低所得家庭の新大学生に新生活準備金10万円を給付します
PROJECT NAME

キッズドア基金:新生活準備奨学金

大学・専門学校等に進学する、低所得家庭の高校3年生向けの給付型奨学金です。

新生活を迎えるにあたって大学への入学金や前期授業料の他にも、教材・PC・スーツなどの費用負担がのしかかります。入学前に必要なものを揃えてもらうために1人10万円を給付しています。

新生活準備奨学金とは

大学・専門学校等に進学する高校3年生向けの給付型奨学金です。新生活を迎えるにあたって大学への入学金や前期授業料の他にも、教材・PC・スーツなどの費用負担がのしかかります。特に、自宅を出て一人暮らしを始める場合、さらに新生活の費用がかかります。

一方、大学の奨学金は入学後の給付であるため、これらの費用は、貯金か借入で賄うしかありません。

こうした入学時の費用負担が原因で、”どうせ合格しても払えない”と進学をあきらめたり、”合格したけど入学をあきらめた”という高校生がいます。お金が理由で進学をあきらめる高校生を一人でもなくしたい、それがこの奨学金の目的です。

入学前に必要なものを揃えてもらうために1人10万円を給付しています。応募には所得等の要件があり、証明書類を提出の上、審査しています。2020年度は60名に給付しました。

皆様のご寄付は、直接子ども達に届きます

キッズドア基金では、受験サポート奨学金、学習応援パック、新生活準備奨学金等、2020年度は12,000人を超える子どもたちに総額1億円を超える支援を行いました。


長引くコロナ禍で、所得・雇用の悪化が長期化し、教育費はおろか、最低限の生活を送ることさえも困難な家庭が増えています。このままでは、子どもたちの教育格差は広がり、貧困の連鎖が続いてしまいます。この現状をなんとかしたいと、キッズドア基金は低所得家庭へ支援を届けています。同時に、教育や進学へ社会の支援を拡充するよう、訴える活動も行っています。

皆様からのご支援は、最低限の事務経費を除き、奨学金として子ども達に直接届きます。子どもたちの将来と明るい未来のために、ご支援お願い申し上げます。

認定NPO法人キッズドア基金
代表 松見幸太郎

認定NPO法人キッズドア基金とは

低所得家庭の中高生への奨学金事業、全国の学習支援団体への助成支援を行っています。受験料や塾・民間試験等に対し金銭的支援を届け、支援を受けた子どもが進学を叶えて経済的に自立することで、貧困の連鎖を断ち切ることをビジョンとしています。皆さまからのご支援・寄付は、寄付金控除の対象となります。 認定NPO法人キッズドア基金は、学習支援を行うNPOキッズドアの姉妹団体です。

2020年度は、多くの企業・個人の方からのご寄付を原資に、総額1億円以上の支援を行いました。

  • 受験サポート奨学金:高3生に5万円、高2生に3万円、合計587名に支給。

  • 英検奨学金:中高生150名に英検受験代を支給。

  • 新生活準備金:新大学生・就職生へ10万円を60人に支給。

  • 家庭学習応援パック・新生活応援パック(キッズドアとの共同事業):12,000人に送付

  • 学習支援スタートアップ助成:12団体に支給。

ご寄付は税額控除の対象となります。税務申告上の名義・住所をご記入ください。

寄付をする
寄付募集元
認定NPO法人キッズドア基金