日本唯一のユニバーサルシアターをご支援ください
PROJECT NAME

だれもが映画を楽しめる日本で唯一のユニバーサルシアターの運営をご支援ください|CINEMA Chupki TABATA

目の不自由な人も、耳の不自由な人も、車いすの人も、小さなお子様連れのママたちも。だれもがいつでも安心して、一緒に映画を楽しむことのできる設備やツールを用意した、日本で唯一のユニバーサルシアターです。座席20席ほどの小さな映画館ですので維持していくのが大変です。是非、ご支援をよろしくお願いいたします。

ユニバーサルシアターとは?

●目の日自由な方に
全作、イヤホン音声ガイド付きで、映画をお楽しみいただけます。(イヤホンを無料で貸出しております)
●耳の不自由な方に
全作、日本語字幕付きで、映画をお楽しみい ただけます。(邦画もバリアフリー字幕付きで上映します)
●車いすの方に
劇場の後方に、スクリーンが見やすい車椅子スペースがあります。
●小さなお子様連れの方に
人の大勢いる場所が苦手なお子様や、小さなお子様を連れたママやパパも、
安心して映画を楽しめる完全防音の小部屋(親子鑑賞室)を完備しています。

映画のバリアフリー環境の現状

 アメリカでは1990年にADA法(障害者差別禁止法)が施行され、90パーセント以上の映画に音声ガイドやバリアフリー字幕が付いています。日本では2014年に新型アプリUDCast が開発され、大手映画会社の作品には音声ガイドやバリアフリー字幕が付くようになりました。しかし、全体の一割にも 満たない状況です。
 チュプキでは、バリアフリー対応していない作品には、 音声ガイドやバリアフリー字幕の制作を一から行い、全作品の鑑賞環境を整えています。それには大変な時間と労力、コストがかかります。それでも私たちは映画の素晴らしさを伝えたい一心で、ひとつひとつ 丁寧に作り続けています。

チュプキ=アイヌ語で「自然の光」

みんなそれぞれ違ったカタチの 違ったイノチで生まれてきた 
もっと知りたい つながりたいと思うのは
 一つの正しさなんて 本当はどこにもないことを 
心のどこかで知っているから

だから 違ったみんなが一緒に泣いたり 一緒に笑っているのをみていると
なんだか幸せな気持ちになる
誰にだって悲しみや苦しみはおとずれる
そんな時 映画を観ているように 人生の映画も楽しめたらいい 
もっと自由に夢を描けたらいい

ここはとても小さいけれど いろんな人に会える場所
出会う映画は宇宙規模
夜の海を照らす月のように 大地を育む太陽のように
チュプキの光が みんなの心に届きますように

CINEMA Chupki TABATA
代表 平塚千穂子

ご支援をよろしくお願いいたします

シネマ・チュプキ・タバタは、2001年から目の不自由な人たちと共に、映画鑑賞を楽しむ環境作りを手がけてきたボランティア団体 City Lightsが、募金を集めて設立した夢の映画館です。日本で唯一のユニバーサルシアターとしての運営を継続し、今後もっと広げていくために、小さな映画館シネマ・チュプキ・タバタを皆様に支えていただけましたら幸いです。ご支援よろしくお願いします。

【単発の寄付で支援する】

10,000円〜 ご希望の金額で、ご寄付いただけます。

ご寄付いただいた方のお名前は、
当館ホームページ・毎月発行の上映案内・当館ロビー内壁画「チュプキの樹」の葉っぱにご芳名させていただきます。

 

寄付をする
寄付募集元
Chupki