認定NPO法人ペアレント・サポートすてっぷの活動を応援してくださる賛助会員を募集します
PROJECT NAME

【オンラインショップ設立記念・賛助会員募集中!!】認定NPO法人ペアレント・サポートすてっぷの活動を継続的に応援してくださる賛助会員(月次決済タイプ)を募集します

NPO法人ペアレント・サポートすてっぷは岡山県倉敷市で障がい児の保護者を支援する活動をしています。障がい児の保護者が仲間と出会い癒され繋がっていく場「保護者の居場所 うさぎカフェ」を始めとした保護者支援活動を維持発展させていくために、活動を【毎月一定額】で応援してくださる賛助会員を募集します。

認定NPO法人ペアレント・サポートすてっぷとは

私たちは岡山県倉敷市で「障がい児の保護者による保護者支援」の活動を行う認定NPO法人です。
「うさぎカフェ」という保護者の居場所(カフェ形式の相談所)を運営し、年に 1,000 人超の来所者を受け入れています。


居場所カフェ運営以外の活動は、以下の通りです。

  • 障がい児の子育てに役立つ冊子「倉敷子育てハンドブックひとりじゃないよvol.1~vol.3」の発行

  • 学校に出向いてグループ相談の場を持つ「出前茶話会」

  • 相談支援ファイル「かがやき手帳」をツールとした支援者育成事業

  • 発災以降現在に至るまでの真備町での復興支援活動

  • 各地での保護者支援に関する講演活動や主催講演会の開催

2012年に団体設立後、2014年にNPO法人になり、昨年末には倉敷市初の認定NPO法人になりました。

これまで8年間、「障がい児の保護者支援」のみを貫いた活動を展開しており、「どんな状況の保護者にも届く支援」を常に模索し活動を創り続けています。

なぜ障がい児の保護者に支援が必要なのでしょうか

社会では、障がいのある子どもへの支援の必要性は認知されていても、その親への支援の必要性はまだ認知されていません。

理由として、「親は大人だから自分の悩みは自分で解決すべき」「障がい児の親になったんだったら頑張るのが当たり前」「子どものためにも早く現実を受け入れて前向きにならないと」などという先入観を持たれやすいということがあります。しかし、障がい児の親になる経験は、誰でも初めてのことです。なろうと思ってなるわけではありません。ましてや、

自分の子どもに障がいがあるという事実は、他者が思うほど簡単に受け入れられるようなものではないのです。

親たちは、子どもの行動の理由がわからず戸惑いますが、周囲に聞こうにも、同じ経験をしている人がいないため、相談することもできません。結局親は一人で思い悩み、次第に孤立してしまいます。子どものために良かれと療育先を探したり、学校の先生とコミュニケーションを取って環境を整える努力をしますが、

親の気持ちはなかなか周囲に理解されないため、ストレスを溜め込みやすくなってしまいます。

しかし親が孤立し、追い詰められていく状況は、子ども自身の健全な育成にも悪影響を及ぼす可能性があります。なぜなら子どもは、一人で生きているわけではないからです。その一番近くには、親がいます。親が元気がなかったら、子どもも元気でいられません。親に笑顔がなかったら、子どもだけ笑顔になるのは難しいでしょう。お母さん・お父さんがサポートを受けられず孤立している状態を解消する必要があります。

保護者が、仲間と出会い、必要なサポートを受けながら安心して子育てできる環境が整えられることによって、子どもも保護者も共に笑顔になっていけるのです。

なぜ今、オンラインショップをスタートさせようと思ったのか

2020年11月8日、私たちは「保護者の居場所うさぎカフェ」を会場として、10店舗限定出店の「ハンドメイド・マーケット」を開催しました。マーケットの出店者の方は皆、障がい児のお母さんたち。

自慢の作品を売る彼女たちの、相談に来る時とは別の顔が見て見たくて企画したイベントでした。お客さんと会話しながら作品を売る、店主の皆さんは、私たちが期待した通り、皆生き生きと楽しそう!次々来られるお客さんたちと対話し、作品を販売していました。

出店者の中に、編み物のバッグを売っている方がいました。数多くの商品の中に小さいハンドバッグの形のストラップがあったので「こんな小さいの編むの大変でしょう?」と声をかけるたところ、彼女は答えました。

