第三世代が考えるヒロシマ「」継ぐ展 2018 仙台開催への寄付金のご協力のお願い
PROJECT NAME

第三世代が考えるヒロシマ「」継ぐ展 2018 仙台開催への寄付金のご協力のお願い

第三世代が考えるヒロシマ「 」継ぐ展 は、東京在住の30代クリエイターが中心となり、親子連れや子どもたちに向けた平和学習の場所づくりを4年間行っています。教育機関と連携しながら、大学生を中心としたスタッフの人材育成にも携わっています。
毎年1度開催する企画展は、東京(中野・世田谷)、横浜(みなとみらい)を経て、2018年8月10日(金)~15日(水)にせんだいメディアテークで行う運びとなりました。
現在、企画展の運営は、助成金や寄付金などの収入で賄われております。皆様からのご支援は東京から仙台への資材の輸送費、準備や運営のためのスタッフの交通費、せんだいメディアテークの会場費などにあてさせていただきます。
私たちの理念・活動主旨にご理解いただき、ご支援・ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

主催 ヒロシマ「 」継ぐ展 実行委員会
助成:公益財団法人 仙台市市民文化事業団
後援:公益財団法人広島平和文化センター、仙台市、広島市、仙台市教育委員会、広島大学、桃山学院大学、中国新聞社、NHK 仙台放送局、TBC 東北放送、仙台放送、ミヤギテレビ、KHB 東日本放送、河北新報社、朝日新聞仙台総局、産経新聞社東北総局、読売新聞東北総局、毎日新聞社、仙台支局、日本経済新聞社仙台支局、仙台リビング新聞社、せんだいタウン情報 S-style、エフエム仙台、ラジオ3FM76.2

寄付金の取り扱いについて

皆様からのご支援は東京から仙台への資材の輸送費、準備や運営のためのスタッフの交通費、せんだいメディアテークの会場費などにあてさせていただきます。

寄付の方法:「寄付をするボタン」を押すと銀行振り込みとクレジット決済の2種類がお選びいただけます。

(1) 金額は、1 口 1000 円~。何口でも構いません。
(2) 1 万円以上寄付をいただいた方は継ぐ展公式ホームページ、会場内の展示物上でお名前やロゴ形式でご紹介します。

第三世代が考えるヒロシマ「」継ぐ展とは

戦争を体験していない世代(第三世代)が、" ヒロシマ " を継いでいく方法を考える企画展です。
2015 年から東京在住の 30 代が中心となり、若い世代や親子連れに向けた平和学習の場所を考え「体験」をともなった参加型の形をとりながら、携わった人たちの自主性を促す学びの場をつくっています。
画展タイトル名の「 」には、情報を受け取るだけでなく、自ら意志を持って過去の出来事を学び、聞き、考えて、自分なりの答えを入れてほしいという思いをこめています。
ヒロシマ=被爆都市として世界恒久平和の実現をめざす都市であることを示す。

http://tsuguten.com/  Facebook  Twitter  Instagram

寄付をする
寄付募集元
ヒロシマ「」継ぐ展実行委員会