大阪交響楽団に寄付をお願いいたします。

私ども大阪交響楽団は1980年の創設以来40年近くにわたり、「大阪」という冠に誇りと自信を持って、「文化・芸術の都 大阪」にふさわしい音楽を、この地から全国へまた全世界へと発信し続けるべく研鑽を積んでおります。さらに楽団員が存分に腕をふるえる舞台を数多く提供し、大阪が他のどの都市よりも「文化・芸術の都」と呼ばれるにふさわしい環境作りに取り組んでいきたいと思います。そのためにも活動資金の充実と経営基盤の強化が不可欠です。これまでのご支援に篤くお礼申し上げますとともに、大阪交響楽団の活動のさらなる発展にむけ、皆様の引き続いての温かいご支援を心よりお願い申し上げます。

大阪響フレンド会員について

大阪交響楽団の活動の維持と発展にご協力いただく寄付会員制度です。
いただいた会費は、全額楽団員の人件費として活用させていただきます。
確定申告を行うことで、寄付金控除(所得税・大阪府民税・堺市民税)を受けていただけます。

【会  費】 1口 3,000円 (おひとり様何口でもお申込みいただけます)
【申込期間】 随時・お申込みいただいた月から1年間有効。
【特  典】
① チケットの割引購入
② 演奏会のご案内を定期的にお届け
③ プログラムマガジンにご芳名の掲載(匿名も可)
④ 「寄付金受領証明書」を持って、確定申告を行うことで、
  所得税、大阪府民税(大阪府居住者)、堺市民税(堺市居住者)の税額控除を受けていただくことができます。

※寄付金控除額=その年に支払った寄付金額-2,000円


後日、お申込みのご住所に「寄付金受領証明書」をお送りさせていただきます。

団体概要

■法人名称      公益社団法人 大阪交響楽団

■理事長       芳井 敬一

■所在地       〒590-0074 大阪府堺市堺区北花田口町3-1-15 東洋ビル4階

■電話番号      072-226-5533

■FAX番号     072-226-5544

■設立年月日     1980年9月

 

活動内容・活動実績

1980年「大阪シンフォニカ-」として創立。初代音楽監督・常任指揮者に小泉ひろしを迎える。永久名誉楽団代表・敷島博子が『聴くものも、演奏するものも満足できる音楽を!』を提唱。いつも聴衆を“熱く”感動させるその演奏は、「魂の叫び」「情熱の音」であると評されている。

1992年1月にトーマス・ザンデルリンクを音楽監督・常任指揮者(その後、桂冠音楽監督・首席指揮者を2010年3月まで)に迎え、オーケストラとしての基礎を築いた。2001年1月に「大阪シンフォニカ-交響楽団」に改称するとともに曽我大介(音楽監督・常任指揮者、2003年12月まで)、大山平一郎(ミュージックアドバイザー・首席指揮者、2004年9月~2008年3月)、児玉宏(音楽監督・首席指揮者、2008年4月~2016年3月)、外山雄三(ミュージック・アドバイザー、2016年4月~2020年3月の後、名誉指揮者、2020年4月~)の各シェフのもと、楽団は大きく発展を遂げてきた。また、2022年4月、新指揮者体制として、山下一史(常任指揮者)、柴田真郁(ミュージックパートナー)、髙橋直史(首席客演指揮者)の3名が就任、さらなる楽団の飛躍が期待されている。

支援組織として、1988年大阪シンフォニカー協会を設立、2008年12月に一般財団法人となる。2010年4月に楽団名を「大阪交響楽団」と改称、さらに2012年4月に支援組織と楽団を統合し、一般社団法人大阪交響楽団となり、2018年11月に公益社団法人となった。2000年本拠地を大阪府堺市へ移転。2006年4月、大和ハウス工業株式会社 代表取締役会長/CEO(当時) 樋口武男氏が運営理事長を経て、2018年11月公益社団法人大阪交響楽団理事長に就任。2020年10月に大和ハウス工業株式会社 代表取締役社長/CEO 芳井敬一氏に理事長をバトンタッチした。

1990年大阪府知事表彰。2007年音楽クリティック・クラブ賞を受賞。2008年1月、平成19年度(第62回)文化庁芸術祭「芸術祭優秀賞」を受賞。同年7月、平成20年度「堺市栄誉賞」を受賞。2009年7月、平成21年度「堺市功績団体」として堺市より表彰。2010年1月、平成21年度(第64回)文化庁芸術祭「芸術祭大賞」を受賞。2022年3月、令和3年度(2021年度)大阪文化祭賞を堺シティオペラと合同で受賞(il Teatro L'alba L'amore“オペラ×オーケストラ”公演に対し)。同賞の受賞は、91年、93年、99年、2000年、2013年に続き6度目となる。

海外公演は、文化庁“平成14年度国際芸術交流支援事業(海外公演)”の助成を受け、2002年12月、日本・ルーマニア交流100周年記念として初のヨーロッパ公演を、また2003年3月には日越外交樹立30周年記念としてベトナム・ハノイ市にて公演を行っている。

CDは、「ブラームス交響曲全集」と、公益財団法人 ローム ミュージック ファンデーションの助成により「児玉宏のディスカヴァリー・クラシックシリーズ」全5タイトル(いずれもキングレコード)、宇野功芳指揮で「ベ-ト-ヴェン:交響曲第9番『合唱付き』」、豊嶋泰嗣の弾き振りで「モ-ツァルト:ヴァイオリン協奏曲全集」(いずれもオクタヴィアレコ-ド)、2020年には、創立40周年記念として、ライブCD第1弾「チャイコフスキー三大交響曲」と、第2弾「ベートーヴェン 交響曲全集」、第3弾「外山雄三作品集」、第4弾「ブラームス 交響曲全集」(いずれもキングインターナショナル)をリリースしている。

 

楽団公式ホームページ(https://sym.jp)(2022年4月現在)

寄付募集元

公益社団法人 大阪交響楽団