家庭に居場所がないと感じる子どもたちを支援する

生きづらさを抱える子どもたちへ安心できるヨリドコロを

現在のサポーター数

33
目標人数
100
0%

両親の不和や家庭環境の変化などで、生きづらさを抱える子どもたちのために、「みちくさハウス」を運営しています。

お父さんの暴言。家にいるのが、しんどい。

コロナによって、お父さんの仕事が激減。
通っている高校は休校になったり、オンライン授業が主になったり。
家に家族が揃うことが多くなり、お父さんの酒量も増えて暴言が激しくなった。
食事も、1日1食の日がある。
家ではお父さんが怖くて、気を抜いて過ごせない。
洗濯機を使うのも、お風呂に入るのも気を遣う。
お金のことがあって離婚はしないらしいけど、もう家に居るのがしんどい。
それで、みちくさハウスを使っています。

 

DVで、家族がバラバラに。

小さい時に、お父さんとお母さんが離婚。原因はDV。
妹が反抗期で、お母さんに強くあたり、お母さんも思わず
『そういうところがお父さんにそっくりで嫌なのよ』と言ってしまった。
お母さんと妹の関係が悪くなり、間に挟まれたお姉ちゃんもしんどい状況。
家はマンションで距離を取るということも難しい。
このままだと誰かが誰かを殺してしまったり、心を病んでしまったりしそう。
そんなとき、LINEでみちくさハウスの存在を知りました。

いいみちくさができると、人はもっと豊かになれる

ウィーズのマンスリーサポーターになってください

毎月1回のご寄付は子どもたちに「ひとりじゃないよ」のメッセージを伝え続けます。

子どもたちに長く寄り添ってもらいたいから

LINE相談、面会交流支援、学習支援、居場所提供など、ウィーズは子どもたちの生きづらさに向き合っています。
みなさんもみなさんなりの生きづらさの中で暮らしていると思いますが、私たちが向き合っている子どもたちには、親以外の多くの大人たちの支えの中で、成長をしてもらいたいと思っています。
そうすることで、子どもたちが成長し、大人となったときに、同じ境遇の子どものよき理解者、頼りがいのある支援者にもなるからです。
寄付は単なるお金のやり取りではなく、子どもたちに「ひとりじゃないよ」と静かにかかりかける一つの支える方法なのです。
ぜひ、マンスリーサポーターとして継続的に支えてください。
よろしくお願いいたします。

NPO法人ウィーズ理事長 光本 歩・副理事長 羽賀 晃

寄付募集元

特定非営利活動法人ウィーズ

マンスリーサポーターになる