子育て支援情報サイト「コドモト」継続のために寄付を募集します
PROJECT NAME

子育て支援サイト・親子の居場所作り・防災「コドモト」のマンスリーサポート

NPO法人コドモトは、公園や子育て支援施設などの子育て情報サイト「コドモト」を運営しています。また、親子で楽しく参加できるイベントや防災ワークショップを企画開催してきました。これらの活動は、ママやパパたちの有志による活動と、みなさまの支援により成り立っております。今後も活動を継続していくためにも、皆さまからの温かいご支援をお待ちしております。

NPO法人コドモトとは

コドモトは、2017年3月に子育て情報サイト「コドモト」を開設し、サイトやSNSを通じて地域の子育て情報を発信してきました。サイトは、横浜市内を中心に公園や子育て支援施設などの施設情報を約1万3000件以上掲載し、ママパパに人気の地域メディアになっています。

また、オンラインだけでなくオフラインの活動もしています。また、横浜市内を中心に、ヨガ・ピラティスやおはなし会などのイベントを毎月実施してきました。これらは子どもを連れて参加できるもので、親子の居場所作りをモットーに活動しています。

コドモトは、防災にも重点をおいています。2017年より子育て家庭向けの防災講座・ワークショップを開くなど防災に関しても取り組んできました。

1.地域の子育て支援情報の発信

  • WEBサイト「コドモト」で横浜市を中心に公園や地域の子育て支援施設を紹介
  • Twitterやinstagram、LINEなどSNSによる情報発信

2.親子の居場所作り

  • 地域の施設で開催されるイベントの紹介
  • 親子で参加できるおはなし会、ヨガやダンス、マタニティフォトなどのイベントの企画運営

3.防災

  • 親子、子育て家庭向けの防災講座・ワークショップの開催
  • 防災ハンドブックの制作、配布
  • 「コドモト」webサイト、Youtube等オンラインでの防災ノウハウの発信
  • 子育て家庭向けの防災アイテムの提案

この社会の子どもに向ける眼差し

「ベビーカーで満員電車に乗ることが迷惑」「保育園の子どもたちの声がうるさい」などといった声があるというニュースが近年何度も話題に上がっています。

そうした声がある中、親たちは子どもが騒がないか泣き出さないか不安で外出が難しくなったり、窮屈な思いをしながら子育てをしているのが現状です。

近年、子どもと二人きりで一日を過ごす「孤育て」や虐待も社会的な問題になっています。

子どもとともにまちに出るために

子育て中の親が社会の中で孤立しないためには、親子が安心して出かけられるよう、その地域のことを知らない人にも、子どもと出かけても大丈夫と思えるための情報が必要です。

NPO法人コドモトは、WEBサイトや各種SNSを通じて、子育て支援情報を発信し、子どもを連れて安心して出かけられる街の公園や施設、お店を紹介し、子連れの外出を応援しています。

 

まちで人とつながるために

また、人と人とのつながりを持てるよう、親子が気楽に集える居場所が必要です。

そのために、コドモトはそうした情報を発信するだけでなく、団体としても親子が参加できるイベントを企画実施してきました。

もしものときに備えるために

コドモトは、子育てにおいて「子どもが安心安全に過ごす」ことが重要だと考えています。

子どもと楽しく過ごすのも、不安や気がかりなことがあれば難しくなります。

けがや病気にあわないようにというのももちろんですが、災害時に子どもを守るための「防災」もまた大事なことの一つです。

コドモトは、毎日の生活が大変な子育て中でも防災について知ることができるよう、子どもを連れて気軽に参加できる子育て家庭に向けた防災ワークショップ・講座を企画開催し、災害に備えることを提案しています。

地域の中でつながりを作ることもまた、災害時にも大きな助けとなります。

情報を知ることでまちに出ていき、そこで人とつながる、そのことが日頃の、またもしものときの安心安全にもつながるのです。

子どもと私らしく 暮らせるまちに

このページをご覧いただき、まことにありがとうございます。NPO法人コドモトの代表、上岡朋子です。

2017年にサイト「コドモト」を開設し、親子で参加できるイベントをママたちと企画運営してきました。任意団体から始まり4年、今ではサイトは月3万アクセスになり、イベントにも多数の親子連れが見られます。

コドモトに多くの人々が参加してくれることは、私にとってとても嬉しいことです。楽しんで遊んでいる子どもや笑顔のママパパの姿を見ていると、「コドモトをやっていてよかった」と心から思います。

また、コドモトの活動を一緒に行うメンバーが多くいることも喜ばしいことです。メンバーそれぞれがスキルや強みを生かして協力して一つのものを作り上げていくことに、やりがいを感じます。

私自身も二児の親ですが、子どもを持った当初は慣れない育児に悩み、社会から疎外されたように感じたこともありました。けれど、今では、イベントに参加する親子、コドモトのメンバーや行政・団体等の方々など、たくさんの人と関わるようになっています。

コドモトは、ここを利用する親子だけでなく、活動を担うメンバーにとっても、家族以外の人と触れ合える場所になっています。コドモトは社会の架け橋なのです。

これからも、コドモトが親子の居場所であり社会の架け橋となれるように、皆さまからの温かいご支援をお待ちしています。

NPO法人コドモト
代表 上岡朋子

ご支援の使い道

皆さまの支援により継続した活動ができるようになります。

集まった寄付金は、「まちの子育て情報サイト コドモト」の運営、親子のための居場所づくり、子育て家庭のための防災ワークショップなどの企画運営等に充てさせていただきます。

寄付の方法

こちらのページから、個人の方が毎月500円の寄付ができます。

このほかにも法人向けのプランや横浜市へのふるさと納税などの寄付方法があります。

法人の方やその他の寄付方法については、こちらからご確認ください。

コドモトのSDGsへの取り組み

コドモトはSDGsの達成に向けて取り組んでいます。

【3.すべての人に健康と福祉を】
主催するヨガやダンス教室は、子連れでも参加でき、子育てをしている方向けに健康増進の機会を提供しています。

【5.ジェンダー平等を実現しよう】
子育てをしている人も活動に参加できるような仕組みを用意し、女性が社会と関わり活躍する場を作っています。

【11.住み続けられるまちづくりを】
開催する防災ワークショップや企画考案した「もしもポーチ」などにより、防災に関するの情報を発信し、災害にあっても暮らしていくための知識の啓発をしています。

寄付をする
寄付募集元
NPO法人コドモト