思いやりの心を広げよう!

昨今のニュースを見るにつけ、「自分だけが良ければよい」といった自己中心的な風潮が様々な問題を引き起こしているように感じます。全国PHP友の会では、みんなが幸せになれる世の中を目指して、「素直な心」や「思いやりの心」を育んでいこうと活動しています。私たちは国内外の支援を必要としている人々に寄り添うために、募金を呼びかけています。  

全国PHP友の会とは

書店やコンビニで『PHP』という小さな雑誌を見かけた方は多いのではないでしょうか。パナソニックの創業者である松下幸之助が、PEACE(平和)、HAPPINESS(幸福)、PROSPERITY(繁栄)を願って発刊した雑誌です。当会は、『PHP』誌の読者や松下幸之助の願いに賛同した多くの人が集い、ボランティアによって様々な社会貢献活動を行なっている任意団体です。

寄付の用途

国内では、各地の福祉施設や地域のボランティア団体などに寄付をしています。各団体との心の交流を通じて、思いやりの心を育むよう、取り組んでいます。

海外では、バングラディシュの貧しい人のための病院や、アフガニスタンの孤児や女性を支援している活動、またアフリカのスラム街の子どもたちの教育支援活動、そしてフィリピンの貧しい地域にある学校への里親支援活動などを中心に、毎年寄付を行なっています。支援しているフィリピンの子どもたちからのお手紙に、私たちはいつも感動をもらっています。

また、『PHP』誌を被災地の学校や施設に贈る運動や、視覚障害者に『PHP』誌を届ける『音訳PHP』の制作などにも取り組んでいます。

ご支援よろしくお願いします

ご希望の寄付先がありましたら、備考欄にて寄付先をご指定ください。ご指定がない場合は、広く活用させていただきます。

①愛の募金:国内外の福祉施設やボランティア団体への寄付

②音訳PHP:視覚障害者へ『PHP』誌を音声化してお届けする活動

③『PHP』誌を贈る運動:『PHP』誌を被災地や学校・病院・福祉施設などに寄贈する活動

ぜひ皆さんも私たちの活動の輪に加わっていただければ幸いです。一人ひとりの力で、世の中を少しずつ良くしていきましょう。

★視覚障害者に『PHP』を届ける「音訳PHP」

皆様は『音訳PHP』というものをご存じでしょうか? 目が見えない、見えにくい方のために製作されている、『PHP』誌の音訳版(録音図書)です。音訳者の方に『PHP』誌を朗読・録音していただき、その音声データ(デイジー)を「サピエ図書館」というウェブサイトをとおして全国の視覚障害者へお届けしているもので、毎月多くの方に聴いていただいています。

★愛の募金 寄付先紹介「アマニ・ヤ・アフリカ」

寄付募集元

全国PHP友の会