100年後、200年後に残る最高の演劇を!
PROJECT NAME

100年後、200年後に残る最高の演劇を!|認定NPO法人 東京ノーヴイ・レパートリーシアター

私たちは、ロシア功労芸術家レオニード・アニシモフ氏を芸術監督に迎え、すでに10年以上にわたって、厳選された数々の古典作品をレパートリーとして上演し続けている劇団です。その舞台は「東西文化の融合」として海外でも高く評価されているだけでなく、数々の国際演劇祭にも正式招聘されています。また国内では2015年、その活動実績を認められ、全国でも数少ない「認定NPO法人」としての認可を受けました。これからも、この活動を続けていけるよう、皆様の温かい支援をお待ちしています。

東京ノーヴイ・レパートリーシアターとは?

「本物の感動を与えられる舞台をつくりたい!」

私たちが1898年にウラジオストックを訪れた際、そこで観た「室内ドラマ劇場」による『どん底』の舞台は、まさに衝撃の一言でした。圧倒的な迫力と感動。
「これこそ、本物の芸術だ!」― この直感は、この舞台を演出した、同劇場の芸術監督レオニード・アニシモフ氏と私たちを惹きあわせ、やがて彼を慕う日本の俳優たちによる劇団を生みました。
以後10数年以上にわたって、アニシモフ氏を日本に招聘。氏の指導演出による、数々の古典作品が上演され続けています。

今の時代こそ、心と精神の大切さについて、人々に語り、訴えたい!

人口問題、環境問題、国際紛争、…、これからは、人間の精神性や心、魂の問題が、ますます重要になっていくでしょう。

演劇は、数ある舞台芸術の中でも、最高度に心に働きかける芸術です。しかし一時的な、一過性の活動では、本当の芸術作品は生まれて来ません。私たちが創り上げ、提供したいのは、本物の芸術作品です。

「未来の子供たちに残せる、本物の芸術文化」を!

このページをご覧いただき、ありがとうございます。

私たちのように、海外の演出家を、長年にわたり日本に招聘し、本格的なトレーニングを行い、そしてレベルの高い芸術作品を作り続ける…。おそらく、このような活動をしている演劇団体は、国内ではかなり珍しい、ユニークな存在だと思います。

しかし、この稀有な環境は、偶然に実現したわけではありません。私たちがここに辿り着いたのは、多くの先達が導いてくれた結果なのです。

「本物の芸術を創りたい」と願って繫いできた人々の想いが、こんな偶然のような、素晴らしい創造の環境を生み出してきました。

私たちの目指す先は、まだまだ先にあります。

チェーホフが言うように、“100年後、200年後の世界” を考えられることが、今一番大切なことではないでしょうか?

私たちは「未来の子供たちに残せる、本物の芸術文化」を作り上げることを目指します。ぜひ、皆様のご理解とご協力をいただけることを願います。

認定NPO法人 東京ノーヴイ・レパートリーシアター
理事長 岡崎弘司

寄付をする
寄付募集元
東京ノーヴイ・レパートリーシアター