一人でも明るい未来を築ける世の中ために寄付を募集します
PROJECT NAME

子どもの貧困解決の為24時間スタッフ常駐の未来へつながる居場所・生活支援・就労支援を続けるために寄付をお願いします

NPO法人オカヤマビューティサミットは子どもの貧困問題解決の為、ひとり親家庭・困窮家庭の経済的自立支援をしています。「24時間相談受付できる施設・一時保護」や「技術取得」「就労支援」をはじめ、【未来へつながる居場所結】をこれからも残し続けるために、皆さまからの温かいご支援をお待ちしております。

NPO法人オカヤマビューティサミットとは

「女性が笑顔に」「子どもが笑顔に」「社会が笑顔に」をキーワードに、シングルマザー支援・困窮家庭支援・就労支援・居場所提供・ボランティア活動・イベントを実施。各事業を通じて、女性が、子どもが、家庭が、社会が笑顔になることによる、明るい未来づくりを目指している団体です。また、あわせて、経済的・精神的な不安を取り除き、笑顔のサイクルを増やし、一人でも多くの女性や子供たちが未来を築いていける社会の実現を目的とし活動している。

 

何故?親の経済的自立支援が必要なのか?

平成30年国民生活基礎調査によると、子どもの7人に1人(13.9%)が、ひとり親家庭では48.1%が相対的貧困状態にあるという結果がでている。また、平成28年度全国ひとり親世帯等調査では、母子世帯の母親の81.8%が就業しているものの、「正規の職員・従業員」の44.2%に対し、「パート・アルバイト」「派遣社員」などの非正規雇用は43.8%とほぼ半数を占めている。

 正規雇用という枠組みが子育て世帯にとって負荷が大きいため、特に小さな子どもがいる家庭はあえて非正規雇用を選択することもあるが、収入が安定しないことへの生活への不安感や、経済的な負担感は大きい。前提として、既存の正規雇用の枠組みや社会的な印象についても課題があることが伺える。当団体では「ひとり親家庭・困窮家庭支援の為、技術取得及び就労支援」をしております。

また新型コロナウイルスの影響により「収入が減少したまま戻っていない」との回答は、ひとり親で計20.2%となっている。(「新型コロナウイルス感染症のひとり親家庭への影響に関する緊急調査」独立行政法人 労働政策研究・研修機構令和2年12月)

よくある相談事

①収入が減った。職を失った。
②コロナ禍による夫婦間のこじれ。離婚問題
③子育ての不安。特性のある子の育て方
④住まいがなくなりそう

など、多岐にわたる相談を24時間相談受付・スタッフ常駐にて運営しています。
相談は公式LINE「シンママシンパパクラブ」
 

子どもの貧困問題解決には子供だけでなく親の支援や親の心と体のよりどころも必要と考え

①親子の居場所&一時保護
②就労支援(全般)/美容技術取得就労支援
③もったいないマーケット
④生活用品・食料品支援
⑤一時預かり事業

など、親子で来れる居場所を24時間相談&スタッフ常駐にて運営しています。

ご支援の使い道

①生活用品・食料品支援に

 また定例のもったないマーケット時に子どもへのお菓子や飲み代金に

②24時間お悩み相談などでのお茶代などや活動費に。

③親の就労支援講座での消耗品費にすることで親の負担額が減ります。

 3000円で1週間のひとり分の食費が賄えます。
 3000円で26人の子供たちにジュースを1本渡せます。
 3000円で親の就労支援講座代金が補填でき、子どもたちへの学費に使えます。

 

親子への支援で、結に相談に来た方が未来へつながるよう

どうかご支援の程よろしくお願いします

代表より

頂いた応援やご寄付を支援を必要とする方へ提供させていただき

「女性が笑顔に」「子どもが笑顔に」「社会が笑顔に」

未来へ繋がる場所つくりをさせて頂きます。どうぞよろしくお願いいたします。

NPO法人オカヤマビューティサミット 代表理事 柚木幸子

寄付をする
寄付募集元
NPO法人オカヤマビューティサミット