フラッグシッププロジェクトへのご寄付のお願い

アジア宗教者平和会議(ACRP)東京が関わるフラッグシッププロジェクトへのご寄付のお願い

私たち一般社団法人 アジア宗教者平和会議東京は国内外で活動するアジア太平洋地域の委員会および政府や企業、NGOなどとの関係協力を進め、「アジア太平洋地域からの平和
」を実現するために、さまざまな支援活動を行っています。その中でも、現在のアジア太平洋地域において喫緊に取り組むべき5つの問題を選定し、取り組んでいます。

1. 人身取引防止
2. あらゆる生命の尊厳の啓発
3. 紛争解決と和解
4. 環境保護
5. 青年リーダーシップの育成
(各プロジェクトの詳細は、こちらhttps://rfpasia-tokyo.org/project/をご覧ください。)
これらの5つの課題・課題は、それぞれに違う要素があると同時に、互いに複雑に絡み合っています。それらの解決には皆さまからのご支援・ご寄付が大きな力となります。
皆様の温かいご支援をぜひよろしくお願いいたします!

1.人身取引防止

人身売買は、性的搾取、強制労働、臓器売買、児童婚、子ども兵士、家事労働、犯罪の強要など、幅広い問題を含んでいます。国際労働機関(ILO)によると、人身売買された人の数は世界で4,030万人と推定されています。特に人身売買が多いフィリピンやインドネシアでは、被害者である女性や子どもたちの心のケアだけでなく、世話をする人たちの育成にも力を入れています。

また、この問題は途上国だけでなく、欧米や日本、オーストラリアのような先進国でも発生しており、「買い手」としての責任があります。私たちが目指すのは 先進国の人々が「買わない」ことを当たり前のように選択する社会を目指します。


具体的なプロジェクト

  • プロジェクト名:人身売買防止のための啓発活動
  • 実施主体:アジア太平洋女性宗教者ネットワーク (APWoFN)
  • 目的:問題意識を高め、アジアの各地域における具体的な問題を特定し、宗教的な女性や男性が具体的な行動を起こせるような能力開発を行うことを目的としています。
  • 活動内容
  1. APWoFNのフォーラム
  2. ウェビナー
  3. フォーカスグループディスカッション 
  4. 各プロジェクトの電子書籍出版 
  5. 他チャプター、ユースネットワークとの共同企画
  • 寄付金の使途例
  1. ウェビナーの開催 発題者、進行役、議事録作成者への謝金
  2. フォーカスグループディスカッション 進行役、議事録作成者の謝金
  3. 電子書籍出版費 レイアウト費、編集費、 校正者報酬
  4. 人身取引に関する共同プログラム 2つのシェルターへの寄付金

2.あらゆる生命の尊厳の啓発

ACRPは、あらゆる生命の平等な尊厳と基本的人権の尊重が、貧困や直接的暴力の原因となるあらゆる形態の差別を含む構造的暴力を排除するための基本的要因であると認識しています。「生命の平等な尊厳のための教育」は、汎アジア的な問題であり、より広範に取り組む必要があります。

私たちは、このような普遍的な価値の普及に取り組んでいます。


具体的なプロジェクト

  • プロジェクト名:「貧しい先住民の健康へのケア、私たちの共通の故郷へのケア」
  • 実施主体:フィリピン委員会
  • 目的:
  1.  貧しい人々や先住民に配慮した、安全で安心できる質の高い医療を提供する。
  2.  貧困層と先住民に、衛生と健康管理に関する基本的な知識、およびCOVID-19の検査、予防、対応、制御の方法を教育し、能力を身につけさせる。
  • 活動内容 

コミュニティリーダーや宗教指導者との最初のミーティングと計画の実施地方自治体ユニットとの調整

毎月の医療ミッション;

・基本的な健康評価、患者の体重、身長、血圧、その他の健康状態の記録

・ストーリーテリング/健康促進-大人向けと子供向けのコミュニティ講義を行い、衛生と基本的健康基準について教育する

・健康シミュレーショントレーニングと演習(検温、手洗い/消毒剤の使用、ソーシャルディスタンシング、混雑時のコントロールメカニズム、ワクチン情報収集、コミュニティ主導のCovid-19対応

・医療・視力検査-医師が患者の診断を行います。薬の配給-医師の処方箋に基づき、患者に薬と眼鏡を無料で提供する。

  • 寄付金の使途例
  1. 準備費用:調整会議、現地視察、企画立案
  2. メディカルチーム(医師及びメディカルアシスタント)の派遣
  3. 医薬品と消耗品(基本的な医薬品・医療用具・眼鏡・ビタミン剤(子供用))の購入
  4. 食事・軽食(子供用健康食)の購入
  5. 活動地域への交通費

3.紛争解決と和解

アジア太平洋地域(特にアジア)には、多くの国内・地域紛争が存在します。

アジア宗教者平和会議は、緊急の課題として朝鮮半島の平和と和解、ミャンマー軍事クーデターによる内紛問題、ラカイン問題等に取り組んでまいりました。

現在も問題解決のための対話を推進しています。


具体的なプロジェクト

  • プロジェクト名:デジタル時代の平和のために、民族・宗教・世代間融和の促進 
  • 実施主体:タイ委員会(プロジェクトリーダーとして)  
  • プロジェクトの概要 :

デジタル・メディア時代における民族・宗教間の緊張と、若者のチェンジ・エージェントとしての能力という地域的課題に取り組むため、3年間のプロジェクトで、3つのフェーズで活動します。このプロジェクトは、東京事務局が掲げる2つの主要なプロジェクト・テーマを対象としています。東京事務局(篠原祥哲事務総長)の主導のもと、2つの旗印を掲げています。テーマ3)「平和構築と和解」とテーマ5)「ユース・リーダーシップの育成」です。 

