子どもの安心・安全を守るCAPセンター・JAPANの活動を支えてください
PROJECT NAME

継続的なご支援「マンスリーサポーター」に!

家庭・学校・地域で子どもの安心・安全を守る、そのお手伝いをするのが私たちの活動です。子どもの安心・安全を守るため、温かいご支援をどうぞよろしくお願い致します。

CAPセンター・JAPANとは

CAP(キャップ)センター・JAPANは、すべての子どもたちの権利が守られ、自分は大切な存在だと実感しながら暮らせる社会を実現するため、あらゆる形態の子どもへの暴力(子どもの心とからだを傷つけることすべて)の根絶とそのための予防教育に取り組む、1998年に設立されたNPOです。

子どもが自分を大切な存在だと実感できる、そんな社会を実現するために、CAPプログラム(予防教育)を広め、市民と共に行動し、子どもの権利擁護と暴力防止(予防)に取り組んでいます。

子どもの視点から見ることを軸に、啓発、提言・社会発信、市民社会との連携を通じて、子どもへの暴力という社会的課題を解決するための活動を行っています。

動画で知るCAPセンター・JAPANの活動

私達の活動 予防教育CAPプログラム

CAP(キャップ)とは、Child Assault Prevention子どもへの暴力防止の頭文字をとってそう呼んでいる予防教育です。
学校(保育園・幼稚園を含む)で実施することを基本に、子どもの年齢・発達段階や環境に合わせて、ワークショップ(参加体験型学習)を実施しています。
子どもがいじめ・虐待・体罰・誘拐・痴漢・性暴力などさまざまなあらゆる形態の暴力から自分の心とからだを守るための知識とスキルを提供し、子どもを守るおとなのセイフティネットを強化します。
予防教育として、ロールプレイや話し合いを交えたワークショップを通して、もしも暴力にあいそうになって子どもに特別に大切な3つの権利「安心・自信・自由」が奪われそうになったら、何ができるかを教職員、保護者・市民、そして子どもに伝え、一緒に考えていきます。

ご寄付の使いみち

CAPセンター・JAPANの活動は、皆さまからのご支援によって支えられています。
ご寄付はすべて子どもへの暴力のない社会をめざす活動に活用させていただきます。
今後も子どもの安心・安全を守る活動を続けていくために、マンスリーサポーターでご支援をどうぞよろしくお願いいたします。

パソコンの場合は画面右の、スマートフォンの場合は画面下の「寄付をする」のボタンを押していただき、必須事項をご記入の上、決済をお願いいたします。

カード決済ではなく、振込みで寄付をする方は以下の口座にお願いいたします。ゆうちょ銀行または郵便局の払込機能付きATMでもご利用いただけます。
【郵送振込】
[加入者名] CAPセンター・JAPAN
[口座番号] 00910-4-86716

寄付をする
寄付募集元
CAPセンター・JAPAN