保護犬たちのための支援をお願いします!

保護犬たちのための支援をお願いします!【単発寄付】

NPO法人 DOG DUCAは、愛情のない飼い主に見捨てられた保護犬たちに「ここに来てよかった!」と言ってもらえるよう、飼い犬と同じように深い愛情をかけた手厚い保護を行っております。

身勝手な人間たちと暮らす犬たち

かつての保護は、「飼い主が亡くなった犬」や「捨てられていた犬」の保護の他、「咬みつく」「吠える」など、飼い主の手に負えない犬の保護が多かったものですが、最近は、「結婚相手が犬が嫌いだから」とか「ペットショップで聞いていた話と違うから」とか「犬が増えすぎて処分しないと退去させられるから」などなど、「そもそも、この人は飼う資格がない!」「なんでこの人が犬を飼ったの?」という人からの保護が増えました。

そういう人たちからすると、犬は、いらなくなったら捨てられる存在なのです。

我々は「こんな飼い主の元で暮らす方が不幸だ!」と思い、こういった飼い主から犬を保護しています。

犬たちに罪はない

犬は飼い主を選べません。

出会った飼い主が悪かったばっかりに、ずーっとサークルに入れられたまま、満足にご飯も与えられず、生まれてから一度もシャンプーもされず、病気になっても放置されていた犬、不幸にも生命を落とした犬もいます。

犬に罪があるわけではないのに・・・だから我々は、そういった犬を保護した時は、「我が子」として迎え入れ、保護したワンコたちが「ここに来てよかった!」と思えるよう、愛情をたっぷりかけています。

また、我々以上に愛情をかけていただける里親さんが来られた場合、保護犬と里親さんとの相性をしっかり考えた上で、ワンコが「里親さんのところへ来てよかった!」と思えるような方に譲渡しています。

不幸な犬がどんどん増えている

しかし、最近は健康状態の悪い犬の保護が多く、突発的な医療費の負担が多くなってきました。

たとえば、多頭飼育環境で育ったスミレ(1歳)は、近親相姦のくり返しで生まれたため、先天的な心臓疾患を持っていて、手術をしなければ4、5年で生命を落とす診断でした

保護犬は、「お金のかかる治療」を受けられないことが多いです。「殺処分ゼロ」の愛護センターで保護しても、医療費のかかる、重篤な疾患の治療は行われず、自然死を待ちます。小さな保護団体では、保護そのものを拒否します。

でも、無知な飼い主が、避妊や去勢もせず飼い続けた結果で、スミレに罪はない・・・だから我々は、スミレに手術を3回受けさせ、完治はしなかったものの、普通の犬と同じくらい生きられるようになりました。

ただ、手術には50万以上の費用がかかっており、また、腎臓疾患もあるため、一生療養食を続けなければなりません。心臓も完治したわけではないので、まだ1歳で遊びたい盛りですが、長時間遊ぶこともできません。譲渡もできないので、ここで一生暮らすことになるでしょう。

高齢犬の保護も増えています

高齢化社会が進んだ関係か、近年、高齢者が死別したり施設入所したりすることで、長年連れ添ったワンちゃんを飼えなくなるケースが増えています。

しかし一般的に、高齢者が飼っていた犬は治療費やケアの負担が大きい反面、譲渡会などで里親が見つからないこともあって、保護を断る所が多いのが現実です。

DOG DUCAは、そういった行き場のない高齢犬の保護をしてきましたが、2019年に、新たな取り組みとして、犬の飼育経験が豊富で元気な高齢者に、高齢者が飼っていた高齢犬を譲渡する「シニアドッグ・サポーター制度」を用意して、元の飼い主と暮らせなくなったワンちゃんたちに、新たな飼い主を見つけ、幸せに暮らしてもらう活動をしています。

しかし現実は厳しいものがあります。

元気で健康な高齢犬ばかりなら問題ないのですが、実際はそうではありません。

特に高齢者の健康状態が悪くなってから保護したケースだと、飼い犬のケアがほとんど出来ていない状態のため、病気が進行していたり、中には完治ができない状態になっている犬も少なくありません。

2020年に保護したパピヨンのリヴは、単身の高齢者が病院に搬送されてからずっと家に放置され、エサもなかったので、自身の後ろ足をかじって過ごし、保護した時にはすでに壊死して、片足を切断することになってしまいました。白内障もありましたので、譲渡せず一生ここで面倒を見ます。

譲渡できる子であっても、特に歯がボロボロになっている子が多く、手術するのに、一回5~6万円もかかっています。

白内障などの目の病気になっている子もは、治療費に年間5~6万円かかり、どこにも行き場がない高齢犬を救えば救うほど、経済的負担が大きくなる現実があります。

ここには、スミレやリヴのように他では生きられなかった子が集まります。

我々は、罪なき小さな生命たちをあきらめたくはありません。

年々高齢犬の保護が増え、治療費が上がっており、寄付は3,000円*からお願いします。

「小さな生命を守る」我々の活動に、少しでもお力添えをいただければ幸いです。

NPO法人 DOG DUCA代表 髙橋忍

*月々2,000円からの継続寄付はこちらをご覧下さい。

*決済日・領収書について…クレジットカードの決済日は申し込みの翌月15日に行われ、入金はさらにその翌月20日となります。そのため、領収書の発行につきましては、DOG DUCAの入金日以降の発行となります(1月申し込み⇒2月15日決済⇒3月20日入金⇒領収書発行)。

寄付募集元

NPO法人 DOG DUCA