アニマルヘルパー事業を始動させる為のご協力をお願いします!
終了しました
集まった支援総額
0
支援者数
0
残り
0
目標金額 0

設定期間 2021年06月11日 ~ 2021年08月10日

現在 0 %
達成まで 0
PROJECT NAME

アニマルヘルパーを始動させる為に車購入費用をご協力ください!

はまじぃの家の社会貢献活動の一つである「アニマルヘルパー」。現在の状況では活動開始出来る状況ではありません。皆様のご協力があれば開始時期を大幅に早める事が出来ます!どうぞ宜しくお願いいたします。

★このまま続けます。。。★

 

2021.6.14追記

お陰様で目標達成致しました!!

6/11に開始しましたクラウドファンディング。

開始初日で目標金額の70%までご寄付が集まりました。
そして3日目の6/13。ついに100%に到達!!
その瞬間、目がウルウル・・・


こんなに早く達成してしまっていいのだろうか。。。
はまじぃの家の周りにはとてもあたたかくて優しさで溢れた方々ばかり・・・
そしてご寄付をいただいた際に添えていただいているメッセージが何とも心に響くものばかり。。。
嬉しい反面、恐縮してしまい少し胸が苦しくなっています・・・

 

「ネクストゴール」・・・そんなものおこがましくて設定できません。。。それが正直な気持ちです。

ですが、目標達成後、今もなおご寄付下さる方がいらっしゃいます。
ですので100%は超えましたが、ネクストゴールは設定せずにそのまま期限まではご寄付の受付を続ける事にしました。
100%は車両購入費へ。100%を超えた分はアニマルヘルパーにかかるガソリン代に充てさせていただきます。
実は本日6/14。ペットホテルのご予約はゼロでした。
(大丈夫かぁーー!?はまじぃのいーえーーー!)
コロナが終息してペットホテルの売り上げが元に戻らない事にはコストのかかるアニマルヘルパーの始動は難しいのが現状です。100%を超えた分はガソリン代に充てさせていただく事が出来れば当面は維持する事が出来ます。

どうぞよろしくお願い致します。

この度ご協力いただきました皆様、本当に有難うございました。
何度お礼を言っても足りない気がします・・・

 

一般社団法人はまじぃの家
代表 加賀爪 啓子

アニマルヘルパーって?

私たちの考えているアニマルヘルパーとは、要支援や要介護の飼い主様に代わってご自宅へ訪問し、動物のお世話を無料でさせていただく活動です。

困っておられる方の中には経済面でもお困りの方もいらっしゃいます。
ご自身でペットのお世話が困難になった時にお世話を代わってもらえる人がおらず、
愛する家族を「手放す」という選択肢が出てこないようにお手伝いしたいと考えました。

本当に愛情があれば、手放す選択をするのはとても辛いことです。
私たちは経済的な協力は出来ませんが、マンパワーを提供する事が出来る。
私たちのお手伝いで最期まで一緒に居る事が出来るなら、それこそが「飼い続ける」事をサポートする事だと考えています。

なぜ「飼い続ける」をサポートするのか?
↑↑長文ですが、よろしければご覧ください。

なぜ車が必要なのか?

今、はまじぃの家には車が1台あります。
オープン時よりずいぶん頑張ってくれているハイゼットの「はまじぃ号」

現在、走行距離170,000㎞を超えています。
今もペットシッターや送迎で1日中フル稼働で現役です。

これからも走れるうちは頑張ってもらうつもりですが、、、
1つ問題点が。。。

「はまじぃ号」、マニュアル車なのです。。。
オープン当初、出来るだけ安く入手した車。
その頃は運転するのも2人だけで、2人ともマニュアル車を運転できるので問題なかったのですが。。。

アニマルヘルパーを始めるには2人以外のスタッフにも運転してもらわないと成り立ちません。
今時はAT限定の運転免許を取られる方も多く、、、
そうなると「はまじぃ号」は運転してもらう事ができないのです。

何しろ「はまじぃ号」は今でも毎日稼働しているので、アニマルヘルパーを始めるにはどうしてももう一台車が必要なのです。

 

皆様のご協力をお願いいたします。

焦らず、ゆっくりと着実に

はまじぃの家をオープンして5年。
順調にお客様も増え、そろそろ社会貢献活動を始めたいと思っていた矢先に新型コロナウイルスで大打撃。。。

社会貢献活動の開始時期を先延ばしするしかないと考えていたのですが、
何も一気に開始しなくてもコストのかからないものから始めようとゆっくり始める事にしました。
「3つのこうけん」のうち、以前から小規模で行っていた里親募集、そして今回始動した老犬の無料デイサービス。これらには大きなコストがかからないのでまずは2つの「こうけん」からスタートです。
コロナウイルスがどのように終息して、いつ元通りの生活に戻るのかわかりませんが、
「社会貢献型ペットホテル」がまた軌道に乗ってくれば、もっと社会貢献を充実させられると信じています。
 

アニマルヘルパーにはコストがかかってしまいますが、私たちのお手伝いを必要としている方がきっといらっしゃると思います。
きちんとした準備が出来ないまま始動してしまってはすぐに立ち行かなくなってしまいます。
ゆっくりペースでもひとつずつ着実に始動出来るように準備していきたいと思っております。

車の購入の目途が立ったら、人員確保やシステムの構築(アニマルヘルパーを利用する前提でご高齢の方がペットショップで仔犬や仔猫を買ってしまうような事のないように)等の準備を進めていくつもりです。

地域密着型の小規模な活動開始になると思いますが、皆様のご協力をどうかよろしくお願いいたします。

皆様からいただいたご寄付は大切に使わせていただきます。

一般社団法人はまじぃの家
代表 加賀爪 啓子

 

 

終了しました。
寄付募集元
一般社団法人はまじぃの家