大阪認知症研究会のマンスリーサポーターを募集します
PROJECT NAME

【マンスリーサポーター募集】認知症の根治を目指す研究者たちのために、あなたのご支援が必要です。

大阪認知症研究会は認知症疾患の研究にあたっている大阪府域の研究者に対して、延べ170件を超える研究等に助成を行ってまいりました。若い研究者の医療研究には資金サポートが必要です。当財団のマンスリーサポーターとして、共に認知症のない長寿社会の実現を目指しませんか?

大阪認知症研究会とは

当財団は、かつて多くの研究者の努力によって下火となった「結核」という病気がそうであったように、近い将来、この認知症も原因が究明され、根治薬が開発されることを願って、初代理事長である後藤田義夫によって設立されました。
認知症疾患についての調査・研究に対する助成並びに早期治療法等の普及啓発を図り、もって、大阪の医療水準の向上と府民の健康の増進に寄与することを目的とします。
理事長のご挨拶はこちら

活動内容

1)認知症疾患に関する予防及び早期治療法等の総合的な調査研究並びに海外との研究交流に対する助成事業
《平成29年度までの助成件数累計》
医学研究助成 : 130件 7,744万円
海外派遣助成 :   50件 1,300万円
--------------------------------------------------
助成金合計  : 180件 9,044万円

2)認知症疾患に関する予防、早期治療法及び介護法等の普及啓発事業
《主な主催講演会》
2009.03 認知症の正しい理解とその対応(参加者 468名)
2010.01 認知症についてもっと知ろう!(参加者 362名)
2011.01 知っておきたい認知症のこと(参加者 324名)
2012.01 認知症診療の現在とこれから(参加者 324名)
2013.02 認知症と向き合う~こころの準備~(参加者 406名)
2013.12 認知症を正しく学ぶ(参加者 409名)
2015.03 どんな病気なの?どんな治療法があるの?どんな医療が受けられるの?(参加者 383名)
2016.01 今日から役立つ認知症の話(参加者 322名)
2016.05 認知症と向き合うために(参加者 756名)
2017.02 認知症患者と家族を支える(参加者 338名)

マンスリーサポーターになるには

大阪認知症研究会では、認知症研究者を支援し、認知症のない社会実現のために、毎月継続的にご支援頂けるマンスリーサポーターを募集しています。
お申込みの際は、このページの「マンスリーサポーターになる」のボタンを押し、必要事項をご入力ください。

*特典*
その1.財団が主催する認知症講演会への参加(希望者には参加証を郵送)
その2.財団が主催する助成金贈呈式への参加(年間3万円以上の納入の場合のみ)
その3.財団が発行する事業活動報告等の配布(希望者には報告書を郵送)

*宣言*
頂いた寄付は全額認知症疾患の治療のため研究者への助成金として提供されます。

寄付金控除について

Q. 領収書はもらえますか?
毎年1月に前年分をまとめて発行します。領収書が不要な方、または領収書名義を変更される方は事務局までご連絡ください。

Q. 税控除はできますか?
当財団へのご寄附、賛助会費は所得控除の対象となります。

マンスリーサポーターになる
寄付募集元
公益財団法人 大阪認知症研究会