 06-6840-1014
寄付をする
寄付募集元
国際交流の会とよなか(TIFA)