子どもを社会へと羽ばたかすための 寄付を募集しております
PROJECT NAME

未来を担う子供たちを社会へとつなぐ架け橋

私たち一般社団法人HOMEステーションは
「頼れる大人がいないあなたへ」「親によって生きづらさを感じているあなたへ」
この2つのメッセージを発信しながら、大阪を中心に関西圏で若年者支援をしています。
真の柱は3つ。住居支援・就労支援・メンタルサポートです。その草の根的な活動として地域に根差した
【多様な4つの居場所(MANA-viva、ASO-viva、KATA‐riva・SODA‐tuva)】を運営しています。
特に社会的養育経験者が児童養護施設卒園後、社会の場では孤独に陥りやすく
望まない道に進んでいかないように、子どもたちの孤独感を救う一助となるため、皆さまからの温かいご支援をお待ちしております。

HOMEステーションとは?

HOMEステーションは、大阪市でアフターケア事業を運営する一般社団法人です。

設立は、令和元年7月と日が浅く実績が多くある訳ではありませんが、

社会的養育経験者や支援サポートを必要とする青少年などに対して、

社会へ羽ばたくための自立・自律支援事業を行い、企業や地域社会とともに協同することで

彼らが自分らしく生きがいや夢や希望をもって、健康で健全に暮らせる社会の実現を目指し、

大阪・奈良県内に

【多様な4つの居場所事業(MANA-viva・ASO-viva・KATA‐riva・SODA‐tuva)】を

展開しています。

一般社団法人HOMEステーション・ホームページ へ

 


*MANA-viva(学びの場)

ー 生きるための知恵を構築する場所。セミナーやワークショップを通し、当事者を含む地域住民に広く情報提供し、社会的養育の実態をお知らせするとともにフォスタリング(里親啓発)を行っています。

*ASO-viva   (遊びの場)

ー ルールに縛られ、ギスギスした毎日を送るだけの人生では自分を活かすことはできません。自分に優しくできなければ他者(ヒト)に優しく寛容になることができないものです。社会の側にいるヲトナのASO-vivaでは、裏千家茶道・未生流華道家をお招きし、フラワーアレンジメントやお茶に親しんでもらい、リラクゼーション効果をもたらします。こどものASO-vivaでは、潜在的に困窮する子ども(特に地域サポートの目が届かなくなる10代からを対象)に垣根の低い相談につながる雰囲気を感じ取ってもらい、その人に応じた対応をするための信頼構築の場所として機能させます。

*KATA‐riva(語りの場)

- 上記2か所からのアプローチによるものやSNSなどからの予約によって誰にも話せないことを打ち明けられる相談の場所。本気で「いま」困っている方のためのクローズドな場所です。

*SODA‐tuva(育つ場)

― 里山での農作業を通して虫や風の音を聞き、泥んこになって汗をかき、地球からのエネルギーを充填し、本来の自分を見つめていける「育て・育ち」の場所。ここで採取された農作物を加工し、販売等につなげていくことで働く場の開拓、第6次産業や農福連携を視野に入れております。

なぜ、子どもたちにサポートが必要なのか?

全国で社会的養育下にある子どもの数は約4万5千人と言われており、様々な事情から親と一緒に暮らすことができずに児童養護施設等で集団生活を行っています。

そこでは当然、自分だけを見てくれる親はいませんのでアタッチメント(愛着)障害を起こしやすく、自己肯定感の低い彼らが社会に羽ばたいた時、ひどい孤独感や喪失感に襲われ、生きる気力を失ってしまうのです。

弊団体には児童養護施設出身のコアメンバー、団体をフォローアップしてくださる他団体のメンバーもおりますので、互いに協力しあいながら、彼らを社会へと橋渡しし、さらに離職につながりやすい彼らの見守りコーチングを行っています。

弊団体が持続継続し続けなければならない理由は、ここにあります。

すべての子どもたちに、温かくて優しい社会でありたい

このページに辿り着いてくださり、ありがとうございます。アフターケア事業や若年者支援へ関心を寄せて、ここまで読んでくださったことがとてもうれしく思います。

一般社団法人HOMEステーション代表の 福住文子です。
 

HOMEステーションの前身となるコーチングでの活動中にすごく疑問に思っていたことがあるのです。どんなに経済的に裕福なご家庭であっても、子どもの孤独感や喪失感はあるものだと。

そのことによって、学業がおろそかになり、不登校やひきこもり・自傷行為などの問題を引き起こしている様々なお子さんと出逢いました。

それがどこから来ているのか?

