奄美大島の「ノネコ」として捕獲された猫を幸せにするために応援して下さい(都度寄付)

CAIT SITH(ケット・シー)では奄美大島で、「ノネコ管理計画」によって捕獲された猫たちがイエネコとして幸せな第2の猫生が送れるよう、横浜市都筑区センター北にて譲渡型猫カフェを運営しています。

奄美大島で暮らすノネコとは

【私たちCAIT SITHが取り組む社会課題:issue】

環境省と地元自治体(奄美市)は、生態系を守るという大義の元、10年かけて3000匹のノネコを捕獲する「ノネコ管理計画」を策定しました。計画の中に、「個体については、飼養を希望する者への譲渡に努め、譲渡できなかった個体 は、できる限り苦痛を与えない方法を用いて安楽死させることとする」と記されています。つまり、アマミノクロウサギ等固有種の絶滅を防ぐという理由から、ノネコを3000匹捕獲駆除、譲渡できなかった猫を殺処分するというものです。

野良猫は動物愛護法にて愛護動物としてみなされます。みだりに殺したりすれば2年以下の懲役か罰金が科せられます。ノネコは鳥獣保護法の有害鳥獣駆除という名目で自治体が捕獲するが可能です。自治体が野良猫を殺処分すれば殺処分数としカウントされますが、ノネコとして捕獲し殺処分する場合、殺処分数にはカウントされません。野良猫とノネコには実際のところ明確な線引きはありません。

殺処分ゼロの実現に向けて

【私たちCAIT SITHが考える社会的役割:mission】

「殺処分ゼロ」の実現を目指し走り続けることです。

奄美大島では、人の都合や人が決めた事柄で行き場を無くした猫たちが沢山います。CAIT SITHでは助けを必要とする猫たちを受け入れ、1匹でも多くの猫たちに新しい家族とのご縁を繋いでいきます。その為には、多くの人にノネコの存在を知ってもらい、ノネコを新たな家族として迎えるということを普及させていかなくてはなりません。

殺処分ゼロの先には

【私たちCAIT SITHが考える社会の理想像:vision】

「人と猫を含むあらゆる動物が共生出来る社会の創生」

「人と猫の共存する社会と文化」が広まることを私たち心から願っています。

猫との暮らしは安らぎをもたらし、人にかけがえのない時間を与えてくれます。。より多くの猫たちが安心して暮らすことが出来て、幸せな第2の猫生が送れること。そして、人にとっても多様な生活様式に合わせた猫との共生が出来る社会と文化が広まり、人間の都合によって殺処分をされる動物がゼロとなる未来が訪れることを願っています。

代表者の思い

【CAIT SITHを立ち上げたきっかけ】

個人にて保護活動をライフワークとして行なっていた私は、心の底でとても強いジレンマを感じていました。

あちこちで行われている殺処分の数は膨大で、個人では到底追いつきませんでした。見て見ぬふりをする現実もいくつかあり、保護譲渡を続けながらも自分の無力さに失望し、嘆き悲しむ思いを何年も感じていました。
自分だけが頑張っているのは、意味があるのだろうか?この先見て見ぬふりをしないで済む未来があるのだろうか?このジレンマは、いつしか私の中で悲しみから怒りに変わっていきました。

奄美大島のノネコ管理計画は、NPO法人ゴールゼロの代表の斎藤獣医師から聞き、すぐに奄美大島へ出向き、譲渡認定人として登録をしました。奄美大島の在来種を守る為とはいえ、島のノネコ(ネコ)たちは今までそこで生きてきただけにもかかわらず、毎月30匹が捕獲され、10年間かけて殺され人間の計画の犠牲になるという事がどうしても許せませんでした。

奄美大島の譲渡認定人はとても少なく、実際に引き取っているメンバーは顔見知りの数人だけです。
1週間で殺処分されてしまうノネコ(ネコ)たちの情報がメールで送られてきます。その事実は、更に私を苦しめました。

「もう限界、次のノネコ(ネコ)が収容されたら殺されてしまう..。」

「だれか..助けて..」

心の底から助けを求め、思いが私を奮い立たせ、ノネコ(ネコ)の為だけと無我夢中で行動したことで、CAIT SITH設立に繋がる結果となりました。

【殺処分をさせてはならない理由】

奄美大島のノネコ管理計画はアマミノクロウサギなどの在来種保護を目的とし、その在来種を捕食していると言われているノネコ(ネコ)を、鉄の籠なわで捕獲します。捕獲されたノネコ(ネコ)はセンターに収容され、譲渡認定人として登録された(2022年現在全国で16人しかいません)者に対して、収容のメールが届きます。譲渡認定人はメールから1週間以内に引き取りの意思を伝えなければノネコ(ネコ)は安楽死殺処分となります。
ノネコ(ネコ)の捕獲が開始される前は、同じく在来種保護の為に《マングース》が殺処分されていました。マングースを捕まえていたマングースバスターズ(人間)が現在はノネコ(ネコ)を捕獲しています。

