「リモート職場体験」プログラムを実施するため、ご協力ください!
集まった支援総額
0
支援者数
0
目標金額0

設定期間 2020年11月20日~2021年02月28日

現在0% / 達成まで0
PROJECT NAME

コロナ下の子ども達に「未来へ向かって進む力」を! 「リモート職場体験」開発プロジェクト

 子ども達が将来のイメージをふくらませたり、未来へ向かって進む力をつける上で大きな役割を果たしてきた「職場体験」。毎年、全国のほとんどの中学校で行われてきましたが、今年度はコロナの影響で、実施が難しい状況となっています。

 学校からのSOSの声を受け、私たちJAEはこの状況下でも実施できるリモート職場体験プログラムの開発を始めました。子ども達が将来展望を描き、「困難を乗り越えて、未来へ向かって進む力」をつけてほしい。そんな願いを込めて開発したプログラムを、より多くの学校、より多くの子ども達に届けるため、ぜひ温かいご支援をお願いします!

学校現場から「コロナ下で実施できる」職場体験を求める声が!

 毎年全国の99%近くの中学校で、キャリア教育の一環として行われてきた職場体験。

 子ども達が地域の事業所に行って仕事を体験し、大人と交流する中で、仕事や将来のイメージをふくらませたり、実社会で大切な力を学ぶ場となってきました。ところが今春頃から「コロナの影響で、例年のような実施が難しい」との声が多くの学校現場から寄せられました。

 そこで、JAE独自で学校現場の状況を把握するためのアンケート調査を実施。その結果、職場体験を「中止もしくは検討中」と回答した学校の割合は、約80%にのぼりました(2020年6月末時点)。その理由として「感染リスクが考えられるため」「体験先に迷惑をかけられない」など、直接交流することによる感染拡大を懸念する声が多くありました。

 こうした状況を受け、「JAEとして何か力になれることはないか」と考え、同じ思いで協力を申し出てくださった企業(㈱Dreamsというポップコーンの会社)の社員さんと共に、「リモートで実施できる職場体験プログラム」の開発に乗り出しました。

プログラムに込めた思い「未来へ向かって進む力を!」

 JAEは2001年の創業から20年間、多くの地域でキャリア教育プログラムを実施してきました。子どもたちと交流する中で、家庭環境や経済的事情など様々なバックグラウンドを抱え、急激に変化する時代の中で、将来に対する希望を見出しにくかったり、不安を抱える子ども達の姿を見てきました。こうした状況に加え、今年度はコロナを受けて、将来への希望を見出しにくい状況になっていることは想像に難くありません。

 開発中のプログラムは、子どもたちが将来展望を描き、「困難を乗り越えて、未来へ向かって進む力」をつけられるよう4つの目標を掲げ、事業所へ直接訪問しなくても、働く人の思いに触れたりフィードバックをもらえるような工夫を考えています。また、自分の良さに気づき、将来展望を描いて、学んだことを子ども一人ひとりのこれからにつなげられるようにしています。
 

■プログラムで身につけたい4つの力
①自己理解:自分の良さや個性について理解を深められるように。
②職業観・勤労観: 「働くこと」の意義や大切な力等についての理解や考えを深め、将来展望を描けるように。
③チームワーク力:メンバーの特徴を活かしながら協力できるように。
④課題解決力:目標に向かって困難を乗り越え、課題解決できるように。

■協力企業
 株式会社Dreams(※)の社員さんとプログラムづくり(映像教材制作など)を協働で行いました。子ども達の成果発表の際は、評価・フィードバックを行っていただく予定です。

※株式会社Dreams: POPCORN PAPAというブランドで、ポップコーンの製造・ 販売(店舗・通販)等を行う。
HP:https://popcorn-papa.com/


■実施校実施予定校(五十音順) 
 JAEが実施校募集を行い、選考の結果、下記6校での実施が決定しています。

・大阪市立白鷺中学校(大阪府)
・大阪市立西淀中学校(大阪府)
・貝塚市立第二中学校(大阪府)
・関西創価中学校(大阪府)
・泉南市立泉南中学校(大阪府)
・豊田大谷高等学校(愛知県)

寄付の使い道

■プログラム開発費(全校共通のベースとなる開発費)(500,000円)
1.プログラム開発:プログラム全体の流れ検討、学校へのニーズ把握、協働企業の開拓・調整
2.教材開発:ワークシートの作成、プログラム実施に必要なパワーポイント資料の作成、指導案の作成
3.動画制作:リモートで実施するための企業さんとの調整・企業の映像教材を制作(撮影、編集)

