家族と一緒に暮らせない新小学校1年生にランドセルをプレゼントPJ

NPO法人YELLJAPANは今年4月に新小学校1年生を迎える家族と一緒に暮らせない子供達にランドセルを届ける企画を立ち上げました。

ランドセルプレゼントプロジェクトとは

訳合って親御さんと暮らすことが出来ず、施設で今年の4月に新入学を迎える子ども達の中にはランドセルを持てずに、ビニール製のトートバックで通学する子供達が数多くいらっしゃいます。

クラスメイト、同級生と同じ物が持てるように皆様の1口をランドセルに変えていきます。

 

なぜランドセルが必要なのか

皆さんは小学生になる時にご両親や祖父母にランドセルをプレゼント(買って)してもらいワクワクした感情を覚えてはいませんか?

親と離れた子供達に、その感覚を提供してみんなを笑顔にできればと考えております。

 

YELLJAPAN(エールジャパン)は大阪から全国のハンディキャップを背負った人達を応援します

YELL JAPANは障がいや難病といった大きなハンデを抱える人の支援をボランティアや寄付だけではなくビジネス化して長く持続させるために生まれました。この国のハンデを抱える方々が1人でも多く社会参加を果たし納税者になれるように。そして、若者達がハンデある人達を支援するビジネスに魅力を感じ参入したくなるように。新しい「社会貢献の道作り」をして行きたいと考えています。

2021年も様々なプロジェクトを展開致しますのでご支援のほど何卒よろしくお願い致します。

寄付募集元

NPO法人 YELL JAPAN