「愛着(アタッチメント)障害」から来ていることに気づき、そこをフォローアップしながらコーチングを続けたお子さんたちは着実に自分の夢や希望を叶え始めています。

わたし自身の都合により、居を大阪へと移してから週末里親活動ボランティアを始めたのですが、児童養護施設に通ううち、次第に不安が波のように押し寄せてきました。

 “この子たちは、親御さんと一緒に暮らしていない・・・。”

つまり、これまでわたしが携わってきたお子さんたちよりも、さらに大きくて深い孤独感や喪失感をヒシヒシと感じているのだと気づき、このままではいけない!という、その想いに応えてくれたコアメンバーと共に2019年7月、HOMEステーションを設立いたしました。

気持ちだけが突っ走り、極少のリソースで事業を始めてしまいましたので、次第にサポートする側が疲弊していくことに気づき、お恥ずかしながら、あらゆるところに協力を仰いでいる次第でございます。

 

それもこれも、施設に暮らしているあの子たちに、社会は温かく優しい場所であることを知ってもらいたいからです。いつでも手を差し伸べる人たちが居ることを感じてもらいたいからです。

私たち一般社団法人HOMEステーションが、地域の皆さまや個人の協力によって設立し、スタートラインに立ち、走り出せたように・・・。

 

長距離ランナーには、水分補給もペース配分も必要となります。

ここまで読んでいただき、本当にありがとうございます。

お読みくださったあなたが、彼らにとっての水分を補給していただけると、うれしいのです。

弊団体は、それをペース配分していく役割を担わせていただけると、さらにうれしくおもいます。

 

どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

一般社団法人HOMEステーション
代表理事 福住文子(ふくずみふみこ)

ご支援の使い道

【多様な4つの居場所(MANA-viva・ASO-viva・KATA‐riva・SODA‐tuva)】は、皆さまからのご支援で成り立っています。特にKATA‐rivaに関しては、相談内容の濃さから時間も長くなり、寝食の面を補う場所が今のところありません。

一方で、ほかの事業もまったくお金がかからないわけではなく、セミナーや子どもの居場所を行う施設使用料、子どもたちへの軽食、田畑の整備にかかる費用、交通費など、知人の支援のみでは到底賄えるわけもなく、決定までに時間を要する助成金もアテにはできません。設立前から一緒にやってくれている理事には、なんの報酬もないままにボランティア活動をしいている状態です。また、継続的に活動を続けていくためにも、活動に参加してくれる方にはせめて交通費だけでもお支払いしたいと思っています。

欲を言えば、空き家を借り上げ改修し、寝食・学習の場を含めたシェルター機能を持たせた居場所を確保したいのです。

皆さまからのご寄付は、空き家確保の費用・改修費として活用させていただきたいのです。
3,000円のご寄付を110名の方からいただければ、空き家確保のための交渉がスムーズにできます。

5,000円のご寄付を1,100名の方からいただければ、KATA‐rivaに相談に訪れるお子さんを賃貸していただける場所をDIY改修し、食事をしてゆっくり話を聴くことが可能になります。

行政の支援の枠から外れてしまった子どもたちを社会へと帰結させ、社会は安全な場所であることを感じ

人生の喜びを感じることができるように

みなさまのご寄付をお待ちしております。

よろしくお願い申し上げます。

寄付をする
寄付募集元
一般社団法人HOMEステーション