賛助会員(継続決済)を募集します
PROJECT NAME

~賛助会員(継続決済)の申込~

  公益財団法人箕面市国際交流協会(MAFGA:Minoh Association for Global Awareness)は、市民参加による国際交流や啓発活動などを進めながら、地域社会の国際化、すべての人々の人権の尊重及び世界平和の実現をめざします。MAFGAの設立趣旨にご賛同いただき、ご支援をお願いいたします。

個人会員(1口 3,000円)

【主な特典】

  • 毎月ニュースレターを送付します。
  • セミナー参加費及び語学講座受講料の割引
  • ボランティア保険への加入(ボランティア活動する方に限る。)
  • 「箕面市立多文化交流センター」内のコミュニティ・カフェ(comm cafe)で
      ご利用可能なランチ・ドリンククーポン券(1,000円分)を謹呈(有効期限あり)
  • 税制優遇措置(会費の損金算入が可能になります。)
  • 法人会員(1口 10,000円)

    【主な特典】

  • 毎月ニュースレターを送付します。
  • 協会発行ニュースレター等の広告料20%割引
  • セミナー及び語学講座受講料の割引(3名まで)
  • 税制優遇措置(会費の損金算入が可能になります。

    根拠となる規定

    【公益財団法人箕面市国際交流協会賛助会員規則より(抜粋)】

    第2条 賛助会員が既に納入した会費は、これを返還しない。
    第4条 賛助会費は公益目的事業に使用するものとする。
      但し、毎事業年度における会計額の50%以下については法人会計に使用することができる。
    第5条 年会費有効期間は毎年4月1日~3月31日とする。

    【ご注意】

    1.年度途中の入会であっても、会費の減額はありません。
      既に納入した会費は、返還いたしません。
    2.自動継続の会員が退会する場合は、必ず協会(MAFGA)まで、退会する旨のご連絡をしてください。
      なお、クレジットカードの引き落とし停止処理止は、連絡月の翌月となりますことをご了承ください。
    3.会員資格期間が、単年度の会員の次年度の資格更新手続きは、毎年3月1日から受付できます。

    寄付金控除のお知らせ

     公益財団法人箕面市国際交流協会は、2021年3月12日付で税額控除の資格を有する公益財団として再認定され、3,000円以上の会費をお支払いいただいた場合は、寄附金控除の対象(※)となります。
     控除の方法は所得税額から直接差し引かれる「税額控除」と課税前の所得から差し引かれる「所得控除」のいずれかを選択できます。領収書は大切に保管してください。(計算方法は以下の通りです。)

    ◇ 税額控除額の計算
    (寄付金合計額-2,000円)× 40% = 税額控除額(所得税額の25%が限度)
    ◇ 所得控除額の計算
    (寄付金合計額-2,000円) = 所得控除額
    ※寄付金合計金額は、年間所得金額の40%に相当する額が限度

    寄付募集元
    MAFGA
    (公益財団法人)箕面市国際交流協会
    自動更新会員申込