生活が困窮している家庭の子供のために寄付を募集します
終了しました。
Giving December 寄付月間2019
集まった支援総額
0
支援者数
0
目標金額0

設定期間 2019年12月01日~2019年12月31日

現在0% / 達成まで0
PROJECT NAME

「ランドセル募金」あなたの寄付で子供が笑顔に!|一般社団法人障がい者の明日を考える会

一般社団法人障がい者の明日を考える会は、福岡県で、生活が困窮している障がい児の母子家庭や親が障がい者の家庭の子供にランドセルを贈る活動を行っています。福岡県には対象になる子供が約750人います。特に、母子家庭は子供に手がかかるので、短時間しか働くことができない家庭が多く、ランドセルを買う余裕はありません。希望に胸を膨らませている新一年生の子供に、悲しい思いをさせないために、皆さまからの温かいご支援をお待ちしております。

「ランドセル募金」とは

(一社)障がい者の明日を考える会は、福岡県で障がい者の人達の生活支援を行っている非営利法人です。ランドセルを買う余裕がない家庭に「新しいランドセル」を贈る活動を行っています。

障がいがある子供の母子家庭や、親に障がいがある家庭の多くは、収入が乏しく生活が困窮しています。日々の生活をするのに精一杯で、新しいランドセルを買う余裕はありません。

新しい学校生活に胸を膨らませている子供が、ランドセルを買ってもらえないと知ったら、子供の心は大きく傷つきます。もしかしたら、不登校やいじめの切っ掛けになるかもしれません。

(一社)障がい者の明日を考える会は、そういう子供を一人でも減らしたいと活動を行っています。
 

なぜ「ランドセル募金」が必要なのか

障がいがある子供の家庭の約60%は、母子家庭と思われます。夫が、子供の障がいに理解を示さなかったり、家庭を顧みないために、離婚に至るケースが多いと言われています。

そして、障がいがある子供の多くは手がかかり、母親の約95%はフルタイムで働くことができずに、生活に困窮しています。

また、障がいがある人の貧困率は、2016年のきょうされんの調査によると81.6%と言われています。働きたくても働けないとか、賃金が安いなどの理由で、生活が困窮している人はたくさんいます。

そういう家庭で新しいランドセルを買う余裕があるのでしょうか?いや、ある筈はありません。

新一年生に胸を膨らませている子供が、ランドセルを買ってもらえないと知ったら、子供の心は激しく傷つきます。もしかしたら、不登校になるかもしれないし、いじめに遭うかもしれません。

私たちは、そういう子供を一人でも減らしたいと活動を行っています。

1人でも多くの子供の笑顔が見れるように

ここまでお読み頂き、ありがとうございます。

非営利法人 一般社団法人障がい者の明日を考える会の代表の 荒牧功一 です。
私は、障がい者の人達の自立支援活動を11年以上に亘って行って、障がい者の人達の困窮した姿をたくさん見てきました。私たちには、困っている人達の全てを支援できる筈もありませんが、少しでもお役に立てればという気持ちで「ランドセル募金」を行っています。

福岡県には、対象になる子供が約750人いると思われます。この子供全員に新しいランドセルを贈ると、約2000万円が必要になります。とてもそんな資金を調達できる筈もありませんが、1人でも多くの子供の笑顔が見れたらと思っています。

多くの笑顔が見られるように、皆さまからの温かいご支援をお待ちしています。

非営利法人 一般社団法人障がい者の明日を考える会
代表理事 荒牧功一

「ランドセル募金自動販売機」の設置でも寄付ができます!

「ランドセル募金」は、お金での寄付だけでなく、「募金自動販売機」を設置して頂くことでも寄付ができます。

「募金自動販売機」を設置していただくと、毎年1人の子供を笑顔にすることができます。たくさんの「募金自動販売機」が設置されれば、たくさんの子供の笑顔をみることができます。

「募金自動販売機」は、社員様が30人以上の事務所や工場などに設置いただけます。また、全国どこでも設置ができます。
設置されますと、お客様や社員様の意識も変わってくるのではないでしょうか。

詳しくはこちらをご覧下さい。 「募金自動販売機」

ご支援の使い道

皆さまからの寄付や支援はすべて、「ランドセル」の購入および贈呈の資金として使わせていただきます。

2月末日をもって締め切り、集まった募金額に応じてランドセルを購入、3月中旬頃に申し込みのあった対象世帯の子供に贈呈いたします。
※応募者多数の場合は、当法人で厳正なる抽選を行い贈呈者を決定いたします。

なお募金総額、ランドセル購入、贈呈数につきましては(一社)障がい者の明日を考える会のホームページ上「ランドセル募金」のページで、4月末日までには公表するようにいたします。

多くのランドセル贈呈の実現には、皆さまのご支援が必要です。何卒よろしくお願い申し上げます。

 

終了しました。
寄付募集元
一般社団法人障がい者の明日を考える会