ノネコ(ネコ)の殺処分が1匹でも実行されてしまったらどうなるのでしょうか?管理計画の始まりの当初に何度も同じニュースや報道でノネコ(ネコ)はそこら辺で過ごしているネコとは違い、ウサギ(アマミノクロウサギ)を貪り食い凶暴で危険な存在だと人はすり込まれ、そのことを信じて誤った認識のまま、ノネコ(ネコ)は殺されても致し方ないことだと人は思いはじめます。そしてさらに誤った認識を持った人々は「ノネコ(ネコ)は殺処分されました。そのおかげで在来種保護の目的が達成されました!」と罪なき命を奪ったことを正当化させる為の御託を並べるのです。
ノネコ(ネコ)を殺す理由を作るわけにはいきません。


【CAIT SITHの役割の一つとして人の為でもある】

私は一人の力では限界を感じ、大きな挑戦としてCAIT SITHを立ち上げました。
実際に立ち上げる事で、同じジレンマを感じていた保護活動家や、保護活動に携わりたいけどどうしたらいいのか悩んでいた人達が沢山いるということがわかりました。

日本は世界でも豊かな国であるのに、ボランティア活動自体に遅れをとっている。
人が生きているという存在価値を見出すとは大袈裟かもしれませんが、なぜ自分がこの世に誕生し、生かされているのか?
その答えをCAIT SITHを通して見つけ出して貰えたらとても嬉しいです。

特定非営利活動法人 CAIT SITH 代表理事:服部由佳
 

弊団体メンバーの思い

奄美大島のノネコを救いたいと、目にも留まらぬ速さで譲渡型猫カフェをオープンさせた代表と猫が大好きでボランティアを始めました。

初めてのボランティアで不安は沢山ありました。しかし、携わるノネコ達は一様に愛おしく、特に2ヶ月間の家猫修行を経ても頑なに心を閉ざすノネコが、一週間、一ヶ月と少しずつ心を開き始め、その猫本来の甘えん坊で遊び好きの姿を見せてくれた時の喜びは格別です。
縁あってここに来たノネコ達には家族が見つかるまで、その猫らしく元気に快適に過ごして欲しい。そのような思いで活動をしています。
愛情を注いだノネコ達が譲渡される時は、嬉しさと寂しさがごちゃまぜになってしまいますが、新しい家族の元で今まで見た事のない安心し切った表情等を見ると、これで良かったと幸せな気持ちになり、一匹でも多くのノネコに家族を見付けてあげたいと思うのです。

カフェボランティアスタッフ:瀧内文恵

野良猫・地域猫とノネコの線引きがハッキリとされておらず、飼い猫であっても、迷い猫であっても捕獲収容され命の期限を付けられてしまいます。
捕獲収容されてしまう猫の中には、「要らない」と捨てられてしまった猫もいます。
何度も人間に裏切られ、心身共に傷ついた子たちをケアしながら、その猫のあらゆる個性を把握し、一代限りの命を大切に預かり育て、「この子を家族に」と言ってくださる素敵なご家族へとこれからも命のバトンを託していきます。

預かりボランティアスタッフ:青木夏美
 

これまでの活動実績

2018年7月〜現在 ノネコ捕獲数340匹

あまみのねこひっこし応援団!として引き出した頭数 304匹
CAIT SITHとして引き出した頭数 109匹

あまみのねこひっこし応援団!として譲渡した頭数 304匹
CAIT SITHとして譲渡した頭数  87匹

2022年5月25日現在

ご支援の使い道

【猫のカフェデビュー前にかかる初期医療の金額】

  • 不妊去勢手術 4000円~8000円
  • 健康診断 1000円~
  • 血液検査 5000円~8000円
  • 3種混合ワクチン2回以上接種 3000円×2回~
  • エイズ/白血病ウイルス検査2回以上 3000円~×2回
  • 便検査2回以上 500円〜×2回以上
  • 外部寄生虫駆除 1000円~×3回以上
  • 内部寄生虫駆除、その他感染症や外傷の治療等 4000円~8000円
  • 空輸代その他交通費 6570円
  • マイクロチップ挿入 3000円

その他に猫によっては、別途必要な医療費がかかる場合があります。

例)FIP、歯の抜歯、免疫治療、レントゲン、PCR検査など

*医療費は協力病院にて保護猫価格になっています。

【カフェにいる猫達(15匹)にかかる金額】

  • 猫のフード 1か月 3300円×15匹=50000円
  • 猫のトイレ砂 1か月 2000円×15匹=30000円

他にも猫のサプリや検査代、薬代、治療代は毎月かなりかかります。

【毎月かかるその他の金額】

  • テナント代 20万円
  • 光熱費等 4万円
  • 交通費、消耗品などの経費 15万円
  • カフェ設立時借入金のローン返済 7万1千円

寄付募集元

特定非営利活動法人 CAIT SITH