想像する楽しさ、表現できる喜びを出前授業で届けるキッズシナリオプロジェクトへの継続寄付をお願いします

シナリオ・センターは、シナリオライター・脚本家・監督・プロデューサーなどの養成を目的として1970年に創設。
創設者新井一の『日本中の人にシナリオを書いてもらいたい』という想いから、子どもたちの想像力と表現力を育むプロジェクト『キッズシナリオ』を日本中で実施しています。

キッズシナリオプロジェクトとは

キッズシナリオは、シナリオ・センターが小学校や中学校向けに行っている出前授業です。
2010年からはじめたこのブログラムは、のべ4000名の小・中学生に実施。出前授業の費用は、シナリオ・センターがすべて持ち出しで、手弁当にて実施しています※1。

小学生や中学校へと講師が出向き(オンライン実施も可)、子どもたちに、シナリオの書き方を通して、さまざまな登場人物の立場で考える想像力や表現力を、身につけてもらっています。

また、2021年からは、Gigaスクールにも対応し、タブレットなどを使って『ショートムービーの作り方』や『PR動画の作り方』などについても、学校の先生だけでは伝えきれない、プロの技術を提供しています。

※1 基本的に無償で実施しておりますが、教育委員会など予算の確保が可能な場合は、本プロジェクトの持続性の観点から費用を頂いております

子どもたちが、不確実な時代を生きる上で必要な

  • 表現する力
  • 人の気持ちを想像する力
  • 学びを深める力

を、映画やテレビドラマの設計図である『シナリオをえがく』ことを通して、
楽しみながら身につけてもらっています。

シナリオ・センターとは

1970年から、脚本家や小説家を養成してきたシナリオ・センターは、ジェームス三木さんや内館牧子さん、岡田惠和さん、鈴木光司さんなど、700名以上の作家を輩出してきました。毎クール、連続ドラマの7割の脚本を、出身ライターが執筆しています。

 

 

なぜ、シナリオの出前授業をしているのか

シナリオ・センターでは、2010年からキッズシナリオプロジェクトを開始しました。シナリオを書くことで生まれる発想は、子どもたちが自分らしく生きる助けになると、考えています。
なぜなら、脚本家は自分とは性格も考え方も異なる登場人物すべての立場で、セリフやト書を書くからです。

  • あるときは、恋に恋する高校生。
  • 悪だくみをする悪代官。
  • 時代にほんろうされるサイエンティスト。
  • タイムトラベルする私立探偵。

登場人物の立場になってシナリオを書くことで、

  • 『他者に思いをはせる発想』
  • 『社会に対する自分なりの視点』

を、自然と育むことができます。

創設者の想いを引き継いでいます

シナリオ・センターを創設した新井一は、「シナリオを書くことで、創る側も観る側も考える力が身につく」と主張し、「テレビは日本人の考える力を奪う『一億総白痴化の箱』」と言ったジャーナリストの大宅壮一に対抗しました。
この考えを粋に感じた大宅から、シナリオ・センターを創設する際、「新井さんが目指すのは『一億総シナリオライター化』」と言葉をもらいました。

1970年以来、プロの脚本家やプロデューサーを、700名以上輩出してきたシナリオ・センターは、2010年の創立40周年を機に、『日本中の人にシナリオを書いてもらいたい』という理念のもと、『一億人のシナリオ。』プロジェクトを発足。

創設者新井一の想いは、現代表の小林幸恵、プロジェクトを統括する新井一樹、そして全スタッフへと引き継がれ、プロ養成だけではなく、子どもたちからお年寄りまで、日本中の人へと広がっています。

ご支援の使い道

キッズシナリオプロジェクトは、株式会社シナリオ・センターが社会貢献事業として実施しています。頂いた寄付は、以下の形で使用させて頂きます。

プロの表現技術を、学校で身につけることができるというのは、貴重な経験だと考えています。そして、どういうわけか、ふだん作文や国語が苦手な子ほど、シナリオを書くことに熱中します。シナリオは、文章力よりも想像力があれば、書けるからではないかと思います。

キッズシナリオは、得意な子の、得意を伸ばすきっかけに、
苦手な子の、苦手を克服するきっかけになっています。

月額でのご支援をお願いしている背景

2010年からはじめたこのブログラムは、のべ4000名の小・中学生に届けてきました。いままでは、シナリオ・センターがすべての費用を持ち出しで、手弁当にて実施してきました。
より多くの学校で、より多くの子どもたちにキッズシナリオを届けるために、みなさんにも負担にならないよう、月額でのご支援をお願いしています。

キッズシナリオを1校実施するにあたり、約3万円

キッズシナリオプロジェクトを、1校1回実施するにあたり、講師人件費、交通費、カリキュラム作成費などをあわせると、最低でも3万円の経費が必要になります。

シナリオ・センター自身も経費を負担していきますが、目安として、660円の寄付を45名の方から頂ければ、1校の実施が可能になります。

毎年、10校前後の教育団体でキッズシナリオを実施しています。
まずは、安定して30校前後の教育団体で実施できればと思っています。

皆さまからのご支援をしっかりと活用させて頂きます。ご支援よろしくお願いいたします。

ご寄付への御礼

※月額アシストの停止について

クレジットカード決済による「寄付の申し込みをキャンセルしたい」 「継続寄付を停止したい」という場合は、決済ページの下段『決済システムに関する確認・同意事項』をご確認ください。

 

キッズシナリオプロジェクト 運営会社について

会社名      : 株式会社シナリオ・センター
代表者      : 小林幸恵
住 所      : 東京都港区北青山3-15-14
電話番号   : 03-3407-6936 (受付平日13:00~20:30)
公式サイト :https://www.scenario.co.jp

寄付募集元

シナリオ・センター 『キッズシナリオプロジェクト』