■実施に向けてのご案内・調整(400,000円)
1.学校へのご案内や説明会の実施:オンラインやメール等による、学校への説明会の実施、ご案内の送付・調整
2.教材の微調整(50,000円×6校)
※今回はベースの教材をお送りし、学校が中心となり実施

■プログラム実施〜ふりかえりまで <6校にて実施>(400,000円)
1.実施校の選考、実施が決定した学校へのご案内や日程調整、実践に向けてのインターネット環境確認等、実践当日に向けたサポート
2.実施後のアンケート集計やふりかえり改善:今後の改善に向けて、子ども・教員対象のアンケートを実施し、結果をまとめ、ご報告予定

(JAEは通常、学校や企業、行政からコーディネート費や開発費を頂き、プロジェクトを実施していますが、コロナ状況下で受けるご相談は予算が厳しく、実施が難しい状況でした。しかし、私たちは「こうした状況だからこそ子どもたちの学びを止めてはいけない!」と考え、プログラム開発や実施において必要な資金をクラウドファンディングで調達し、学校には無償でプログラムを届けようと動いています。※オプションを希望する学校は一部有償です。)

支援プラン

 下記のプランを設定しています。ぜひご協力をお願いします!

★応援プランA(3,000円):報告書のご送付(メール)

★応援プランB(5,000円):報告書のご送付(メール)

★応援プランC(10,000円):報告書のご送付(メール)+ポップコーン1袋

★ハッピープラン(30,000円):報告書のご送付(メール)+ポップコーンつめあわせセット

★スッキリプラン(50,000円):JAEのキャリア教育コーディネーターが2時間ほどご相談にのります(活用例:事業の組み立てのブレスト、ノウハウ提供等)

★【個人向け】プログラム開発プラン(150,000円):あなたをテーマにした職業講話プログラム(1時間程度)を協働開発します

★【企業向け】プログラム開発プラン(500,000円):あなたの会社をテーマにしたプログラム(2時間程度)を協働開発します

子ども達に学びの機会を届けるため、ご支援をお願いします!

 JAEは創立20年の節目を迎えます。これまで様々な活動を展開してこられたのも、みなさまに応援していただいたおかげと心より感謝しております。

  JAEのビジョンである「若者が希望と誇りを持ち、挑戦する社会」をめざし、私たち自身もこれからの社会に求められる新しい挑戦をしていきたいと思います。その挑戦の一つがこの「リモート職場体験」です。

  コロナ禍の予期せぬ事態に、大きな影響を受けている子ども達と学校現場。この状況下でも、子ども達がいきいきと将来展望を描き、未来へ向かって歩みを進めることができるよう、私たちJAEは全力で応援したいと思っています。スタッフ一同想いをもって取り組んでいきますので、どうかお力をお貸しください!よろしくお願いします!!

NPO法人JAEとは

 「若者が希望と誇りを持ち、挑戦する社会」をめざし、小学生から若手社員まで幅広い層を対象にキャリア教育等を推進しています。
 小中高生を対象とした「ドリカムスクール」事業では、子ども一人ひとりが夢を描き実現するために必要な力の育成に向けて、企業・行政・学校・地域が協働して取り組むためのスキームづくりや実践支援等を実施しています。
 大学生を対象とした「アントレターン(長期実践型インターンシップ)」事業では、リアルな社会や仕事の現場で、経営者や社員の方々と一緒に学生が「期間限定のプロジェクトメンバー」として、チャレンジする機会をコーディネートしています。

  
~実績(一部抜粋)~
2019年 経済産業省「第10回キャリア教育アワード」コーディネーター部門で『奨励賞』を受賞
2018年 尼崎市、朝来市、倉敷市で各地域の市内企業での実践型インターンシップ活用を支援
2015年 JAEが事務局を務める「東大阪ええとこスクラム協議会」が、文部科学省・経済産業省共同、キャリア教育連携推進表彰、奨励賞を受賞。など
 

HP:https://jae.or.jp/
Facebook:(NPO法人JAE):https://www.facebook.com/jae.or.jp
Facebook(NPO法人JAE ドリカムスクール):https://www.facebook.com/dreamsjae

寄付をする
寄付募集元
NPO法人JAE