【寄付募集】障がいのある人もない人も、芸術やスポーツを一緒に楽しめる社会をつくりたい
PROJECT NAME

障がいのある人もない人も、芸術やスポーツを一緒に楽しめる社会をつくりたい|Arts and Sports for Everyone

Arts and Sports for Everyoneは熊本県を拠点とする一般社団法人です。障がいのある人、ない人が一緒に芸術やスポーツを楽しめる社会を目指して、パラスポーツ「ボッチャ」の体験会や大会、障がい者のファッションショーを主催しています。皆さまからの温かいご支援をお待ちしています。

Arts and Sports for Everyoneとは

Arts and Sports for Everyone(通称ASE)は、熊本県を中心に障がいのある人たちの芸術およびスポーツ活動支援を行う非営利型の一般社団法人です。
障がい者スポーツ「ボッチャ」の体験会や大会、障がい者のファッションショーやトークイベントを主催しています。

障害のある人もない人も、
日常的に一緒に芸術やスポーツを楽しみ、
柔らかく、自分らしく、
アバウトに生きている。

ASEはそんな風景があたり前に広がる社会の実現を目指しています。

ASEの活動

■ボッチャ体験会の開催
ボッチャは重い障がいのある人たちのために開発されたスポーツですので、障がいのない人も楽しむことができます。
体験会を通して、純粋にこのスポーツの楽しさを知ってもらうと同時に、障がい者、障がい者スポーツの理解を意識せずにすることができるいい機会です。

■ボッチャ大会の開催
2017年には、益城町の広安西小学校で、障がいのある人とない人が一緒にチームを作ってボッチャを楽しむ交流大会を開催し、32チーム、150人の方が参加されました。
また2018年には益城町のグランメッセで、特別支援学校・学級の児童生徒対象のボッチャ大会「楽球甲子園」を開催。
大会はこれからも毎年続けていく予定です。

■障がい者のファッションショーKumamoto Smile Collectionの開催
東京では2年前から知的障がい者のためのビューティコンテスト「スペシャルビューティジャパン」が開催されていますが、2018年は11月24日に熊本県でもファッションショーを開催します。

ご寄付のお願い

ASEは非営利型の一般社団法人です。活動にかかる費用は皆さまからのご寄付により賄っています。
私たちとともに、障害のある人もない人も日常的に一緒に芸術やスポーツを楽しめる社会を目指しませんか?

寄付はこちらのページ右上の「ASEに寄付をする」というボタンからお申し込みできます。
お支払い方法をクレジットカードもしくは銀行振込からお選びいただき、必要情報をご入力ください。

代表メッセージ

Arts and Sports for Everyone(ASE)は障がいのある人たちの芸術およびスポーツ活動支援を通して、障がいのある人もない人も日常的に一緒に芸術やスポーツを楽しめる共生社会の実現を目指しています。

障がい者は芸術やスポーツを通して活動の喜び、そして自信を身につけ、一緒に活動するボランティアは彼らから感動と勇気をもらい、やさしさを学び、お互いを認め合うことの大切さを学びます。

互いに尊重し合って共に生きていく社会では、障がいのある人(知的障がい、身体障がい、精神障がいの別なく)、そして超高齢化社会の中で急増する認知症の人たちを含むすべての人にとって暮らしやすい社会です。

誰もが楽しく暮らせる共生の社会をASEは目指しています。一般的にはインクルーシブ(包み込む)という言葉が使われますが、ASEではエンブレーシブ(embracive)という言葉を使います。母親が子どもを無条件に抱擁する、そんな温かい社会の実現を目指しているからです。皆さまとご一緒にこの活動を広げていくことが私たちの願いです。皆さまのご協力をよろしくお願い申し上げます。

一般社団法人 Arts and Sports for Everyone
代表理事 吉田 祐一

ASEに寄付をする
寄付募集元
一般社団法人Arts and Sports for Everyone