子ども情報研究センターへの寄付を募集します
PROJECT NAME

子どもの権利を保障する社会づくりに応援をお願いします|公益社団法人子ども情報研究センター

子ども情報研究センターは、様々な公益事業をおこなっています。これからも事業を継続して、子どもの権利保障に取り組んでいくため、みなさまからの温かいご支援をお待ちしております。

子ども情報研究センターは

子ども差別、体罰、虐待など子どもの人権が侵害される厳しい状況が続いています。

私たちは子どもの人権保障に取り組み、反差別、反戦・平和、子どもとおとなのパートーナーシップ社会の実現にむけて活動する公益社団法人です。

子ども情報研究センターは、どんな事業をおこなっている?

【公益目的事業】
1.子どもの権利に関する調査研究
(1)独立子どもアドボカシー研究プロジェクト
2.子ども及び家庭のアドボカシー
(1)ファミリー子育て何でもダイヤル
(2)チャイルドラインOSAKA    
(3)子ども家庭相談室    
(4)大阪府教育委員会「24時間電話相談」に係る夜間・休日等の教育相談    
(5)大阪市地域子育て支援拠点事業(ひろば型)
(6)大阪府子ども家庭サポーター協議会    
(7)講座付き保育体験事業
(8)家族再統合支援事業
3.子どもの参加の促進
(1)ティーンズメッセージfromはらっぱ編集
(2)「きみの声で楽校をつくろう!」プロジェクト
(3)子どもの権利条約フォーラムへの参加
4.子どもの権利に関する図書の編集
(1)『はらっぱ』編集            
(2)書籍の編集・発行
(3)年次報告書編集
5.子どもの権利に関する研修
(1)人権保育教育連続講座
(2)共同子育て連絡会
(3)テーマ別研究部会            
(4)大阪市子ども家庭支援員研修
(5)子どもとあそびのネットワーク    
(6)自然教室    
(7)大阪発保育・子育てを考える集い
(8)子ども支援学研究会    
(9)研修講座の企画運営
(10)その他
6.子どもの権利に関する国際交流
7.子どもの保育
【収益目的事業】
1.保育担い手養成、派遣事業
(1)保育者(保育担い手)派遣
(2)保育担い手育成講座    
2.書籍の編集業務受託
(1)自治労の保育運動編集委託
3.子どもの権利条約教材作成

子どもの権利とは

私たちは、1989年第44回国連総会において採択された、「子どもの権利条約」の理念と規定を踏まえて活動しています。 

日本はこの条約を1994年に批准しました。「子どもの権利条約」は、子どもも独立した人格と尊厳を持ち、権利を享有し行使する主体であるとしています。

条約は、あらゆる差別の禁止(2条)、子どもの最善の利益確保(3条)、生命・生存・発達への権利(6条)、子どもの意見表明の尊重(第12条)を一般原則にしています。そのうえで、表現の自由・プライバシーの保護などの市民的権利、子どものケアや家庭環境にかかわる権利、教育や福祉の権利、法に抵触した子どもの権利、難民・先住民の子どもや障害のある子どもの権利など、子どもが一人の人間として成長・自立していくうえで必要な権利をほとんど規定しています。([逐条開設]子どもの権利条約 日本評論社より)

私たちは、保育や相談・救済の場で子どもに出会い、子どもとともに「子どもの権利条約」を活用し、子どもの人権保障に取り組んでいます。そして、子どもの人権についての研究や学び合う研修の場を開いています。

子どもの権利条約の父と言われるヤヌシュ・コルチャックの「子どもはだんだんと人間になるのではなく、すでに人間である」という言葉どおり、子どもは今を生きる主体。私たちは子どもの力を信じ、子どもとともにこの社会を差別のない、平和なものにするべく、努力していきたいと活動しています。

私たちの力はこの社会の中ではとても小さいです。みなさんのご支援が必要です。子どもの権利の実現に向けてともに活動しませんか。

子どもの権利とは

このページを見ていただき、ありがとうございます。出会いをうれしく思います。
これからも子ども一人ひとりの声を大事に聴き、子どもと共に、子どもの権利保障、平和の取り組みをおこなうため、みなさまからの温かいご支援をお待ちしています。
公益社団法人子ども情報研究センター
役員一同

ご支援の使い道

子ども情報研究センターは、会費とみなさまからのご支援、委託事業で成り立っています。
みなさまからのご寄付は、子どもの権利に関わる事業、ならびにその事業を支える運営費に使用させていただきます。

寄付をする
寄付募集元
公益社団法人子ども情報研究センター