「住み慣れた地域で、その人らしく生きる」を支援するために寄付をお願いします

NPO法人自遊の広場は、福祉・介護を通して、地域を豊かにし、一人ひとりの自由な生き方をサポートする環境づくりを目指しています。2008年より相模原市緑区(旧藤野町)にて、在宅のお年寄りの暮らしを支える「すずかけの家」を運営する中から、2021年、高齢者向けシェアハウス、フレイル対策として庭仕事のサポートやコミュニティガーデン等の事業を開始しました。これらの新事業のために、ぜひご支援をお願いします。

「自遊の広場」のはじまり

2005年12月、「この(旧)藤野町に宅老所を作ろうよ、地域のお年寄りだけでなく私たちも”ほっ”とくつろげる居場所を」と、福祉経験者をはじめアーティストや鍼灸師、議員など10数人の仲間が集まりました。2006年、介護事業を展開するために、「特定非営利活動(NPO)法人自遊の広場」を設立しました。

そして、(旧)藤野町の山間に幕末に建てられたであろう立派な古民家を借り、地元のアーティストや大工さんが建物の雰囲気をしっかり残して改修してくれました。こうして、2008年6月、小規模多機能型居宅介護事業所「すずかけの家」をオープンしました。

「すずかけの家」では、「介護が必要になっても住み慣れた自宅で暮らしたい」、「何歳になっても、自分らしく生きたい」そんな方の暮らしを、「通い」(すずかけの家で過ごす)・「訪問」(自宅を訪問する)・「泊まり」(すずかけの家に泊まる)のサービスを組み合わせて支援しています。

それから14年、そこで痛感したのは、認知症の方を含めお年寄りも個性がさまざまで、十人十色。それでも場面、場面で輝く目を持っているということです。人間は多様なのです。そして、もっと一人ひとりの自由な生き方をサポートする環境づくりが必要だということです。

多様な個人に、自遊な共同生活を楽しんでいただくために

2016年に、隣接するまちの福祉施設で、たくさんの利用者さんたちの殺傷事件がおきました。加害者の言葉には「障害者は生産性がないから生きているのは社会のムダだ」と。認知症だろうが障害者だろうが、生きている限り、輝く目を持っています。多様な個性とともに。そしてこの事件は、あらためて「自遊の広場」設立の意義を考えさせられるものでした。

2021年、住む機能がない「すずかけの家」から15分程離れたところに、念望の高齢者向けシェアハウスとして「やまぼうしの家」をつくりました。「やまぼうしの家」では、ゆたかな老後をめざして、お年寄りを中心に、ふつうの民家で支え合って暮らしていく生活をサポートしています。比較的元気な高齢者が一つの家で支え合いながら共同生活ができ、安心の中で多種多様なライフスタイルを過ごすことができる環境づくりを目指しています。

「ハートdeグリーンサポート」~フレイル対策として

2021年、「すずかけの家」でのケアの経験から、「ちょっと辛くなってきた庭や畑仕事を一緒に作業し、お手伝いするサービス~ハートdeグリーンサポート」を始めました。「ハートdeグリーンサポート」では、介護経験を活かして、傾聴しながら、施主さんと一緒に作業をします。いずれは、庭や畑の収穫物の交換の仲介を行い、孤立しがちな高齢者の社会参加のきっかけになればと考えています。庭・畑作業や社会参加を通じて、フレイル対策―介護予防になることを目指しています。

また、「すずかけの家」の近くの休耕地でコミュニティガーデンを始めました。高齢者にも対応したバリアフリーの農園をつくり、農作業を通じた高齢者のフレイル対策になることを目指しています。また、農園を地域に開放し、地域住民や近くの保育園の子どもや保護者との共同作業による農園づくりを通じて、多世代交流の場にしたいと考えています。

ご支援の使い道

「やまぼうしの家」では、ふつうの民家をお年寄りが暮らせるように、玄関前をスロープにしたり、手すりを付けたり、地域の仲間の力を借りてリフォームしました。さらに、階段を昇り降りしなくても2階の居室へ行けるようにするため、昇降機が必要です。

「ハートdeグリーンサポート」のコミュニティガーデンでは、地域住民や保育園との多世代交流を進める空間づくりを進めていきます。そのため、高齢者に対応したバリアフリーのテラスやテーブル、ベンチ等を地域の技術者の力を借りて、設置したいと考えています。また、訪問庭づくり事業を継続していくには、施主さんの利用料だけでは十分ではありません。

みなさまからのご寄付は、これらの新事業の充実のために使わせていただきます。ぜひ温かいご支援をお願いいたします。

寄付募集元

特定非営利活動法人自遊の広場