殺処分ゼロで保護動物たちに快適な環境を!
PROJECT NAME

殺処分ゼロで保護動物たちに快適な環境を!

「大きくなったから。」「可愛くなくなった。」「家族旅行に行けないから。」「もう飽きた。」そんな理由で飼い主に見捨てられる、犬や猫たちがいます。年々減っている犬・猫の殺処分数。それでもいまだに多くの命が、飼い主によって保健所へ持ち込まれています。特定非営利活動法人La-Vidaでは殺処分ゼロを目指して不幸な動物たちの保護活動をしており、動物と人間の共生に向けてサポーターを大募集しています。私たちと一緒に活動・支援をしてください。

動物と人との幸せな共生

ペット後進国、日本。ドイツには殺処分という言葉がありません。欧米では、保護犬を飼うことがステータスでもあります。私たちは飼育しきれなくなった動物の引き取りや保健所に収容された動物の保護をおこない、殺処分させない仕組みを作り、動物たちに新しい飼い主を見つける活動をしています。また、絶滅のおそれのある動物の保護にも取り組んでおり、種の保存をおこなう事で希少動物を絶滅から守る活動をおこなっています。

不幸な動物たちを救うために

飼育者の事情により手放されるペットたちには何の罪もありません。飼育者に説教する方が沢山居たとしても、可哀相な動物を引き取る、という方はそうそう居ないので、そんな動物たちを保護していきたいと思い活動を始めました。2007年に任意団体として活動を開始し、2010年から特定非営利活動法人として認可を頂き活動を拡大してきました。2017年からは宮古島保健所に収容される年間300匹を超える動物たちの殺処分を無くす事にも務めており、活動開始後に保健所の協力も得て殺処分ゼロを実現しました。一般的な保護施設では狭いケージの中に入れて動物を管理して散歩のときだけ外に出すことが多いですが、ここでは動物に負担がかからずに伸び伸びと暮らせる環境を用意しています。

人と動物の共生

私たちは保健所に収容された動物の保護をおこなったり、飼い主が飼いきれなくなった動物を引き取り殺処分をさせない事を目的に活動しております。また絶滅が心配される動物の保護にも力を入れており、天然記念物の琉球犬を中心に様々な動物達の保護活動もおこなっています。今後も動物たちの保護に力を入れつつ、飼い主の方へ飼育の啓発をおこないながら一つでも多くの命を救えるように努めてまいります。

新聞やテレビで活動が紹介されました

【朝日新聞】
https://www.asahi.com/articles/ASL1D647LL1DUEHF00Y.html
【琉球新報】
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-639863.html
http://miyakoshinpo.com/news.cgi?no=18441&continue=on
【宮古毎日新聞】
http://www.miyakomainichi.com/2018/01/104926/
http://www.miyakomainichi.com/2018/08/111536/
 

【宮古テレビ「サンデートピック」】
https://www.youtube.com/watch?v=sy7wP7MFGaE&feature=youtu.be

動物保護活動にご協力ください。

集まった寄付金はシェルターの光熱費、動物の食費、医療費に使われます。

マンスリーサポーターになる
寄付募集元
NPO法人 La-Vida