タイ委員会及び他のRfP国内支部、地域で評判の高い平和構築NGOの協力により、2019年にドイツのリンダウで開催された第10回世界大会でReligions for Peace国際委員会が強調した、マルチステークホルダー/パートナーシップによる行動アプローチにも対応します。 

プロジェクトの初年度(2022 年 4 月~2023 年 3 月)は、フェーズ 1 の活動にのみ焦点を当てます。 

  1. RfP国内4支部と南・東南アジアの定評ある平和構築NGO3団体間のパートナーシップ構築 
  2. プロジェクトのフェーズ2で使用される、平和構築とデジタルリテラシーの青少年トレーニングカリキュラムの開発 
  • 寄付金の使途例 

オンラインミーティングに参加した団体への謝金 

専門家との対面式会議費用 

ウェビナー費用 

ノートテーカー費用  

カリキュラムのレイアウト、グラフィックデザイン費 

会計監査・会計帳簿作成費 

4.環境保護

WCRP日本委員会をはじめ、一部の委員会では、植樹を通じた環境保全に取り組んでいます。また、アジア宗教者平和会議の青年リーダーも積極的に環境問題に取り組んでいます。

また、中国宗教界和平委員会(CCRP)は、当プロジェクトの委員長として毎年、環境問題に関する国際セミナーを開催し、環境問題への取り組みを強化しています。


具体的なプロジェクト

  • 事業名:気候変動に対する社会的認知の向上への取り組み
  • 実施主体:インドネシア委員会及びギータ・サンティ・ヌサンタラ(GSN)
  • 目的:
  1. インドネシアの一般市民、特にバリ島の多元的なコミュニティに対して、気候変動問題の予防と解決に向けた持続可能な行動を即座に起こすための重要な意識を醸成する。
  2. バリ島のコミュニティを動員して、持続可能な植林活動を実施する。持続可能な植林活動を行う。
  • プロジェクトの期間・時期:2022年4月~2023年3月
  1. ウェビナーI : 2022年8月
  2. ウェビナーII : 2022年10月
  3. ウェビナーIII : 2022年12月
  4. フォーカス・グループ・ディスカッション I : 2023年1月
  5. フォーカス・グループ・ディスカッション II : 2023年2月
  • 寄付金の使途例
  1. 講演料
  2. モデレーター料金
  3. 通訳費用
  4. Zoomアカウント利用料
  5. 出版・ドキュメンテーション

5.青年リーダーシップの育成

アジア宗教者平和会議は、「若者は未来の希望であると同時に、『現在』の希望でもある」と認識し、現在を生きる若者自身による若者リーダーのエンパワーメントに力を注いでいます。

特に、アジア太平洋宗教青年ネットワーク(APIYN)では、APIYNキャンプの開催や、各国支部の青年が行う国内植林事業への助成を継続して行っています。


具体的なプロジェクトについて

  • 事業名:APIYNユースリーダー育成プログラム
  • 実施主体:アジア太平洋宗教青年ネットワーク(APIYN)
  • 目的:
  1. APIYNは、アジア太平洋地域の若者の意識を向上させる能力を備えています。APIYNは、その活動やプログラムを通じて、次のような分野での意識改革に重点を置いています:・すべての生命に対する尊厳  ・人身売買の防止 ・平和構築と和解  ・ジェンダー平等の推進 ・平和で公正かつ包括的な社会の促進  ・持続可能な環境の育成 ・思想・良心・宗教の自由の擁護 ・・宗教間教育の強化 ・多宗教間の協力とグローバル・パートナーシップの促進 
  2. APIYNは、メンバーのための集中的なスキルアップワークショップを実施することにより、青少年のリーダーシップを促進します。 
  3. APIYN は、青少年育成と平和構築の分野で体系的な変化をもたらすために、パートナーシップの構築に努めます。 
  4. APIYN は、アジア太平洋地域の若者のトレーニングと能力開発のためのリソースを作成します。 
  5. APIYNは、ACRPの戦略的目標の実施に焦点を当てた青少年育成プロジェクトに資金を提供します。 
  • 事業概要

定期的な活動を通じて、メンバーシップとエンゲージメントの向上に重点を置くこととします。

APIYN は「若者の願望調査」(Youth Aspiration Study)を通じて、新規会員を動員するための最初のステップをすでに踏んでいます。この調査を通して、APIYN 執行委員会は加盟国の若者のハブを特定し、今後の活動のために彼らとのパートナーシップを確立することに重点を置きます。また、若者の願望調査は、APIYNがデータを統合し、デジタル化する上でも役立っています。 

加盟国のユースハブを特定した後、APIYNは組織とその活動についての認識を高めるため、ワークショップを実施する予定です。参加希望者は、APIYNの規約に従って申請手続きを行い、ユースネットワークに参加するよう要請されます。 

APIYN 執行委員会は、平和構築、開発、宗教間対話、暴力的過激主義の防止、組織のリーダーシップなどのアイデアを探求する定期的な活動を通して、すべての会員に参加してもらう予定です。 

定期的な活動はまた、集中的なソーシャルメディアキャンペーンを通じて、9つの重点分野に関する認識を高める助けとなります。 

  • 寄付金の使途例

・オンラインイベントにおけるファシリテーター費用

・ナレッジポータル開発のためのコンサルタント料

・ボランティア/インターンへの謝礼

・会員制の定期的な活動

寄付募集元

一般社団法人アジア宗教者平和会議東京