「でもこれ、リハビリの待ち時間に編むのにちょうど良いサイズなんです」

ああ、そうか。障がい児の子育ては、ただ単に「障がいのある子を育てるのは難しい」というだけではない。彼女たちの生活は、普通の家事や育児、外での仕事だけでなく、さらに、子どもの病院、リハビリ、療育の送り迎え、学校の送り迎え…そうした膨大な時間の積み重ねで成り立っている。それは、障がい児の親たちの間では当たり前すぎて話題にもされないことだけど、でも普通の人たちは知らないこと…。

そう思った時、彼女たちの作る作品には、彼女たちの器用さを表すだけでない別の価値があると思いました。その時、私たちはハンドメイド作品のオンラインショップの開設を決意したのです。

ただでさえ忙しい障がい児の保護者の皆さんは、自分でオンラインで作品を販売するような時間的な余裕はありません。だからこそその場を私たちの手で作り、彼女たちの代わりに、私たちがショップ運営をしたらいいのだ、と。

障がい児を育てる日々の生活の中で繰り返される、送り迎えや待ち時間などの、ある意味「無為」な時間。膨大に積みあがるその時間の中で、それでも自己表現としての作品づくりをする彼女たちの姿を、作品を通して伝えることは、世の中の多くの障がい児の親たちの、生活する姿、生きる姿、本当の姿を伝えることにつながるに違いない。だとしたらそれは保護者支援のNPOである私たちが担うべき役割だろうと思いました。

ハンドメイド・マーケットの日、店主の皆さんに感想を述べていただくと、「一つ目が売れた時には本当に感動した。お客さんが何を好むかの傾向もわかったし、今度するときはお客さんの希望をふまえて作品を作りたい」「正直自分の作ったものが本当に売れるとは思えず、もし残ったら毎日自分が着ればいいかと開き直っていたんだけれど、ふたを開けてみたら全部売れてしまった。本当に楽しかった!」等々、口々に楽しさを語り、次の機会への意欲を述べる感想も次々と聞かれたのでした。

今回、オンラインショップ「handmadeウサギ」で販売する作品は、「うさぎカフェ」の雰囲気にあった、クオリティの高い作品ばかりです。

その品質は私たちが保障します。この事業のコンセプトは以下の通りです。

  • オンラインショップでは、個々のクリエイターの皆さんのストーリーを作品と共に紹介するという形をとります。
  • リアルでのマーケットを半年に1度開催し、オンラインショップで気にいったクリエイターさんと直接会える機会も作って個々のファンも増やしていき、独り立ちも応援します
  • 「うさぎカフェ」では壁面に新たに作り付けの棚を設け、マンスリーでお一人ずつ、クリエイターの方の作品を展示販売します

オンラインとリアルの場のハイブリッドで、障がい児の保護者でありクリエイターである皆さんのリアルな姿を伝えることで「障がい児の親」としてひとくくりにするだけでない、保護者のリアルな姿を伝えて行こうと思います。

ぜひ、法人のこれまでの活動に加え、この新たな取り組みに関しても応援してください!

ご支援の使い道とご報告

私たちの活動の根幹である「保護者の居場所 うさぎカフェ」は、皆さまからのご支援で成り立っています。

皆様からいただいた寄付の主な使い道…オンラインショップ担当者の人件費4万円×2名/月、通信費5千円/月、ハンドメイド作品保管費3万円/月、商品撮影用カメラ等撮影機材費10万円、オンラインショップ用PCおよびプリンター20万円など。他に活動全体に関する使途として居場所(うさぎカフェ)事業の費用(人件費や家賃)などに充てさせていただく予定です。具体的には、5千円のご支援で個別相談が1回、実施できます。3万円のご支援で、うさぎカフェが1回、開催できます。

今回は継続決済(毎月引き落とし)の賛助会員様の募集です。

例えば「賛助会員(1口)」を選択していただきますと、1口千円が毎月、クレジットカード決済されます。1年間で1万2千円になります。2口なら2万4千円。法人会員さまであれば、1口年間12万円、2口で24万円となります。

賛助会員になっていただいた皆様には、以下の特典がございます。

  1. 毎年作成される活動報告書(冊子)の送付 
  2. ファンミーティング(リアル&オンライン)へのご招待
  3. Facebookの賛助会員限定クローズドグループへのご招待(一般には非公開の法人の情報が色々アップロードされます)

障がい児のお母さん・お父さんたちを支える活動のために、どうか皆様の温かなご支援をお寄せください。よろしくお願いいたします。

賛助会員登録する
寄付募集元
NPO法人ペアレント・サポートすてっぷ