人々に車いすバスケットボール体験を届けるための寄付を募集します
PROJECT NAME

車いすバスケで障害の壁をなくした交流を進めたい!!

誰もが参加できるチーム「SAKAIsuns(サカイサンズ)」運営と、学校などでの体験会開催にご協力ください。

私たちの活動

私たちは車いすバスケットボールを活用して、人々の障害や互いの違いへの理解を深め、互いへの理解と協力を深められるようにするために次の活動に取り組んでいます。

  1. 障害の有無や年齢性別を超えて気軽に参加できるチームとして、車いすバスケットボールチーム「SAKAIsuns(サカイサンズ)」を運営
  2. 学校や企業を訪問して車いすバスケットボール体験会や講演会を開催

多様性の大切さ

同じ個性しかいない集団からは柔軟で新しい発想が生まれません。多様な個性が集まりそれぞれが活躍できる集団からこそ、未来に向けた発想が生まれます。

そのような社会を築き、またその中で豊かに生きるためには、障害の有無や性格といった表面的な違いに惑わされず、一人一人が自分にできることを考え、自分と相手の違いを貴重なものとして尊重する姿勢を持つことが不可欠です。

なぜ車いすバスケットボールなのか

車いすバスケットボールでは、チームメンバーに点数(障害の重いものから順に1.0~4.5、0.5刻み)が設定され、試合に出るメンバーの合計点数が14.0点以内でなければなりません。

障害の軽いメンバーだけを集めてチームを作っても、試合に参加できないのです。

そのため障害があることを前提に、「それぞれが発揮できる能力を見抜いて戦略を立てること」、「メンバー同士が互いの障害特性を理解してカバーしあうこと」が重要になります。ここでは「障害特性」ですが、それを「性格」や「文化」「ライフスタイル」と置き換えると、社会や働く現場でも同じように重要なことではないでしょうか。

車いすバスケットボールを通して、多様性に富んだメンバーと協力する大切さを実感することができるのです。

より多くの子どもたちに体験を届けるサポートをお願いします

私たちの活動には、車いすの運搬費用や修繕費、会場費、講師として協力してくれた方へのお礼など様々な経費が発生します。また私たちは、一人で多くの子どもたちに少しでも多くの体験を提供したいとの思いから、学校からの依頼には費用の相談に応じています。

今後もこの方針を貫くためには、体験会の開催料金以外に、必要経費を賄うことのできる安定した財政収入が不可欠です。

皆様からご支援をいただけると、なお一層多くの方たちに体験を届けることができます。

サポートプラン

サポートプランを下記のように設定しております。

  • 継続して一ヶ月ごとに定額をご寄付いただくマンスリーサポートです
  • 金額は1000円・2000円・3000円のいずれかからお選びいただけます

サポーター登録をご希望の方は、ページ右上の「マンスリーサポーター登録」からお手続きください。

代表より

当ページをご覧いただき、ありがとうございます。

一般社団法人フォースタート理事長の大内です。

僕は生まれつき両足に障害がありますが、今は車いすバスケットボールやクライミングに取り組み、障害のある方々の芸術活動の支援を仕事にしています。

だからもっと沢山の人が障害の有無を超えて理解しあい、互いのチャレンジを応援しあえる社会を実現したいと思い、この法人を立ち上げました。

皆さんの応援をお待ちしております。

マンスリーサポーター登録
寄付募集元
一般社団法人フォースタート