障がい作業所で働く人たちの医療・栄養支援
PROJECT NAME

障がい作業所ソンパオ 医療・栄養支援

ラオスにある障がい作業所ソンパオには手足に障がいがある人を中心に25名が働き、暮らしています。

障がい作業所ソンパオ

障がい作業所ソンパオには、ポリオで手足に障がいが残った人、ケガで指を失った人、先天的な障がいのある人など、25名が働き暮らしています。

2017年、障がい当事者であるジャーさんに「障がいがあっても最低賃金を保障できるような作業所を作りたい、手伝ってほしい」と相談され、立ち上げから見守ってきました。小さくはじめた作業所が、現在は25名のメンバーと暮らす場所になりました。

途上国で障がいを持つというのは、立ちはだかる壁との戦いです。社会福祉制度が整っていない国で、自分らしく暮らしていくには「自立して働く」ことが重要になります。

SWHは日々現地に通い、職業訓練を実施しながら、様々な生活支援を行っています。

栄養と医療支援

手足に障がいのあるメンバーは思うように体が動かせず、うまく体内で循環できていないケースが多くみられます。

水分を十分に摂取できてない、特に必要な栄養素をとれていない等の問題で、体調を崩しているメンバーもいます。またまだ収入が安定していないことから、日々の食事は野菜が中心で、お肉やお魚を食べることが出来る日は少ないです。出すことが出来た日も25名で配分すると量が少なくなってしまいます。

私たちも、日々出来るかぎり病院に連れて行ったり、栄養のある食材を届けるようにしていますが、力が足りず十分な支援を行う事ができていません。

しっかり働くためにもまずは健康から、という事で栄養補助&医療支援のサポーターさんを募集したいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

ご支援の使い道

◆1週間50キロのお米 半年分の補助を目指します

◆お肉やお魚など、高たんぱくの食品を定期的に食べられるようにサポートします

◆体が小さい子も多いので、子ども達には栄養バランスがとれるようドリンクなどの補助

◆特に心配な子については肝油やビタミン剤などの補助

◆体調不安のある4名について、通院補助

寄付をする
寄付募集元
Support for Woman's Happiness