殺処分される命を救うために寄付を募集します
PROJECT NAME

今、殺処分されようとしているワンちゃんを助けたい!

2019年の1月から6月まで、毎週4頭以上ずつの犬を茨城県動物指導センターから引き出してきました。半年間、茨城県で犬の殺処分はストップしました。

しかし、6月に殺処分が再開されてしまいました……
税金を使って、約1ヶ月で80頭が殺されたのです。

現在、私たちは茨城県南地域で民間の動物保護シェルターを運営し、日々犬猫の保護と譲渡を行っています。さらに多くの命を守れる場所を継続して運営していけるように、あなたのお力を貸してください!

CAPINとは

CAPIN(動物愛護を考える茨城県民ネットワーク)は、茨城県を中心として、日本全国で犬猫の保護・譲渡を行う認定NPO法人です。県南地域に犬猫の保護シェルターを4箇所で運営し、450名を超える会員たちが、協力して命を守るために活動しています。1年間に、およそ1000頭前後の避妊去勢手術を行い、保護しています。また、譲渡数は年間300頭を越えます。

今現在、シェルターでは合計150頭を超える犬、70匹を超える猫を保護しています。

「天才!志村どうぶつ園(日本テレビ)」などのメディアでも取り上げて頂き、坂上忍さんにワンちゃんを譲渡したり、森泉さんにドッグランを作ってもらうなど、ありがたい機会にも恵まれてきました。

活動12年目となり、いよいよ茨城県の殺処分数を継続的にゼロにしたい……そう願って全力を尽くしています。常総野犬問題への対応から、常総市での殺処分ゼロを達成して5年が経ちます。茨城県全体でも、犬の殺処分ゼロの期間を作ることができました。

一頭だって掛け替えのない命です。今生きている命から目をそらさず、力を合わせて生かしていけるはずです。

ご支援の使い道

CAPINにできること
・県内4箇所の保護施設で、犬猫の緊急保護
・人も動物も幸せになれるご家庭を探し、譲渡(里親会の開催や参加も随時行っております)
・高齢や病気などの理由でなかなか譲渡に結びつかない犬猫の終生飼養

CAPINが直面している4つの問題
・人手 → ボランティア募集
      人件費を確保して有償スタッフの雇用を実現
・場所 → 施設の増設
・医療 → 医療費の確保
・物資 → フード、洗剤、タオル等の支援物資の確保

頂いたご寄付は、HP等で使途を明示して参ります。

公式HP
http://www.capinew.jp/
活動記録(アメブロ・毎日更新)
https://ameblo.jp/capin-blog/

犬猫の福祉向上のために、より多くの人手が必要です。ご寄付と同時に、日々のお散歩・お世話スタッフも募集致します。
東京からも日帰りできる距離にある施設。自然あふれる散歩道で、かわいいワンちゃん・猫ちゃんたちが待っています。
ご興味がある方は、ぜひ以下のページをご覧ください。
https://ameblo.jp/capin-blog/entry-11939412103.html

寄付をする
寄付募集元
認定NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワーク